卯月、視点を変えてみる | neimii~和装生地/古布の創作~

neimii~和装生地/古布の創作~

箪笥に眠っている着物、出番のない大切な遺品など、古い稀少な正絹を、伝統和装の良さを活かすような洋装にと、製作しています。

最近はオーダー品と同時進行で、単純に作りたいと思うものを、作っています

シンプルなシャツカラー

大島紬は…応えてくれます


自分には、古布を甦らせるうえでの、三本柱が有ります

・反物幅を最大限に活かす
・極力ミシン目を表に出さない
・着物らしさをデザインに残す

概念を見直してみようという春…三つ目を外してみました

生まれたのは2Way仕様

ワンピースとしても、羽織れるロングシャツとしても、楽しんでいただけるかしら




紬、本来は小紋とされる日常着の素材

洋装のオーソドックスであり王道でもある、シャツカラーにと…迷い無く、進む作業

着物の普段着である生地を、洋服でも着やすい普段着にすること、そこに用途の共通項を見出だします

これからの季節の、重ね着にも出番のあるスタイルに仕上がりました




ドレスもジャケットでも、裏切らない姿を、品よく粋な味わいを醸し出す大島…伝統和装の逸材でしょう

皐月には元号が変わりますね

平成から令和へ

新たになるべき変化と、不変であるべき価値、そんなことを考えながら、わたくしは製作を続けています


同時進行のドレスは、カラーシーチング製作を終え、フィッティング待ちです