三人以上集まると
一つの組織になります。

一つだと点。
二つだと線。
三つで形になります。
三角形ができるわけです。

石の上にも3年とか、
三人寄れば文殊の知恵とか、
3にまつわる諺はいくつかあります。

アイデア、情報など
論理的な意味を持ちますが、
楽しさ、無邪気、陽気といった
子ども心を現すこともあります。

いろんな人の力を借りながら
いろんな人のアイデアで助けられています。

たとえば、
今日の東京は真夏日です。

11時にカフェで待ち合わせ。
この時点で、カフェという場所。
今後のリール動画について話していた友だち。
そこに運ばれるサンドイッチ。
などなど、
いろんな人の力を借りています。

人の悩みの9割が人間関係だと
アドラー心理学は提唱しています。

人の喜びも人間関係の中にあるけど
悩みの対象も人間関係だと言っています。

それぞれの価値観で生きているわけですから
それらが融合していいものができることも
ありますが、時として反発し合うことも。

どっちに運ぶかは相手への
思いやりと工夫が必要です。

あの人の考え方が理解できない!
というようなセリフがありますが
すべて理解しようとしなくても
そんな考え方があるのね…と
受容することが一歩
歩みよることではないでしょうか。

正解はどれも
正解なのですから。


また、
この人はこう言っているから!
とか、
この人はよくないと思ってる!

こんな発言を聞くこともありますが、
誰かを利用するのは違うなと思います。

この言葉は、
この人はこう言っているから
(私は言っていないと言いたい)
この人はよくないと思ってるから
(私は思っていないと言いたい)
という責任逃れの言葉ですし、

では、その人の前で
同じこと言えますか?

ってことなのです。

たいていは
その人がいないところで言いがち。
これを陰口と言います。

勝手にタグ付けしないことですね。


私はこう思っています!

と発言すると、
この人は自分の考えを持っているんだな。
となるわけです。

子どもが、みんなが持ってるから
私も買ってー💦
と言ってるのと同じ。

要は、人は関係ないのです。

あなたが、どう思っているか。

組織の中で過ごすということは
自分だけ良ければいいという考えでは
自分も周りも傷つけてしまいます。

自分も喜び、周りも喜ぶには
どうすればいいかを考えると、
そのような言葉は出ないのでは
ないでしょうか。

そして、
人と関わること、組織にいることは
チームワークであり、チームプレーであること。

自分のポジションを明確にして、
発揮できることを考え行動し、
目標や目的に向かって
一致団結すること。

では、ないかなと思うのです。

どうせ私なんて…って
拗ねてる暇があれば
誰かの役にたてられることが
何なのかを考える。

それでも、モヤモヤザワザワするときは
自分の未完了の部分と徹底的に向き合うこと。
そのためにメンタルコーチが存在します。

私も過去の未完了の私が時々顔を出します。

そこは攻めずに、評価せずに
ただただ、癒して受け入れる。

嫌いな相手が登場したときや
冷めた自分が登場したときは

なんで私はそう思うんだろう…って
内省し内観する。

省みて、観察です。

関心を抱くことが
自分への愛ですし、
相手への愛でもあるのです。



あつーい…
ので、のど越しの良さそうなドリンクを🎶

まず自分を満たそうとする
愛ですね🎶

人気コーチ養成講座✨金曜日20時から無料説明会開催✨
↓↓↓

📒公式LINE 1分間コーチングの登録はこちら↓↓↓

友だち追加