私の回りのすてきな人たち♪3 | ネグmamaと息子

ネグmamaと息子

ネグレクトママから京大生が育った!
どんな育て方???
皆さんの参考になるかしら?

幸せなことに

私の回りにはすてきな人がたくさんいる♪

 

NG大の講師仲間のN先生

フランス哲学が専門で

大学院の研究室で研究をしたり翻訳をしたり

子育てをしたり…。

お金も必要だから

大きな翻訳が終わったので

教授の紹介でことしから講師もするようになったとのこと。

 

春の講師会でお目にかかったとき

立食パーティーでの雑談がとても興味深かった。

ぺらぺらと話すのではないのに

もっと聞きたいと思ってしまう人だ。

波長が合うのかな?(笑)

 

春にお目にかかったときは

ロン毛を後ろで一つに縛ってらしたのに

今日は短髪でおひげがたくわえられていた。

 

顔を隠してしまったから

まるで学生のようだけれど

33歳の青年で1歳の坊やがいるパパ。

 

これからの日本を考えたときに

教育にお金をかけない(政府が)日本にいては

子育てはできないと

ドイツに移住することも考えているとおっしゃる。

奥様のお友達がドイツにいて

夏休みに下見がてら見に行って来たとのことだった。

 

ドイツに住む為には

仕事も見つけなければいけないから

論文を書いて

ドイツの大学に出して

そちらで研究職を見つけられたらという計画なんだそうだ。

坊やが3歳になる頃にはドイツに行きたいから

それまでに

ドイツ語もマスターして

フランス語は読むのには苦労はしないけれど

話すのも苦労しないようにマスターして…。

と計画を教えてくれた。

 

一時

翻訳や文章を作る事ができなくなったことがあったそうだ。

翻訳するのは自分よりずっと上の人たちのもので

それを相手にうまくできないという状態になってしまった時

師匠の教授に

「根拠のない自信でいいから自信を持ちなさい」と言われたのだとか。

根拠のない自信の

根拠は後から作ればいい。

その自信で書いたものに対して

ちゃんと責任を取るように努力すればいい…と。

 

そういうのいいなぁ♪

 

またゆっくりお話したいな

10月には先生の講演もあるから

聞きに行こう!