”占いの3大タブーと、勝手に人を占って結果を公開すること” | 吉田奈央オフィシャルブログ「花×占い×心理学で自分を愛して好きになる♡」

 

こんにちは、奈央です。

 

最近はずっとアメブロではなく、noteを更新していたので

あまり更新できず楽しみにしている方にはすみませんでした。

 

今回は「占い」でタブーとされる「勝手に人を占って結果を公に公開すること」

 

これについて、高橋桐矢さんがまとめておりましたので私も紹介します。

 

ちょっと真面目にお堅く書くので、いつもと書き方が違うけれど内容が内容だけあることをご了承ください。

 

 

占いの3大タブーの一つである「勝手に人を占って結果を公開すること」

 

多くのブログやSNS、雑誌などで芸能人の占い結果を載せるのが増えています。

これはもともとですが本来であれば一個人のことを勝手に占い、勝手に公開するのはいいことではありません。

タブーと言われていることの一つに該当します。

 

もちろん、本人から了承を得た上で公開しているなら問題ありません。

が、ほとんどのものは非承諾だろうと思います。

 

なぜ、こういった記事が公開されるのか。

それは「アクセス数が稼げるから」が一番大きいです。

 

簡単に言えば「集客のために」「人が知りたいであろう記事を書く」

 

ゴシップに近い感覚です。

 

カウンセリングもそうですが、相談されることの全てが「個人のプライバシー」だと考えています。

 

 

一時期、集客のために提案されたこともありましたが

 

どうしても私は勝手に個人を私的な理由で占い、結果を公開するのは出来ませんでした。

 

 

 

 

自分でこれはやってはいけない。そう思ったから。

稼ぎたくて占いや心理学を使っているのではない。お花だってそう。

 

お金も確かに必要ではあるけれど、大事なのは「私と出会って頼んだことで、一歩前に進んでもらうこと」

「その前後でいい変化を与えられること」だったから。

 

 

私のようなお仕事の場合、個人的なお話を聞く機会は多くあります。

 

だからこそ守らないといけないのが、その人のプライバシー。

 

本人から了承を得られない限りは基本的に、他言することはしません。っていうか、しちゃいけないの。

 

これがしっかり守られることで、安心して相談できるんだもの。

 

どんなに近しい間柄であっても勝手に結果を公開しない。他言しない。

(個人的に彼の気持ちは?運勢は?と占うのはOK。)

 

 

あとは有名人を含めて他人を占い、結果を公開した場合。

 

内容によっては名誉毀損などで訴えられる可能性もあることは理解しておいた方がいいかな。

 

うーん。個人的に漫画のキャラクターはどうなのかなって感じではありますが

その辺りはグレーなのかしら。

 

 

今日紹介した内容は

 

これから占い師をやるかた、すでにしている方も含めて考えてほしい問題です。

 

 

⬇️noteのリンクです。