大阪市の花と緑の総合情報サイトの大阪城公園のページはこちら→ になります。


大阪城公園は大阪市内で一番大きな公園で約105.6ヘクタールあります。
大阪城公園の中に大阪城天守閣、西の丸庭園、豊國神社、大阪城音楽堂、大阪城ホール、大阪城弓道場、修道館、大阪国際平和センター(ピースおおさか)、太陽の広場などがあります。


大阪城公園にはたくさんの木々があって梅、桃、桜、平戸つつじ、アジサイなどがあって、特に桜のシーズンの大阪城公園は観光客でいっぱいになります。
大阪城公園は日本さくら名所100選にも選定されています。


ちなみに私は大阪城公園の梅林に行っています。

その時の記事はこちら→ になります。


梅が終わると今度は桃のシーズンになります。


桜や梅ほど有名ではないのですが桃のシーズンも観桃の場所として大阪城公園の桃園へたくさんの観光客が訪れます。
桃はバラ科のモモ属の落葉高木なので花がとてもきれいです。
ネットによっては、桃はバラ科のサクラ属と書いている物もあります。
どちらにせよ、桃は梅や桜とも近い品種になります。
原産地は中国大陸だそうです。
ちなみに桃は観賞用と食用に分類されるそうです。


ちなみに大阪城桃園の歴史は浅く、1999年3月に桃園が開園しています。


大阪城北外堀と第二寝屋川の間に長方形の形をした桃園約4,400平方mの広さに約12品種、約200本の桃の木が植えられています。
大阪市内最大規模を誇ります。


大阪城桃園の入園は無料です。
開園時間も常時開園です。


品種のもよるのですが、3月の第3週から4月の第2週頃までが観桃の見ごろになります。


10時30分ぐらいに大阪城桃園に到着しました。


おねぎのブログ-1.「大阪城桃園」の名石碑


大阪城桃園の入口にある名石碑です。


大阪城桃園にある約12品種ある桃の木を全て紹介すると何ページも書かないといけないので、印象に残った桃の木を紹介しますね。


おねぎのブログ-2.「矢口」のネームプレート


「矢口」のネームプレートです。


おねぎのブログ-3.「矢口」の桃の木

「矢口」の桃の木です。


おねぎのブログ-4.「矢口」の花びら

「矢口」の花びらです。

「矢口」という品種の桃の木は、淡い紅色で、THE桃色という感じの桃色の花びらでとてもきれいでした。


おねぎのブログ-5.「寒緋(かんひ)」のネームプレート

「寒緋(かんひ)」のネームプレートです。


おねぎのブログ-6.「寒緋(かんひ)」の桃の木

「寒緋(かんひ)」の桃の木です。


おねぎのブログ-7.「寒緋(かんひ)」の花びら

「寒緋(かんひ)」の花びらです。

「寒緋(かんひ)」という品種の桃の木は、濃い紅色でとてもきれいでした。


おねぎのブログ-8.「照手 紅 (てるて べに)」のネームプレート

「照手 紅 (てるて べに)」のネームプレートです。


おねぎのブログ-9.「照手 紅 (てるて べに)」の桃の木

「照手 紅 (てるて べに)」の桃の木です。


おねぎのブログ-10.「照手 紅 (てるて べに)」の花びら

「照手 紅 (てるて べに)」の花びらです。

「照手 紅 (てるて べに)」という品種の桃の木はほうき性の樹形で、紅い色がとてもきれいでした。

おねぎのブログ-11.「相模枝垂れ」のネームプレー


「相模枝垂れ」のネームプレートです。

おねぎのブログ-12.「相模枝垂れ」の桃の木


「相模枝垂れ」の桃の木です。


おねぎのブログ-13.「相模枝垂れ」の花びら


「相模枝垂れ」の花びらです。

「相模枝垂れ」という品種の桃の木は紅い花でとてもきれいでした。

おねぎのブログ-14.「源平」のネームプレート


「源平」のネームプレートです。


おねぎのブログ-15.「源平」の桃の木

「源平」の桃の木です。


おねぎのブログ-16.「源平」の花びら

「源平」の桃の花びらです。

「源平」という品種の桃の木は桃色でとてもきれいです。
「源平」の名前の由来は源氏の白旗、平家の赤旗にちなんだ名前だそうです。
3色咲きなのですが、年によって白が多かったり、紅ばかりになったりするそうです。
ちなみにこの木は桃色1色
ですね。


長くなるのでこの記事は続きます。


にほんブログ村のブログランキングに参加しています。

↓↓↓↓↓↓ポチッとクリックしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 近畿情報へ
にほんブログ村