根岸ステークスの予想 2018。登録馬、出走予定馬、有力馬情報。

根岸ステークスの予想 2018。登録馬、出走予定馬、有力馬情報。

第32回 根岸ステークス(GIII) 2016/1/31(日) 1,400m (ダ) レースの傾向や、過去のデータを分析して予想してます。


テーマ:

1/28(日)東京11R・ダ1400m(別定)にて
《根岸ステークス》が開催されます。

 

 




春のダートチャンピオン決定戦となる
フェブラリーSの前哨戦として
多彩なメンバーが集い熱戦が繰り広げられる。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=============
根岸ステークスの出走馬
=============


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 イーデンホール 56.0 差 田辺裕信
2 2 アキトクレッセント 56.0 差 荻野極
3 3 ブラゾンドゥリス 57.0 差 丹内祐次
3 4 マッチレスヒーロー 56.0 差 吉田隼人
4 5 ノボバカラ 56.0 先 北村宏司
4 6 カフジテイク 57.0 追 福永祐一
5 7 キングズガード 57.0 追 藤岡佑介
5 8 サンライズノヴァ 56.0 差 戸崎圭太
6 9 モンドクラッセ 56.0 先 柴田大知
6 10 サイタスリーレッド    57.0 先 石橋脩
7 11 ラブバレット 56.0 先 松岡正海
7 12 ブルドッグボス 57.0 差 岩田康誠
8 13 ベストウォーリア 58.0 差 ルメール
8 14 ノンコノユメ 58.0 追 内田博幸


以上、出走馬14頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


カフジテイク

昨年の同レースを優勝。

続くフェブラリーSでも3着に
好走している実績馬。

その後はUAE遠征も経験した。

近走成績はひと息も今回の舞台である
東京ダート1400mは3戦3勝。

能力の高さ、東京適性の高さは
誰もが認めるところだろう。

連覇の期待が高まる。


サンライズノヴァ

昨年のユニコーンSでは外から
ぶっちぎって4馬身差の圧勝。

秋にはグリーンチャンネルC制覇など
古馬相手に実績を積んできた。

前走の師走Sも噛み合い切らなかったが
2着争いを制し結果を残した。

レースぶりにも成長がうかがえる一頭だ。

今回の相手は強敵が揃ったが
東京で末脚炸裂となるか注目したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


キングズガード

昨年の同レースで4着に好走。

7月にプロキオンSで重賞初Vを決めた。

後方待機から鋭い差し脚を使う
パターンが目立つが、

昨年の交流G1・マイルCS盛岡では
好位からの競馬で3着に入っており
脚質の幅も広がってきた。

今がまさに充実期で面白い存在。

G1を狙うならここで負けてはいられない。


アキトクレッセント

3歳春に昇竜Sを勝っていた素質馬が
再び軌道に乗ってきた。

武蔵野Sで3着、ギャラクシーSで1着と
ここにきて充実ぶりが著しい。

コンビを組む荻野騎手は昨年47勝を挙げ
さらなる飛躍が期待されるデビュー3年目。

人馬ともに上昇機運に乗って登場するだけに
重賞初勝利を挙げるシーンを期待したい。


ベストウォーリア

2014年、15年のマイルCS南部杯を連覇し
昨年のフェブラリーSでは2着と、
今回のメンバーの中では実績上位の存在だ。

近走の着順はひと息だが、
大きく評価を下げるのは早計だろう。

鞍上にはルメールを確保。

今回はじっくり乗り込まれてからの
復帰戦だけに好走が期待できる。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-2-0-4】
2番人気【1-1-0-8】
3番人気【0-2-1-7】
4番人気【3-0-2-5】
5番人気【1-2-2-5】
6番人気【0-1-0-9】
7~9番人気【0-2-1-27】
10番人気以下【1-0-4-65】


1番人気は強いが、
人気薄にも注意が必要なレースで
10番人気以下の激走もある。

データ的には1、4、5番人気を中心に
二桁人気も抑える買い方が効果的。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-2-17】
2枠【2-2-1-15】
3枠【2-3-0-15】
4枠【2-1-0-17】
5枠【1-2-0-17】
6枠【1-0-2-17】
7枠【0-1-5-14】
8枠【1-1-0-18】


外枠はややロスがあるので割引。

近年は真ん中から内寄りの馬による
好走が目立っている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-0-9】
先行【2-3-3-31】
差し【4-4-3-49】
追込【4-2-4-40】


後ろからの競馬をした馬が
好成績を残している。

終盤までしっかり脚をためて
直線勝負する馬に注目。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

西ではスプリントG1へ向けた戦いが始まるが、
東では目の前のダートG1へ向けたガチンコ勝負が行われる。


中央において、唯一のダートだけを走る
1400mが設定されている東京競馬場。


それだけでなく、直線距離も長いとあって
マイルを含めて東京ダート巧者が活躍する
レースとなっている。


また、そこは1400mだけでなく、
芝スタートとなるマイルであっても一緒で
武蔵野S組も大活躍している。


昨年も例年通り、チャンピオンズC上位馬で
東京巧者のカフジテイクが勝ち、
ダートグレードレースで勝ち負けを繰り返す
ベストウォーリアが2着。


カフジテイクは武蔵野Sでも3着しており
その前はこのコースでオープン勝ち。


今年も引き続きこのタイプの馬を中心に買いたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


本命は【カフジテイク
===========

既に述べたように昨年の勝ち馬。

着順的には少し下げてはいるものの
ここ2戦は昨年同様のステップで連覇を
目指しての出走。

プロキオンSでは前年より上に来ているように
G1上位馬の力はキープしている。

適距離のここで本番の権利を確実にしたい。


対抗は【アキトクレッセント
==============

1600では若干長い1400スペシャリスト。

府中コースでも好成績を残しているし
マイルの武蔵野Sを3着にまとめ、
前走を勝ってきたローテも高評価できる。


そして【ノンコノユメ
===========

期待されたほど結果が出ていない点は問題だが
この辺りで走れない馬でもない。

復帰3戦目のココは勝ち負けの期待。

いまなら内田への乗り替わりもプラスだろう。


最後に【ベストウォーリア
=============

重賞5連続2着の確率変動実績を持つ。

そこには、昨年の同レースも含まれている。

実績馬でもあり、気分よく走れば
再びの好走は十分可能だ。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 6.カフジテイク
○ 2.アキトクレッセント
▲14.ノンコノユメ
☆13.ベストウォーリア



馬連ボックス6点で勝負!

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSでも

最新の競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス