青山一丁目駅から直結の青山ビルヂング。1年ちょっと前に地下のレストランゾーンがリニューアルして、話題の店が色々とオープンしました。今回ご紹介するのはその店のひとつ、「ザ・バーン(THE BURN)」。こちらではランチタイムだけハンバーガーを提供しています。

 

 

こちらが「熟成肉バーガー ¥1,950」です。エグゼクティブ・シェフを務めるのはJean-Georges出身の米澤シェフ。こだわりのハンバーガーは潔く、ビーフパティに野菜はレッドオニオンのみと至ってシンプル。

 

 

ビーフパティは中に赤身がしっかり残るレアな焼き具合。それでいて表面は焦げ目が付く火入れで、なかなかに香ばしいです。味付けはさらりと表面にまぶした岩塩のみ。粗めで柔らかめの食感で肉の旨みがストレートに伝わってきます。

 

 

パティの下に敷かれたレッドオニオンやサクッとした歯触りのバンズも、基本的には肉の縁の下の力持ち的な存在。とにかく肉をシンプルに味わってもらいたいと言う気持ちが伝わってきますねぇ。結構脂身が多い感もあるので、ランチで食べるとちょっとこってり感が気になると言えば気になりますが、これぐらい肉を食べたい気分の時もありますよね、という時にはピッタリかも。

 

 

ハンバーガーには「自家製フレンチフライ」付き。見た目以上に結構ボリュームがあるので、これまたお腹いっぱいになりますよ。

 

 

「小さなケールサラダ」もセットに。レストランのコピーが"サステナブルレストラン"とあるので、きっとこのケールもそういう観点で育てられたものなんでしょう(未確認)

 

 

ちょっと変わったところだと、「季節のフルーツのシュラブ ¥300」がありました。シュラブというのは主に北米で飲まれるビネガーソーダ。この日はイチジクでした。程よい酸っぱさが心地よくて、ハンバーガーとの相性もバッチリです。

 

 

それにしてもNYっぽさが全面に出てますね。メニューも内装もサービスも、そして客層も。昼間っから300g以上はありそうなサーロインステーキにかぶりつく外国の方をちらほら見かけたのが印象的。それでもがっつり働ける強靭な胃がほしいものです。

 

 

---------- THE BURN -----------

 

■住所:東京都港区北青山1-2-3 青山ビルB1F

■TEL:03-6812-9390

■HP:http://salt-group.jp/shop/theburn/

■食事日:19.10.11