ここのところ習慣化している年に一度のアジアリサーチ。ベトナム、台湾に続いて、今年はタイ・バンコクへ行ってきました。ということで、もちろんハンバーガーもちょこっとだけ食べてきましたよ。今回ご紹介するのは、Nana駅にある「ダニエルタイガーバーガー(Daniel Thaiger Burger)」です。

 

 

Nana駅というのは、バンコクのBTSという高速鉄道の駅のひとつ。いわゆる繁華街で、飲み屋やナイトクラブなども多く、夜には結構怪しい匂いもしてくるエリアです。

 

 

タイでビールといえば、シンハーやチャーンですが、ここはドラフトで「パンクIPA 260バーツ」を頂いてみました。「ダニエルタイガーバーガー」は元々キッチンカーで営業をスタート。人気を博し、こちらに常設店を開きつつ、バンコク市内でキッチンカー営業も続けているそう。こちらのNanaの店は厨房にテラス的な席で食べることもできますが、併設するビアバー「Beers & Ciders」の中でもクラフトビールと一緒に食べることもできますよ。

 

 

ハンバーガーの種類はシンプル。チーズバーガー(Thaiger)、ベーコンチーズバーガー(Steve)、ダブルベーコンチーズバーガー(Cowboy)の3つに、パティをビーフ、ポーク、ラムから選ぶというもので、3×3の9種類。今回はやっぱり食べたい「ベーコンチーズバーガー(Steve) 280バーツ」のビーフパティにしてみました。

 

 

ハンバーガー袋に半分包まれた状態で提供してくれることもあって、見た目もとってもキレイです。一番のウリはビーフパティ。メニュー表には「Wagyu Beef」と書いてありますが、たぶんオージービーフ。ミディアムに焼き上げてあり、密度感が高く、肉肉しいパティ。ガブリとかぶりつく感じがたまりません。

 

 

Thaigerソースというのも入っているんですが、これはBBQソースに近い味わい。そこに旨みが凝縮されたベーコン、甘みのあるブリオッシュバンズ。野菜もたっぷり入っていて、肉が旨いだけでなく全体的なバランスも取れたハンバーガーに仕上がっています。バンコクNo.1ハンバーガーの呼び声が高いというのも頷けますね!

 

 

ちなみに、こちらは「チーズバーガー(Thaiger) 260バーツ」。さらに密度濃く、こちらも旨そうでしたよ。

 

 

フードトラックで食べても旨いんだろうな。今度バンコクへいく時にはそちらで食べてみよう。でも、ビールと一緒にという方にはこちらのNanaの店がオススメです。エリア柄、夜は1:30までと遅くまで開いてますので、〆バーガーとしても是非どうぞ。

 

 

-------- Daniel Thaiger Burger ---------

 

■住所:30 Soi Sukhumvit 1/1, Khwaeng Khlong Toei Nuea,Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

■TEL:+66 2 255 5532

■HP:-

■食事日:18.2.26