こだまでしょうか


「『遊ぼう』っていうと『遊ぼう』っていう。『ばか』っていうと『ばか』っていう。『もう遊ばない』っていうと『遊ばない』っていう。そうして、あとでさみしくなって、『ごめんね』っていうと『ごめんね』っていう。こだまでしょうか、いいえ、だれでも



「こだまでしょうか」


最近、ふとした事で、この詩を思い出した。

こちらの気持ちと、相手の気持ちは、連動している。


こちらが、嫌いなら、相手も、嫌いだと言う事だ。こちら側が、好意を持っていれば、相手側も、好意的なのだろう。


こだまのように、人の気持ちは、連動する。


中には、こちら側が、どんなに接したところで、ガンと、受け付けない相手もあると思う。


そうならないように、人には、自分のメッセージを、絶えず、送って行こう。


そう、思う。