*バイオリンの上達法シリーズ*

なかなかバイオリンがうまく弾けない、上達しない、何かヒントが欲しいという方へ。

 

 

 

 

皆さん、好きなゲームはありますか??

 

 

 

私は、電車の移動時間や仕事で煮詰まってしまった時などに携帯ゲームをやったりしています。

 

 

 

 

中でも、ディズニーツムツムが好きです(^O^)

 

 

いわゆる、"落ちゲー"というやつですね。

 

 

落ちてくるものを3つ以上繋げて消してスコアを競うというものです。

 


 

私はシンデレラちゃんで高得点を出したくて、時たまyoutubeで攻略法を探したりネット記事を読んだりしています。

 

 

しかし、なかなかうまくいかず、、、、

 

 

私がゲームをやっている間考えてることは、楽器を演奏しているときに考えることに一部似ていることに気がつきました。

 

 

楽器を演奏していてよくある失敗なのですが、イメージが先行して体を実際どういう風に動かすと理想の音が出るか、という事を見落としている、という失敗です。

 

 

 

ゲームをやっている間に気づいた理由は、指が痛かったからです笑笑。

もう指紋無くなってるんじゃないかと思ってしまいました汗。

 

 

 

 

しかし、よく考えてみると、ツムを繋げて消すということに対して、力って必要なのか?

 

 

 

 

答えはNO。

 

 

 

 

だって繋げるだけだもの。

 

 

 

しかし、意外とこの"だけ"って難しかったりするんですよねぇ。。

 

 

 

なぜ力が入るかと言うと、

 

 

①動作をする際に自然にかかる摩擦、重力。これはごく自然なことなのでOKとします。

 

②ツムが消える時の画面のインパクトにつられて力が入る(視覚的要素に体が反応している)。

 


 

 

私は②の要素が操作性をとっても邪魔しているように思いました。

 

だって!見てこのインパクト!

 

 

 

 

 

 

う~~~ん、ファンタスティック!!!

 


 

 

以上のことを念頭に入れてもう一度やってみると、うん、なかなかいい!!

 


 

さてここでこれを楽器演奏に置き換えてみましょうか。

 

 

 

 

バイオリンを弾く際に綺麗な音が出ない、特に初めて弾いた時のバイオリンの優雅な音と実際に出る音とのギャップにびっくりした方は多いと思います。

 

 

 

ギギーーーーーッ!!

 

 

 

え、しずかゃん???

 

 

 

大丈夫、安心してください。誰でも最初はしずかちゃんです。

私ももちろんそうです。

 

 

これってなんで起こるかって、バイオリンは弦を"一生懸命擦って"音を出している様に視覚的またはイメージ的には捉えている方がほとんどだからです。

 

 

 

 

 

 

実際の動作は、弦の上に弓を"当てて"、"移動させる"、この二つです。

 

 

シンプルでしょ?

 

(もちろん腕の重さに対して弓を動かす速さが遅すぎるとギギーーーという潰れたなり、速すぎるとシャーーッというかすれた音になりますが)

 

 

この、"弦の上に弓を当てる"と"移動させる"のたった二つだけを実践してください。

 

 

ということを指示しても、人はそう簡単に出来ません。

 

 

 

過去の生徒さんも、そしてもちろん私もそうでした。

 

 

 

なぜなら、分かってはいるけどどうしてもイメージが先行する、という事があるからです。

(´-`).。oO人間の脳って難しい、、、

 

 

 

 

 

 

私も先生にたくさん言われたなぁ、、、

 

 

 

 

 

"騙されたと思ってやってみて!"

"私を信じて!嘘じゃないから"

 

 

 

 

 

 

 

この魔法のワードを生徒さんに囁く私、、、

(怪しいワードですね、、、)

 

 

すると、

 

 

よし、では騙されてみよう、となってもらえて、

 

 

 

数分後、あら不思議。

魔法にかかった様に綺麗な音が出るではないか。。。

 


 

こんな事がたくさんありました。

 


 

話はだいぶ逸れてしまいましたが、ゲームを攻略できる人=原因や敗因を探り、どうにかして成功させるという思考がある人

 

 

 

だと思っています。

 

 

 

私の職場にも楽器が上手なゲーマーたちがたくさん居ますよd(^_^o)

 

 

 

今回ブログに挙げてみた例はごくごくありがちな例ではありますが、一生懸命上達しようと日々頑張ってらっしゃる皆様、ぜひ"騙されたと思って"実践してみてくださいね。

 

 

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

*文京区のバイオリン教室なら*

ネフォーレミュージックアカデミー 

Nefore Music Academy

東京芸術大学現役講師による完全個別指導

 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご予約 *Contact・Reservations* - ネフォーレ ミュージックアカデミー NEFORE Music Academy

教室ホームページ

https://nefore-musicacademy-violin.tokyo

ブログ

http://ameblo.jp/nefore/