ごめんね

テーマ:


一昨日の朝

ゴミ出しの時に

下にノンノが居た






近所の顔見知りの女の子が

ノンノにオヤツをあげていたので



この子達を保護して

猫カフェをしようと思ってる


と伝えると





ノンノ以外の猫たちの話になり







お正月

黒猫が道路で

ひかれてましたよ
















たまみがご飯を食べに来たのは

大晦日の夜




元旦はテンだけが出てきた






その後は

テンもたまみも

どちらも出てこない







二匹で暖かい場所を見つけ

潜り混んでるのだと

思っていた







餌を置いてくれてる人は

他にもいるから







空腹は避けてるだろうと

安心した








見てないから






絶対違うと

信じたかった








その日は

朝も昼も

たまみを呼びに行った








夜は久しぶりに

テンが現れ








ノンノとご飯を

食べて遊んでいた












なんで








なんで









もう少しなのに








ご飯はそんな

道路に置いてないよ







ちゃんと

いつも安全な場所に

あるでしょ?







信じたくない









信じたくない








もしそれが本当なら








せめて火葬して

あげたかった








苦しい









飲み込むことも

吐き出すことも




出来ない










アタシは何をやってるんだ




保護すること

も出来てなくて








たまみごめん







ごめん








ごめん







テンとたまみは

最初から外で産まれた子







懐くのは

難しいと思っていたけど







ご飯を待つ様になり


触れる様になり


抱ける様になり




外の仔でも必ず人に懐く

里親探しを頑張りたいと

思わせてくれ








今回の事を決心する

きっかけになる中の

一匹でした







ごめんね

たまみ







次はお家の中の仔に

産まれておいで







昨日から

雪が降る寒い夜






やはり

たまみを呼びに行ってしまう








寒く乾燥した空気の中

何かが軋んだ音が







たまみが

鳴いてるように聞こえる






たまみ

ありがとう





苦しいけど

ここで立ち止まれない




頑張るよ








ねこはち






 

 

ブログランキング参加中

↑↑↑ノンノをクリック

応援お願いします!

AD

リブログ(4)

リブログ一覧を見る

コメント(6)