クレイ同士のブレンドについて、混ぜていいの?混ぜちゃダメなの? | 敏感肌やアレルギー肌でも安心な自然派化粧品・クレイ(粘土療法)。クレイソムリエ®主宰。各地で講座・セミナー開催。

敏感肌やアレルギー肌でも安心な自然派化粧品・クレイ(粘土療法)。クレイソムリエ®主宰。各地で講座・セミナー開催。

敏感肌やアレルギーでお悩みの方に、自然のチカラで本来持っている肌力を呼び覚ますスキンケアやクレイセラピー(粘土療法)をご紹介。
プラスのスキンケアからマイナスのスキンケアへ。
何かを入れ続けるケアは卒業。「出す」事で本当の自分自身の美と健康を取り戻します。

大谷(おおたに)です

私はクレイソムリエ®講座を5年開催していますが、
その中で、色のあるクレイ同士のブレンドについて

「おすすめしません」とお話ししています

(ホワイトは別)

実は、クレイソムリエ®講座を始めたばかりの時は、
「こういう時はイエローとグリーンをブレンドします」とか話していた時期もありました

私自身がそう習ったのもあるし、
実際、父親のケアにもブレンドして使ったりしたという事もあります

その時は、それが良いと聞いていたからです

ところが、その後、いろいろ話が変わりまして・・・

「ブレンドするなんてとんでもない!」という意見を見ることもあり、

私もかなり混乱した時期もありました



ところが、そういう疑問があっても、それを質問する場所がなかったのよね

知っていそうな方に聞いてみても、

聞く相手によっても答えが違うし、
聞くタイミングによっても、以前と違う答えが返ってくる

さらに、「採掘されるロットによっても変わってくる」なんて意見もあったりして・・・

えええ?

そんなの、わからんやん!

「誰でも簡単に使える」のがクレイの魅力なのに、
時と場合によって違うなんて言われても、

一般で使う人が分かるわけがありません

まぁ、そんなこんなもあって、クレイの横のネットワークって大事だなぁ、と思って、
クレイソムリエ®では「聞く場所がある」ってのを大事にしてます



さて、話をクレイのブレンドに戻して

クレイそのものも、使う人や時と場合によって違うわけだから、
そこですでに混乱する人も出てくるわけですが、

本来は、水とクレイでペーストを使って使いたい場所に塗る!っていう
シンプルなところがクレイの魅力です

ここで自慢にもならない自慢ですが、

私は、ズボラ大王で、めんどくさいことは嫌いです


私がクレイにはまった理由の一つは、

「簡単だから」


種類だって5種類だけだし
(いや、本当は地球上には無限に種類があるけど、ここではそれは置いておく)


塗るだけって簡単じゃない?

しかも効果が早くて、わかりやすい!!

そこに惹かれて、
「こんなの知らないなんてもったいないじゃーん」って思ってクレイを伝えている

なのに、知るにつれ、伝えるにつれ、どんどんどんどんめんどくさくなっていく

これいかに?

そんなことをずっと考えたりしてました

で、私が出した結論!!

「混ぜない」です

今も、あちこちで、混ぜるとか混ぜないとか見たり聞いたりするけど、

あくまで基本として、という事で、「混ぜない」と伝えてます
(ホワイトだけは例外です)


伝えるからには、理由があります

まず、最初の理由として、
分からないことはしない方がいいです

そもそもクレイって、どのクレイにもそれぞれの特徴があって、
それだけで十分な働きを得られるのです

もちろん、あくまで「基本」なので、
混ぜる理由や目的があるなら、試してみればいい

ただ、ごちゃごちゃ考えるより、

・どのクレイの特徴を一番活かして使いたいのか?

・自分はどのクレイが好きなのか?

・どんな時にどのクレイだと心地よいか?


シンプルにそこに戻るのが一番いいな、と思ってます



では、実際、混ぜることのメリットとデメリットってなんでしょう?

どうして、混ぜた方が良いとか、良くないとか、いろんな意見が出るんでしょう?



ご存知のように、あらゆるものって波動を持ってます

はい、きましたよ、科学の話^^
(いつもどおり、「分かりやすい」に重点を置いてるので、かなりざっくりです)


化学反応っていうのは、原子どうしの電子の移動とか交換とかによって起こるだけだから、
体の代謝にしたってそうです



クレイが体に働きかけるのだって、基本は同じです

だから、体の不調などの原因に合う波動のクレイがあれば、それを使うのが一番良いよね

その時に、混ぜた方がより 波動が効果的に体に働きかけるのであれば、混ぜるのも良いと思います

でも、そんなの分かんないじゃん?

その波動の中で、分かりやすいところで話すと「色」があります

クレイの種類(色)が違うってことは、それぞれ少しずつ 波動が違っているって事が言えます



色って電磁波、つまり「波」です

「電磁波」のうちで、人の目に見える波長のものを「可視光線」と言って、
私たちは、その光を捉えて、色を認識してます


光が物に当たって、吸収したり反射したりして、目がとらえた反射光が「色」として見える

だから、当てる光によって色って違って見えたりもするよね?


色が違うってことは、波の大きさが違います

波が違うものを混ぜるとどうなるか?

下手すると、混乱しちゃうことがあるんだよ


たとえば、これ、私の勝手なイメージでいうと、

音楽の、ワルツとエイトビートを一緒にかけた感じ?


うまくテンポを合わせてかけたら、良い感じになるかもしれないけど、
合わないと、雑音っていうか、うるさいっていうか、

混乱します!

なんかヤじゃん?
↑これ、説明にならんやんww

ずっと以前に、私が背中にグリーンとレッドのブレンドを混ぜたら、
その後、嘔吐下痢で、大変なことになったことがあって、

私自身は、結果「すっきりした」からよかったって思ったんだけど、
それって、波が違っていて、しかもどっちも個性の強い2つのクレイをブレンドしたから、

「強すぎた」のよ、私には

私の体は混乱してしまったのであります

だから、安易にブレンドするのって、調子が狂う事があるなぁ、というのが体感としてあります



じゃぁ、ブレンドしてうまくいく場合ってどういう場合か?

ピアノを弾く人がいたら、わかると思うけど、ショパンの「幻想即興曲」みたいな感じだと私は思ってる


ダニール・トリフォノフの幻想即効曲
名曲やぁ・・・(流しながら書いておりまする)
あ、今、辻井さんのラ・カンパネラ  好きだわぁ❤️


まぁ、ダリーヌ・トリフォノフはプロですし、
弾くのが早いから聞いてもちっともワカランかもしれんけど、
弾いた事がある方ならわかるでしょう

幻想即効曲というのは、
右で8音弾いてる間に、左が6音弾いているのです


右手と左手のテンポが違う!!

楽譜で見ると、こうなっちょる!


楽譜は楽譜無料ライブラリーより

これ、全くバラバラだけど、これをうまく弾くと美しいハーモニーになる!

ブレンドが体にうまく働きかけるというのは、こういう感じだというのが私の認識

・・・ちっとも科学の話じゃなくなってる😭


と言う事で、科学の話というよりイメージの話になってしまいましたが(笑)

「クレイのブレンド」ってどうしてしちゃダメなの?という質問をいただくことがあるので、

「混乱する可能性があるから」というのが私の答えです



私が思うのは、混ぜる、混ぜないの、「どっちが正解?」ということより、

その理由や、どうしてそうするか?
そっちの方が重要だなと思うので、必要があれば混ぜるのも良いと思いますよ^^

少しでも何かのヒントになれば嬉しいですー





ラインアット
ラインアットのフォローはこちらから

ID検索は、@qpa3065m
お得な情報を見逃したくない方にオススメです


インスタグラム
インスタグラムのフォローはこちらから

【ハッシュタグキャンペーン開催中!】
#クレイル #clargile いずれかのハッシュタグを付けて素敵な投稿をしてくださった方、毎月抽選でクレイルプレゼント!

【伝】「伝えたい!をカタチにする」無料メールセミナー
伝える事を仕事にしていきたい! そんな方のための10日間無料メールセミナー
思考は行動を作ります
「ノウハウ通りにやってもうまくいかない」そんな方に、
全国に500名以上のクレイソムリエ®を通して、クレイセラピーを伝えてきた「考え方」の極意をたっぷりとお伝えしています


10日間無料メールセミナー「はじめてのクレイ」
クレイに興味があるけど、よく分からない!という方のために10日間の無料メールセミナーをお届けしています(無料特典:わかりやすいクレイの使い分け一覧表つき)

【クレイ】メールマガジンの登録はこちらから!
クレイに関する一歩踏み込んだ情報を不定期でお届けしています

全国のクレイソムリエ®パートナーがクレイソムリエ®講座開催中!!
お近くのクレイソムリエ®講座の予定はこちらから!

『クレイル』誕生までの道のり
フランス現地レポやクレイルが生まれるまでの誕生秘話を
全13回のシリーズ記事でお届けしています


今後の講座、イベントの予定
「1日で習得できる クレイソムリエ講座」 参加者のお声

ホームページ(ネットショップ)はこちら。
 ※携帯からもご利用いただけます♪