海上自衛隊大村航空基地の大型哨戒ヘリコプターSH60Jが昨年12月、長崎市沖で墜落し乗員3人が死傷した事故で、長崎県大村市の松本崇市長らが25日、防衛省を訪れ、榛葉賀津也副防衛相に事故の再発防止と訓練の安全な実施を要望した。

 榛葉副防衛相は「ご心配かけました。(同省の事故調査委員会で)フライトレコーダーの解析を行っており、事故原因が分かり次第、早々に説明します」と話した。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
戦闘ヘリ:受注減、350億円払え…富士重が防衛省を提訴
F15部品脱落:疲労亀裂が原因 防衛省が調査結果
防衛省:「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
ポリグラフ検査:「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相

残留孤児の身元特定できず=2年ぶりゼロ-厚労省(時事通信)
474万回分に希望わずか200回分=輸入ワクチンの初出荷で-新型インフル(時事通信)
<小沢幹事長>「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す(毎日新聞)
郵便不正事件初公判、村木元局長は無罪主張(読売新聞)
「特等席」は中井氏の地元=全国のマスコット集結-会見に背景パネル・警察庁(時事通信)