海賊通し稽古 | NBAバレエ団 オフィシャルブログ

NBAバレエ団 オフィシャルブログ

感動と興奮を与えるバレエ芸術  非日常という楽しみを提供します。


テーマ:

こんにちは。アーティストの北村桜桃です。

今日は地元福岡のお友だちと久しぶりに会ってご飯を食べました。予定していなかったのですが、色々とちょうど良かったので「THE GREATEST SHOWMAN 」の映画を観ました。

映画の最後に、本物の芸術とは...というニュアンスの言葉が出てきますが、その答えに私は納得しました。


素敵な答えだったので、バレエを通して芸術をお届けできることに嬉しくなりました。そして"本物"という意味も考えさせられました。今日観ることができてよかったです。楽しい映画でしたので気になっている方はぜひおすすめです♪



ところで、NBAバレエ団は来月の3/17-18に東京文化会館にて「海賊」を上演いたします。写真は、先日の通し稽古の様子をお届けします。

{C80555DC-7ABD-4DD4-949E-982A4D1214C1}

今回は久保綋一版の新作の海賊となっており、皆さんがよくご存知の海賊とは、全く異なるストーリーとなっています。


また作曲は新垣隆氏に担当して頂いており、どれもとても魅力的な音楽に仕上がっています。今となっては海賊のなかで1番に頭に浮かぶのは、原曲よりも新垣氏が新たに作曲した部分です。「死と乙女」の時もそうでしたが、1度聴くと頭から離れないんですよね。オーケストラの演奏では、またどのように仕上がるのかとても楽しみです。

{4528DC77-4A37-4C26-A037-5A6C5904073B}

{617640BE-11BC-407F-ADAF-95310C3A6BC0}


この場面は17日にパシャ役を演じる宝満さんが振付担当しています。新垣氏の音楽にぴったりで男性陣の見せ場も沢山♪とってもかっこいい海賊達のダンスシーンとなっております。

{F0818331-217D-47E8-9A3E-80D07AF457F9}


私は花園のシーンでコールドを踊らせて頂きます。でもでも、久保綋一版は花園も花園ではないんです。

女性陣のポーズにはどういった意味が込められているのでしょう。


ぜひ劇場で確かめてみてください♪本番までの残り1ヶ月をきり、ラストスパートがんばります!


NBAバレエ団さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.