2006-02-15 12:48:00

フライ,ダディ,フライ

テーマ:映画

フライ・ダディ・フライ うーん、岡田准一はかっこいいというか、セクシーというか、この手のジャンル(どの手だよ!)の日本の俳優の中ではトップクラスの一人なのでは?ガエル・ガルシアっぽい役とかもできそう。

この映画では、とにかくけんかの強い、プライドの高い、その実・・・なんて役だけど、ストイックな雰囲気がよいですね。


そして、堤真一。どこにでもいるふつうのマイホームパパであり、サラリーマンが窮地に立たされて・・・。すっかり、さえないおやじから、はい上がっていく様子をコミカルに演じている。テレビでクールな機長なんかやっていたのに比べると、だいぶ3枚目なキャラなのだが、楽しんでやっていそう。

映画の中ではさえなさを全面に押し出しているようにも見えるけど、実は弱さも強さも兼ね備える、本当の勇気を持った今時なかなかいないお父さんなのだった。


こんな二人を軸にして進んでいくこの映画、演出は漫画的であり舞台的で、いかにも合成な風景とかあったりするのだけど、絶妙なバランスで、CGっぽい空が嫌みにならなかった。
夕空を背に語る主人公2人のシーンなどは、ほのぼのしていて気に入っている。

ラストシーン。一つ突き抜けたおやじに、「飛べ!」と叫ぶ少年。おやじには一つ殻を破って、大空に飛びだした、そんなすがすがしさがあった。そんなおやじを頼もしく思っているであろう少年がそこにいた。
うーん、気分のいい映画だった。


05.11.30 映画館

オリジナルサイト

http://www.f-d-f.jp/site.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-02-14 00:48:00

メゾン・ド・ヒミコ

テーマ:映画
メゾンドヒミコ 借金を抱え、生活的に追い込まれている主人公・沙織。風俗で働こうかという借金のために、彼女がバイト代わりに誘われた先が、彼女を幼い頃に捨てた父親、そしてゲイである彼女が造ったゲイのための老人ホーム。誘ったのは父親の恋人であるきれいな青年だった・・・

なにか、元からしょっているものというか、世間を斜に見て育ったのだろう主人公を柴咲コウが演じている。すっぴんなのかな?彼女のあの特徴的な眼差しで、ちょっとうつむき加減に見上げるその表情が、あの屈折感を生んでいるのかな?存在感ありあり。
父親の若い恋人役のオダギリジョーは、あの容姿でいつものだるだるな雰囲気で、確かにゲイでもおかしくないか?と言うかどっちにももてそう。
そして、この映画のキモと言うべき父親役の田中泯。あの存在感はなんだろ、貫禄ある。彼の存在が映画の重みを増してくれてる。

個人的には沙織がうち解けたゲイの一人、山崎がきれいな衣装が似合わないと落ち込むところ励ましてコスプレしてはじけるところ。その後に結構残酷なシーンもあったりするのだけど、世間的に非常識と思われるところに溶け込むことで、一つ殻が破けていくような、そんな過程良く描けてる気がする。

犬童監督の映画は「ジョゼと虎~」を見たときも思ったが、何かこう人の心に潜むドロドロした部分がよく描かれている。
偏見や美意識を越えた、素直な「欲求」ですか。まあまあかなあ。


06.01.24 映画館

オリジナルサイト
http://himiko-movie.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。