落ちたご先祖は 万病の元 | 江田裕典からの伝言

江田裕典からの伝言

なぜ命はあるのでしょう?


テーマ:

ご先祖をより落とし,より苦しめるのは、自分・家族・一族のお願い事

 

10年以上ことある事に、ご先祖に自分の都合・願望等のお願い事をすると、自ら、自分・家族・一族の心身の苦しみを招きますよ、と言い続けて来ただけでなく、本(166186P)にも書かせて頂き、ブログにもと、くどいほどさせて頂いているのですが。

なぜそうさせて頂いているのかと申しますと、紹介で来られた方々を10年以上浄化・活性化(不足の魂組み)させて来て頂いているのですが、一人の例外無く標記の問題にぶつかるからです。

 

【上記エゴの習慣が広まった原因例】

    親がそうしていたから。

    ニセ宗教家・エゴ霊能者が金儲けの手段にお願い事をさせる。これがあまりに多い事です。

    自分のエゴ心。

 

【なぜお願い事が悪いのか】

本にもくどくどと書いていますが、ご先祖で成仏(昇天)されて守護神や守護霊になっていらっしゃる方は、全ご先祖の中ではほんのわずかにしかいらっしゃいません。大半のご先祖は成仏できず、あの世でさまよったり、苦しんでいらっしゃいます。ただでさえ苦しいのに、私達子孫のエゴのお願い事(例・今日一日お見守り下さい。家族を幸せにして下さい。商売を繁盛させて下さい。)の汚い念(陰心波動)で、魂(心)を汚され余計に落とされ、苦しみが増してゆくからです。(本173P図表)落ちている多くのご先祖は、子孫に憑依して逆に救助願い(陰心波動)を出し続けていらっしゃいます。

今まで500体以上のご先祖に憑依された方が数人いらっしゃいましたが、350体以上になると、病気のデパートになる可能性が極めて高くなります。

本人も大変ですが、ご先祖はあまりにもかわいそう過ぎます。

 

【なぜ大半のご先祖は落ちて苦しむのか】(本171174P

宇宙は、13次元でできています。(本30P111P図表)陰(陰波動・陰心波動)が多いと落ちてゆき、陽(陽波動・陽心波動)が多ければ上がってゆきます。

これは、宇宙が始まって以来、不変の宇宙全体共通法則です。宇宙の中の地球で、生命活動をしている私達地球星人は「宇宙の中の一員」ですから、当然この法則に左右されます。

落ちるも上がるも全て因果応報であり、全て自業自得で、全て自ら方向を決めているのです。

表現を変えると、思いやりが少なく、利己心の多い生命活動をして行くとその報いで、自ら落ちてゆくのです。

 

【宗教では救えないのか】

結論を先に書きますと、宇宙全体共通法則に勝てる宗教は、絶対にありません。

宗教で異質な代表的なものを2例あげますと、仏教とキリスト教であるかと思いますが、釈迦とキリストと交信・会話できる方がいらっしゃればすぐ解る事ですが。お二人の共通点は、この世で生命活動(=生活→人生)をして行く時に、「どのような心がけを持ち、どのような生き様をすればよいのか」を説かれたものです。現在これに近いのは、「道徳」ではないでしょうか。

ですから死んだ人のためではないのです。(本149151P156157P

これからすぐ解る事は、葬式で僧侶がいくら流暢に読経をしてもほとんど無意味です。その読経の内容がこの世に居る人が解らないのに、あの世で苦しんでいる方はもっと解りません。もし、僧侶の方であの世の人と交信・会話ができる人であれば、読経をすぐやめられるはずです。(あの世の人の幸せは、形式ではなく、思いやりの真心です。)

仏教の開祖釈迦は、もっと厳しく、僧侶に葬式に出る事を禁じていらっしゃいます。

(これ等の事をみても、現代の宗教は、本来の宗教からかけ離れているかがよく解ります。)

 

【苦しんでいるご先祖を私達子孫が救ってゆきましょう】

何百代にもわたるご先祖がいらっしゃいましたから、私達が生れる事ができました。そのご先祖の大半が苦しんでいらっしゃるのですから、私達子孫は、せめてご先祖の幸せをお祈り致しましょう。(本176P図表)

自分以外の他の幸せを思う心は陽心波動です。陽心波動は、ご先祖の魂の汚れを少しづつ清めてゆき、少しづつ次元界を上がって頂けます。

これを、心の底から毎日続けましょう。(本170171P

ご先祖が上がってゆかれると、自分自身も楽になってゆきます。

 

【生命活動ができている根本の気づきを そして・・・】

私達は、543神の五体機能の神様がいらっしゃる(本135P)お陰で、この世に生きていられます。健常であれば、自分が思う通りに話せ、動けます。ありがたい限りです。

これ以上の現世利益はありません。

あとは、自分でよく考え、努力をして行きましょう。これ以外、正しい生命活動の方法はありません。(本202204P

お願いは、ありえないのです。

  

                     平成25年4月25

                                                                          

同志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります