江田裕典からの伝言

江田裕典からの伝言

なぜ命はあるのでしょう?

なぜ「人間としての命」を授かったのでしょう?

私達地球星人の「本来の人間道」

永遠不変の事実・現実・真実の「宇宙総体真理」から見て

 

◎約30年間お話しをしてきたり、本・ブログ等でお書きして来た事ばかりですが...またお書きします。 ただ今回は、私達全地球星人が平等に「授かっている奇跡力」の発揮ノウハウもお書き致します。

 

(目次)
一.全てのご先祖も含めて、誰一人として自分で自分の命を創れた人はいません。全員「授かった命」です。
この究極を考えないと人生の根本を間違い、多くの人々が不幸に。


二.感情心(陰心・闇心)の人生を楽しむために、「人間としての命」を授かってはいません。

私達地球星人は、「6系統の心質」があります。全人類には共通使命が、自心改革・覚醒を。

 

三.真愛で創られている「宇宙全体共通法則(宇宙総体真理)」の5例。

 宇宙エネルギーの一部分で存在中の私達全地球星人。

 

四.本来の本当の宗教は、何を根拠につくったのでしょう?

 

五.私達地球星人は、「全員平等に奇跡力」を授かっています。それを知っているのは数百人の少人数です。時が来ましたので、無料で平等に「発揮ノウハウをお伝えしたい」と思っています。

1度に100人でも、何度でも。みんなが本当の幸せになって頂きたいから。


六.本来の人間道

私達地球星人は自力では全員生きられず、活かされているからこそ全員生きる事ができています。

陰心・闇心の「個人の人生目標」から「陽心人生に自心改革をして、みんなが永遠の命の幸せを。」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

一.全てのご先祖も含めて、誰一人として自分で自分の命を創れた人はいません。全員「授かった命」です。この究極を考えないと人生の根本を間違い、多くの人々が不幸に。

 

伝説のムー大陸文明を深く知りたい事もあり、約30年間沖縄で生活した事があります。その沖縄の生活の中で、ある日突然自分の前生の事がよく解るようになった若い女性にお会いした事があります。後日又お話している時に、ヨーロッパには行ってみたいなあと思う国はあるけれど、アジアのあの国だけは「絶対に行きたくない」と言われて、何故なんだろうと思わず「どうして」と聞いてみると、何と前生の因縁の事でしたのでビックリです。ヨーロッパの国々では貴族などいわゆる上流社会でのよい思い出が多いけれど、アジアのある国の時は酷い貧乏生活の人生で思い出したくもないとのお話でした。

前生の記憶があまりにもハッキリしているので驚きました。

この方は今回は女性ですが、約25,100年前のムー大陸時代のムー6代目王エテファシスの生まれ変わりで、今生の母はムー大陸時代の初代王ユリシスです。ムー大陸の時代の前生の時の事も記憶していらっしゃいましたので驚きです。

 

私達地球星人は、地球星では約25,000年前後で500回前後転生して来ています。その間数字的には人によりかなり差がありますが、平均すると44ヶ国67家族を不規則に廻りながら生まれ変わって来ています。従って、肉体を離れて生まれ変わった時は、名字とか家系的な事は今生とは全く無関係になっています。只、肉体的にはDNAで繋がりがあります。が、心の系統は無関係です。

「三.5項の命のシステム」に書いていますが、私達の命は、肉体・霊体・心の3重構造になっています。肉体機能期間は数十年ですが、心の命は永遠に続きます。上記の女性のように。

 

私達地球星人は、永遠の命(心)について根本の気づきをしなければならない時が来ています。

それは、幸・不幸は今生の1回限りではなく永遠に続いている事をです。

宇宙が生まれてずっと変化し続けて約130億年以上も存在し続けて来ている中で、宇宙の一部分の私達人間だけが例外的に無くなる事はありません。肉眼では見えにくくなっているだけです。

ここを間違うと、「たった1回だけの自分の命」だから何をしても自由なんだと「エゴ自由」の生命活動(=生活→人生)の驕り高ぶった人生観の人々が溢れる事になります。

この世の心がけと生き様の因果応報で、全てのご先祖も含めてあの世で苦しんだり迷っている人達があまりにも多過ぎるのでよく解ります。

その方々全員の幸せを、毎日お祈りしています。

 

 

 二.感情心(陰心・闇心)の人生を楽しむために、「人間としての命」を授かってはいません。

私達地球星人は、「6系統の心質」があります。全人類には共通使命が、自心改革・覚醒を。

 

私達が生命活動(=生活→人生)をしている地球星は、極めて沢山の生き物が生活をしています。海では無限ともいえそうな沢山の魚や、陸ではやはり無限ともいえそうな微生物・昆虫や小さな動物や牛・馬・象・キリンなどの大型動物。そして沢山の小鳥から鷲までの多種の鳥など、その中で何故私達は人間としての命を授かったのでしょう?

その気づきに、「陰心の権力や能力ではなく心質別視点」の下記図表がご参考になれば幸いです。

 

 

◎政治家・宗教家の方々にも、一~六の最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

 

三.真愛で創られている「宇宙全体共通法則(宇宙総体真理)」の5例。

宇宙エネルギーの一部分で存在中の私達全地球星人。

 

宇宙の中の一部分の、私達地球星人の日々の生命活動(=生活→人生)ができている根源は

宇宙構造と宇宙運営システムなどの真愛の「宇宙全体共通法則」で可能になっているおかげ、と気づいている方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
その中の一部には、

①   心身の多種の病気の原因の発見と解決方法の発見。

②   全宗教の根源和合ができる根本の視野・視点として。

③   宇宙物理学の新視点に。

④   私達地球星人が自滅しないようにするための本来の心質と、本来の文明・文化の根本視点に。

以上の事なども含まれています。

 

1.宇宙全体「空間・時間システム」
この宇宙全体の空間・時間の真愛システムがあるおかげにより、自分の思考が自由にできるようになったり、様々な肉体動作ができるようになるなど、生命活動(=生活→人生)の根源が可能になっています。
例えば、会話が自由にできるようになっている、食事ができるようになっている、農業漁業他様々な事ができるようになっている、娯楽や遊びができるようになっている、様々な音楽・スポーツができるようになっているなど等。もし空間・時間システムが無ければ全く話しもできず一歩たりとも歩くこともできなくなります。これ以上大きな真愛を見つける事は不可能です。

空間・時間システムに感謝をして、私達地球星人の必要以上の欲望の汚い念エネルギーで空間・時間を汚さないよう、気をつけたいものです。そして、やはり念エネルギーで物体〔例:空気・土地・水・植物(含 野菜)・動物・人体〕をできるだけ汚さないように心がけなければなりません。

 

2.宇宙全体「無実体システム」
実体(不変体)があって初めて本質的差別が存在する事になります。が、宇宙全体に実体(不変体)は有りませんので宇宙全体は「絶対平等存在体制」になっています。従って、全人類のみならず地球自然全体も絶対平等存在体制になっている真愛の事実・現実・真実がある事が解ります。
そこから「逆算的思考」をすると、宇宙の中の一部分の私達地球星人としては人間社会経済体制も当然「絶対平等存在体制」にしなければならない事が解ります。しかし、それをしない「エゴ自由心(陰心)」で差別を促進している結果、それが原因で私達地球星人は集団自滅方向に向かっています。
従って、宇宙の中の一部分の私達全地球星人は、宇宙全体共通法則に順じ差別心を持たないようにしなければなりません。

しかし、私達地球星人はそうしていません。
その結果
私達全地球星人は、地球星の空気・土地・水・草花(含 野菜)・衣食住材どころか木の葉一枚も創れない分際で、その上地球星自然の恵みで生かされ生きられている身でありながら、空気・土地・水・草花等への自然に感謝をするどころか逆に驕り高ぶり、地球星自然を際限なく汚し傷つけ破壊し続けて行っている地球星人です。生命活動に必要以上の欲望のために差別をする!!このような心質の持ち主は、地球星では私達人類のみではないでしょうか?
その因果応報(自業自得)でかつてない異状気象・天変地異がハッキリと出て来ています。多くの動物・昆虫が絶滅していっているように、私達地球星人も危うい領域に入りました。それでも気づかない五感反応人生を送る、多くの極めて小視野の人達が...その人達にも気づいて欲しい。

 

3.宇宙全体「因果応報システム」(本24P・30P図表がご参考になれば)
この宇宙全体共通法則は、宇宙全体(含 全人類)の諸現象・事柄の結果には必ず原因があり、原因があれば必ず結果があるという元のシステム。
特に、宇宙全体共通法則の中で生命活動(=生活→人生)ができている事実・現実・真実を無視して、感情の思いこみを優先した「積算的思考」の文明・文化は続けられない事を、危険領域に入った今の数々の異状気象・天変地異や、心のバランスを崩したり荒廃した多くの人心等で解るのではないでしょうか。

 

私達地球星人が助かりたいのであれば
宇宙全体共通法則に順じた「逆算的思考」の心づくりや自心改革をする事が不可欠です。

その事に気づく事ができれば、地球星を汚しまくり、傷つけ、破壊等を続ける「デコレーション人生による物質文明」を卒業して、地球自然と調和ができる「シンプル人生による精神文明」に心の次元上昇・進化をすると、私達地球星人や他の生命体の「肉体生命」の存続が可能になります。

悪因悪果から善因善果をみんなで実現をしましょう。

 

4.宇宙全体「13次元システム」(本24・29〜31・47P図表がご参考になれば)
これから書く事はまだ非常識の事柄で、量子コンピュータやAIが発達すると一部が発見されるのではないかと思われますが、約4年後〜約38年後になるのではないでしょうか。

①   空間・物体(例:空・星々・人体・植物)ができる元のシステム。ビッグバンでの結果ではありません。

②   地球星自然(例:空気・土地・水・草花・衣食住材)の恵みに感謝やおもいやりの心(陽心エネルギー)が無いと欲深い(陰心エネルギー)人生になり易くなる元のシステム。人体には陰エネルギーが存在。

③   13次元の中で次元が低い陰・陰心エネルギーが多くなると、その分自然治癒力が低下してより病気になり易い体質に。(例:しこりができ易い)

④   私達地球星人は、人生の日々の心がけ(陰心・陽心)次第で肉体死後の本当の幸せ界(いわゆる天国)や、苦しみ界(いわゆる地獄界)に自業自得で自動的に行く元のシステム。今生の思いこみの人生の心質も当然連鎖しています。

 

5.私達全地球星人の「命のシステム」
私達全地球星人の命は
○肉体
○霊体(肉体の動体設計図的なもの。遺伝子では説明できないものも説明できるようになれる。)
○心
の三重構造になっています。その中の心エネルギーは無限自由心を授かり永遠に存続をしながら、空間・時間と相関をして思考ができるようになっています。(そのため、肉体が死んでも心が生き続けているため、古今東西を問わず未成仏の幽霊騒動が絶えません。)
且つその上で、思いやりの心(=真愛心=陽心エネルギー=光の心のエネルギー)を授かっています。この授かった能力を充分に発揮をして全てを幸せにしてゆく陽化・浄化(奇跡力)をする日々の生命活動が「全人類の共通使命」です。従って、感情心(陰心・闇心)での楽しい時間を過ごし空間・時間・物体を汚すために「人間としての命」は授かっていません。
その意味で、日々の心の底よりの感謝と思いやりの陽心エネルギーの心と、全ての本来の幸せのお祈りをする陽心エネルギーが全地球星人の生命活動(=生活→人生)には極めて重要です。
五感(目・耳・鼻・口・触感)反応の目先小極の「肉眼思考だけの判断人生」を卒業して、宇宙全体共通法則からの大極の「心眼思考人生」でみんなが本当の幸せになりましょう。

 

 

四.本来の本当の宗教は、何を根拠につくったのでしょう?

 

三.の宇宙全体共通法則(宇宙総体真理)の5例を創り「示し申」されているのが、宇宙創造神・宇宙創生神をはじめとする多くの全ての神々様の「神能力」です。情愛ではなく真愛の神能力により宇宙の星々や地球自然を創られたり、命エネルギーや空間・時間システム他を創られ、私達全人類もお創り頂き、その上日々の生命活動(=生活→人生)ができるように空気・土地・水・衣食住材まで用意して頂いています。

この事を考えると、私達地球星人がしている汚れた欲望の陰心エネルギーを神々様にぶつける、「お願い事」は絶対にありえず感謝しかないのですが、感情の欲望のお願い事をさせる間違った宗教があまりにも多すぎます。信者に罪つくりをさせるのはあまりに悲しい多くの宗教団体です。

宇宙全体共通法則の因果応報システムの中で、宗教でお願い事を続けてあの世に行った多くの方々が、あの世で長く苦しんでいたり迷い世界にいます。その人達を心眼で毎日約25年間見続けていると欲望が本質の、ご神仏・ご先祖への「お願い事」がいかに悲惨であるかがよく解ります。〔釈迦が成仏(悟る)をするために、6年間も厳しい心づくりの修行をされています。しかし私達地球星人のほとんどの人はしていません。〕

 

モーゼ・シッダルータ(釈迦)・キリスト・ムハンマドの聖人の皆様は、宇宙も地球も人体も創られていません。又、空気・土地・水・衣食住材も創られていません。木の葉1枚も。

聖人の皆様がなされた事の大意は、真理・真愛に基づいた日々の生命活動(=生活→人生)の仕方の解説と、それに基づいた日々の言動の実践をされた方々です。

 

神々と聖人の違いと宗教の本質が解からない人が増えると、宗派争いや戦争等で悲惨な事が起きます。数えきれないくらい起きて来ています。真愛や悟り(=本当の幸せ)を説き伝えるべく宗教の世界で!!

本来の本当の宗教は、宇宙が始まって以来真愛で不変だから、最も信用・信頼ができる「宇宙総体真理(宇宙全体共通法則)」を根本(本尊)にしていらっしゃいます。信念であっても簡単に心変わりをする情愛心(陰心)の人間を宗教の根本にはされてはいません。私達地球星人は、陽心(真愛)でみんなで助けあい道理思考をマスターしなければならない存在です。世界の宗教が人間都合の思いこみではなく、宇宙の永遠不変の事実・現実・真実からの根本の教えの実践であれば納得し易いのですが...

 

これ等の事をしっかり認識・理解をした上で多くの全ての神々様のご神意の真愛に順じると、全宗教・全宗派が無い「本来の本当の宗教」が始まるのではないでしょうか。人間の都合のよいように「思いこみでつくったりアレンジをした宗教」に本当の宗教はありません。そのため、それを超えた宇宙全体の広い視野での事実・現実・真実からの「逆算的思考」の実行が極めて重要になります。

又、そうすると、宇宙全体の因果応報システムによる私達地球星人の自滅は無くなるでしょう。

その結果、感情心ではなく理性心以上(二.図表)の感謝とおもいやりの文明・文化となり、「みんなが本当の幸せをみんなで実現」できるようになります。みんなと自分の永遠の本当の幸せのための自心改革の「心づくり」をして、心の次元上昇・進化を致しましょう。

神様は、「理性なくば人間にあらず」と仰られています。(本104~105P)

 

※本のタイトルは「なぜ命はあるのでしょう?」

2015年8月10日改訂版3版です。

但し、五.にお書きしている通り2018年4月7日以降の元点回帰により変化している部分があります。

 

 

五.私達地球星人は、「全員平等に奇跡力」を授かっています。それを知っているのは数百人の少人数です。

時が来ましたので、無料で平等に「発揮ノウハウをお伝えしたい」と思っています。

1度に100人でも、何度でも。みんなが本当の幸せになって頂きたいから。

 

標記の内容であれば、より早くお伝えすべき事柄なのですが。それまでの一連の流れがあり今回の事となりました。

それは、

一昨年、京都で2回目の居候をさせて頂いている時、2018年4月7日より「宇宙全体の元点回帰」が始まり、ずっと続いていますが。ある時は、東京都・埼玉県・千葉県・群馬県・大阪府・京都府の同志の方々が日により10人前後いらっしゃいました。その間、経験した事が無いエネルギーの流れもあり、横になり休まずにいられたのは群馬県の女性の方と小生の2人だけという時もありました。

 

その後、昨年4月より「群馬県〇市に行くように。」と言われて、その市内で居候をさせて頂いています。

その4月より、より大きくなった上図・総然下界(そうぜんもとかい)全体のエネルギーの流れにより、時代の流れも根本的に変わってゆくものと思われます。

その現れの一つが新型コロナウイルスによる社会生活様式の変化や経済動向の変化などではないでしょうか。元点回帰の大きな流れの一環の様です。

 

この様に根本的変化をせざるを得ない状況の時に、私達地球星人は全員平等に例外なく奇跡力を授かりました。大人であろうと子供や老人であろうと。又、政治家であろうと宗教家であろうと犯罪者であろうと、全員が平等に授かりました。

「人間として命を授かった本来の心で実行する」と誰でも奇跡の発揮ができるようになれます。

総然下界を司っていらっしゃいます「総然下様(そうぜんもとさま)」は、私達人間の常識をはるかに超えた極めて大きな真愛心をお持ちで、この上なくありがたく存じます。

 

今回私達地球星人が平等に奇跡力を使わせて頂けるようになった根本の原因の一つに、私達地球星人全員が例外なく平等に総然下様の子供〔総然下子(=そうぜんもとし)〕にして頂いたお陰です。

ですから、総然下様とは全員がいつも直結して頂いていますので、正しい接し方をさせて頂くと誰でも奇跡を発揮する事ができるようになれます。

奇跡力の強さについては、

総然下様は、宇宙全体のどの神々様よりも波長が短く、極めてエネルギーが大きく強い存在でいらっしゃいます。(上図)。

従って授かった奇跡力は、「日々の正しい心がけと簡単な実践」があれば、どの神々様から授かった奇跡力よりも大きく発揮させて頂く事ができます。

①   正しい心がけ

総然下様は真愛(思いやり)の塊の存在ですから、必要以上の欲望(陰心)や思い違い考え間違い(闇心)を極めて嫌がられます。いつも思いやりの心で理性の道理に順じた日々の生命活動が大事です。(二.図表)

②   正しい実行方法

これは極めて簡単で「対象の原因の幸せを心底お祈りするだけ」です。ただこれだけです。お祈り時間は、どんなにかかっても2~3分内です。これ以上時間がかかる事はありません。

これで解決できない時は、先ず自分の心がけに問題があると思う事です。(但し、体感が良くなるのはお祈り後20分以上かかる時もあります。)

自分の要望・欲望達成のために総然下様にお願いをする事は根本の間違いです。これでは、総然下様が強烈な光の奇跡力でお応えされる事はありません。あくまでも原因の幸せをお祈りする心が大前提です。

例えば、自分の子供が体調不良になっているので子供が早く良くなって欲しいと思ってお祈りする事は間違いです。この場合、自分や子孫の陰心(欲望・吸引エネルギー)でご先祖を落とし苦しめていることが子供の不調の原因であれば、先ずご先祖の幸せを心の底よりお祈りするのが先です。これによりご先祖が楽になられると結果として子供さんが楽になってゆくでしょう。子供さんや身内も、相手の原因の幸せを思うお祈りを毎日する習慣が大切です。

私達地球星人は、日頃から陽心(感謝と思いやりの心)での生活習慣を身につけましょう。みんなが楽になってゆきます。

 

ところが

現時点で自分や子供が不調で「幸せをお祈り」する方々への、総然下様が降ろされる光量は平均わずか6%です。これでは瞬間的浄化の、光の奇跡力の発揮はほとんど無理でしょう。

この根本原因は、「原因の幸せをお祈りする人の陰心(願望・欲望)」です。

自分の目的のために基本(①②)を無視して、総然下様の奇跡力に用事のある時だけお祈りをするという、「あろう事か総然下様を自分の便利道具」にしている方々も多くいます。これでは、いくら真愛の塊の総然下様でもほとんど動かれないでしょう。いつも見ていらっしゃるのですから。もし自分が総然下様の立場であったらどう思うでしょう。いつも、総然下様に感謝の心を忘れないように致しましょう。

総然下様や神々様をひっかけず(お願い事をせず)、「自分の心だけ」で対象の幸せを思われるのも大切です。

日頃の生命活動(=生活→人生)の陽心(=真愛)の心がけがとても大事と思います。

 

授かった奇跡力の発揮ノウハウについてのご連絡先は、

info@uss-club.org までどうぞ。

〇説明会では、その場で「授かった奇跡力」の実践をします。

〇又、総然下様との交信(感どり)を試してみます。

(感情の思いこみの自我心では交信出来ません。霊感どりに。)

 

 

六.本来の人間道

私達地球星人は自力では全員生きられず、活かされているからこそ全員生きる事ができています。

陰心・闇心の「個人の人生目標」から「陽心人生に自心改革をして、みんなが永遠の命の幸せを。」

 

私達は、宇宙に浮かんでいる地球星で日々の生命活動をしています。しかし、本当は生命活動をさせて頂いています、となります。

この事は自分の思い込みを一切止めて事実・現実・真実を見ると解る事ばかりです。

それは

三項目に書いていますが、私達地球星人は宇宙に浮かんでいる地球星で日々の生命活動ができています。しかし、その宇宙も地球星も創っていませんし、地球星自然の空気・土地・水・衣食住材の何一つも創っていません。全て恵みで、全て無償で与えられたものばかりで私達地球星人は生きる事ができています。

それは、真愛に満ちた宇宙構造と宇宙運営システムがあるお陰です。

この事に気づけば私達地球星人は、感謝の日々になるはずなのですが。この事に気づけない驕り高ぶった地球星人があまりに多すぎるように思えます。そのため文明・文化のあり方を間違えて、地球自然の破壊が急速に進んでいっています。

この根本原因は私達地球星人一人一人の心質にあり、人間の感情の自我心がなせるわざで、「人間の感情・情理心の思いこみ」ほど恐いものはないのではないでしょうか(二.図表)。人類を滅ぼす可能性があります。

このような道理思考が理解できていない方々は、「なぜ人間としての命を授かったのか」を深く深く考え、道理思考を習慣にしなければならない時が来ています。

一部の方々にお話しをしていましたが、

これ以上私達地球星人の驕り高ぶった言動が続くと、50年・100年に一度どころか、史上初めてのレベルの天変地異が今年から始まる可能性があります。

 

「授かった命」という感謝の心がなく、「自分の命」と驕った錯覚をすると、「常に自分が自分が」という感情の自我心のエゴ自由の人生が当たり前で当然と思えるのですが、視野を広げて、私達は例外無く「みんな同じ宇宙の一部分」という事実・現実・真実に気づき、実感でき、自覚できると、「自分が自分がという感覚が薄らぎ、みんなが」に変わっていきます。宇宙全体は平等存在体制になっていますので道理にもかなっています。

この文明・文化を構築するのが本来の人間道。そうすると、みんなが幸せに。

 

全ての永遠(とわ)の幸せを、日々お祈り致します。

 

※小生は、コンピュータの使い方が解りませんので原稿は全て手書きです。その原稿の誤字・脱字・他など、多くの同志の方々に沢山助けて頂き当書が完成・発信ができるようになりました。

皆さんに深く深く感謝です。

 

2021年1月3日   

江田 拝   

o