『氣』があう、あわないはあるようです | なぜだろう、なにかしら?

なぜだろう、なにかしら?

ふんわり霊感でゆったり、ゆる~くスピ探求

お手間でなければクリックをいただけると励みになります

 

コメント欄で頂いたご質問です

 

>神様って朝は何時頃から活動されるでしょうね?

神社によって多少ばらつきはありますが、基本的には日の出からです(そして日没とともにおやすみモードになります、ですが逆に夜に活発になる神様もおられますのですべての神様がそうではありません)
神社は昼間と夜で別の顔を持つと言われることもありますが、それはこの神様の活動時間などが関係しています
神社によっては『土地の氣が悪いので神様に来ていただき鎮めてもらう』という理由で勧請された場合も多いので、夜はもともとの土地の氣が強くなるので雰囲気ががらっと変わるわけですね(神様の「氣」の蓋がはずれた状態になります)

スピ系ブログなどでよく「午後一時が一番神様の氣が強い」とか「早朝が」とか色々書いてありますが、神社によって違います、ちょっとざっくりとまとめすぎですね(笑、スピ系ブログに書いてあることを鵜呑みにしないで、まずは自分が好きな神社に何度も参拝し、一番「氣」が気持ち良いと感じる時間や曜日、日にちを探して見てください

>参拝者が多ければ神様のパワーは大きくなるのでしょうか?

基本的にはなりますが、人間側の「氣」と神様の「氣」が合わないと逆効果なことも多いです
例えば慈悲の側面が強い神様のところに、現世利益で自分の欲を満たす願掛けばかりする参拝者ばかり集まると神様が疲れてしまいパワーダウンします

 

現世利益の欲の念と相性がいいのはお稲荷さんの系列です、お稲荷さんは現世利益の欲の念をうまく変換してしまうのでそういう参拝者が多く集まれば力も強くなります、神社で御祭神が現世利益の願掛けが合わない神様の場合、その願掛けは摂社、末社で同じ神社に祀られているお稲荷さんにまわされていることが多いです

 

お手間でなければクリックをいただけると励みになります