ANOTHER FILE ポストにチラシが入らなくなる方法 | 何故いじめられたのか 猪熊猛  [コドモ人生の悪い例]

何故いじめられたのか 猪熊猛  [コドモ人生の悪い例]

いじめられっ子は、報われない。

さあ、いじめられないっ子になろう。いじめられないっ子に育てよう。

正義の味方など、通りかからない。自分を守れ。逃げろ。


テーマ:
私の著書です。
俺は、僕が何故いじめられたのか、知ってた。/青山ライフ出版
¥972
Amazon.co.jp



以下本文



突然ですが、自宅のポストへの、ビラ・チラシのポスティングに悩まされている方はいませんか?

禁止にしないと、1週間ほどの留守で、いっぱいになってしまいます。これらを捨てる時に、大事な荷物の不在通知が紛れてしまっている可能性もあります。


さあ、貼り紙をしましょう。


「ビラ・チラシの投函を禁止します」



これで投函は止むか?


止まないんですね。



しない業者もいますが、このぐらいの貼り紙ならしてしまえ、という指導をしている業者の方が多いです。

マンションの集合ポストにこんな貼り紙があっても、全く効果はありません。

管理人の方もあきらめていて、あらかじめゴミ箱を用意している場合もあります。


「禁止」と書いてあるのに、「チラシ専用」のゴミ箱がある。

これでは、絶対に入ります。



さて。



このように書いてみてください。



「ビラ・チラシ 投函禁止  投函した場合は着払いで送り返します」



「ビラ・チラシ 投函禁止  投函した場合は罰金●万円を広告の住所に請求します」



これでなくなります。 ほとんど。


絶対ではありません。一切来なくなるには、さらに、



「投函は一切お断りします。現場を見つけた際には即通報します。その際は、貼り紙が見えなかった、夜で暗くてわからなかった、は一切通用しません。パトカーで連行された例もあります」


「チラシ禁止とありましたがこれはビラなので投函しました、 等の屁理屈は一切聞きません。即通報、罰金請求いたします」



などと加え、すべての言い分をなくすようにしましょう。



こうすれば、投函元の会社が配布業者に絶対禁止と報告し、情報が回ります。


このmixiはいじめがテーマじゃないの? という声が聞こえてくる頃ですね。


いじめがテーマです。


「ビラ・チラシ 投函禁止  投函した場合は着払いで送り返します」

「ビラ・チラシ 投函禁止  投函した場合は罰金●万円を広告の住所に請求します」

・・・・・




いじめだっておんなじです。



ただ、いけません、では止みません。



もししたら、こうなりますよ、というルールを決めれば、止むのです。









にほんブログ村




儲けるポスティング 損するポスティング/龍門出版社
¥1,234
Amazon.co.jp





何故いじめられたのか 猪熊猛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス