WURTH 防錆処理/VW 6R POLO | 札幌のVW・Audi専門店 ガレージナッズ

札幌のVW・Audi専門店 ガレージナッズ

北海道のVW・Audiユーザー様のお力になれる店 をめざしてがんばっています。
一般メンテナンス、チューニング、ドレスアップ、コーディング、板金塗装、etc
何なりとお気軽にご相談ください。


テーマ:

おはようございます!

 

北海道札幌市のVW・AUDI・MINI専門ショップ、NEUSPEEDディーラー

“GARAGE NAZDS(ガレージ ナッズ)”の木下です。

 

 

3連休明けの火曜日、今日は天気がいい札幌です晴れ

 

本日は五十日ということもあり交通量も多いので

皆様、運転にはくれぐれもお気をつけください!車

 

ガレージナッズ、本日も元気に営業中です!!爆  笑

 

因みに明日、水曜日は定休日になります。

 

さて、9月も終盤、もう一月もするとここ北海道には

初雪の便りが届く季節です!!雪

 

このブログは

そんな雪国オーナーの方々に是非読んでいただきたい!!

 

今回は少し大作になりそうです。

 

お題は『防錆処理』

 

 

もうご存知かとは思いますがクルマにとって

北海道の環境はとても厳しいのです!

 

特に冬! アイスバーン路面を防ぐために

路面に沢山撒かれる凍結防止剤(塩カル)

徐々にボディを腐蝕していきます。

 

海岸沿いに住んでる方は、海からの潮風で

年中ボディが痛めつけられています。

 

そこで愛車をサビから守るためにお薦めしているのが

この『防錆処理』

 

 

『防錆処理』の仕方もたくさんありますが

当社が自信を持ってお薦めしているのが

『WURTH アンダーボディーシール エクストラ』

と、ドア内部やボンネット内部の処理も行う

『WURTH キャビティーワックススプレー』

 

 

この『WURTH(ウルト)』製品の優れている点を少し説明します。

 

まず防錆剤(ウルト)防錆保護塗料異なります。

 

防錆剤はサビの上から塗布できますが、防錆保護塗料は塗布できません

同一だと思われてる人も少なくないはずです。

 

車のボディは基本的にモノコック構造で、その内部(中空部)には結露によりサビが発生し、

外部(アンダーフロアー)は外的要因である傷や塩害でサビが発生します。

 

防錆剤は、浸透性の高いオイル又はWAXで構成された非乾燥状態を保つ物質です。

オイルがサビの奥深くに浸透して、サビにオイル膜が形成され水を遮断することでサビの進行を抑えます。

アンダーコートはゴム質(ゴムを吹き付ける)のため、吸着性に優れ剥がれ難く、

弾力性のある皮膜なので走行中による飛び石、跳ね水、摩擦からもフロアーを守ります。

 

既にサビが発生していても、ウルト(WURTH)に含まれているラストインヒビターがこれらの役目を果たし、

サビの進行を抑えることもできます

 

又、厚塗り施工をする事により、防錆と防音が同時に得られます。

パネルの隙間を埋める防水効果や自然劣化対策、防音・遮音効果が得られます。

防錆+車内が静かになるということです。

 

 

これに対し、防錆保護塗料というのは、樹脂又はゴム系で構成された溶剤を含む乾燥する物質なので、

サビの上に乗った状態で乾燥して被膜が形成されます。

 

したがって短期間でサビが被膜を押し上げて最終的に剥がれてしまいます。

一般的な防錆保護塗料(普通の塗料スプレーと同じようなもの)は、防錆剤と比べて吸着性が悪く、

剥がれ易くなるほか、皮膜が薄いので耐久性が低くなります。

 

※このようにウルトの防錆処理はサビを抑制効果は高いですが、

すでに多量に発生している状態の場合には、耐久性が極端に低くなってしまします。

その場合は別途サビ転換剤処理をしてから防錆処理することをお薦めしています。

 

ですので、サビが発生する前に防錆処理をすることで、

効果の持続性も長く、コスト面でもお安く済みます!

 

 

どうでしょう? ご理解いただけたでしょうか?

 

簡単に言ってしまえば『WURTH(ウルト)』製品は

サビの上からも塗布できて、そのサビの進行も抑える。

しかもその塗膜が長続きして、さらに防音効果もあります!

 

防錆剤の先進国スウェーデン製でその歴史はなんと80年!

ボルボ社の新車ラインで古くから採用されている信頼と実績のブランドです!

 

WURTHの防錆システムは、愛車を傷や錆から守り、安全なドライブを実現します!!

 

 

と、長いまくらでしたが、ここからが本編

 

今回この『防錆処理』を施した”フォルクスワーゲン 6R ポロ”のご紹介です。

 

 

まずは、下廻りを洗浄し乾かしてから、

防錆剤が余計な所に付かないようにマスキングします。

 

 

 

防錆剤の溶液は硬いので、この様にお湯で温めて柔かくします。

 

 

 

当店ではスプレータイプではなく、エアーガンを使い

厚さを持たせまんべんなく綺麗に塗布していきます。

 

 

 

ドアの内部やボンネット内部は

『WURTH キャビティーワックススプレー』を使い処理を行います。

 

 

このドアの内部やボンネット内部は空洞なので結露などにより

留め金やヒンジ部などの金属部からサビが発生し、そこから腐食が進むことがあります。

アンダーフロアーと同時に処理することをお薦めしています。

 

 

作業担当はメカニックの宇野が責任を持ってあたらせていただきました。

 

 

 

 

右側が塗布前で左側が塗布後の状態。

見て解る様に、単に塗料を塗ったという感じではなく、ゴムを被せたかの様にしっかり皮膜が形成されています。

この柔軟性のある皮膜ががっちりボディに密着し、愛車を様々な外的要因から発生するサビやキズから守ってくれます。

 

 

 

処理完了。

写真じゃ解りにくいかもしれませんが、

見た目で解りやすいのがスペアタイヤハウスの部分や、

トーションビーム、スプリング、ダンパーケースなど、黒々と塗布されているのが解ります。

 

 

 

もう少し比較しやすいように処理後と処理前のハーフ&ハーフの写真も。

元々このポロはサビなどほとんど出ていない綺麗な車輌だったのですが、

ゴム質の皮膜によりマッドブラック調に変わっているのが解ります。

 

 

 

 

M様、この度は弊社をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

これで、これから来る冬シーズンも安心ですネ!

 

 

 

ガレージ ナッズではVW・AUDIの中古車販売&

買取りもしております。


在庫車情報は下記リンク先でご確認ください!!

 

カーセンサー       GOO WORLD        

 

※上記クリックすると在庫車が見られます!!

 

 

 

レイヤードサウンドのキャンペーンもまだまだ継続中です。下記リンクよりご確認下さい。

https://ameblo.jp/nazds/entry-12390265846.html

 

 

☆ 9/30は afimp スタイルアップコンテスト&体感キャンペーンを開催いたします。

気になる方は下記リンクにてご確認下さい。

 

https://ameblo.jp/nazds/entry-12395090993.html

 

 

 

 

札幌でVW・AUDIの防錆処理・チューニング・故障に関するご相談は

札幌のVW・AUDI・MINI専門店“GARAGE NAZDS”まで

お気軽にお問合せください。

 

WEB http://www.nazds.jp

Eメール info@nazds.jp

 

TEL 011-299-9791

 

住所 札幌市北区屯田7条5丁目2-8

 

営業時間/10:00~19:00

 

定休日/水曜日

Azumaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス