ナユミマ 食べ&歩き日記

食べたり 歩いたり そんな日記です☆


テーマ:

 11月に入りましたが、

 【しまなみ歩き】 連載は、

 毎週木曜日0時更新ですGO

 

 

 予約投稿なのですが、

 前回、検閲作業を忘れていたことを思い出し、

 慌ててPC起動し、眠くて寒い中seiあせあせ

 記事確認をした私でした~

 

 そんな夜中にも、早速、

 見てくださった(ている)皆さま。。

 ありがとうございます、

 風邪などひかれませぬ様にうさぎ

 

 

 ナユミマ 瀬戸内しまなみをゆく 旅日記

 ~シ国を目指して~

 

 リンク→pk 【10】-④ 因島 塩ラーメンと白い恐竜と疲れる私

 の、

 つづきです!*

 

 

 

因島 白滝山に登ろうとしています!*

 

 

 白滝山ペンション傍の登山口への、

 行き方を説明してまいりますくま山

 

 

 

386号線道路  フラワーセンターへの表示 ←*

 

 車向けの表示なので、

 歩行者には位置が高過ぎて、 

 見づらいですよね。

 まぁ、しょうがないんですけど。

 

 

 

 歩行者の方は この樹を目印に??*

 

 いや、樹なんて、

 状態が変わったり、なくなったりするので、

 目印にはどうか・・ですよね。

 

 一本松とか目印にしていた時代は、

 他に人工物がなかったんでしょうね。

 (そりゃそうだ)

 

 

 

 錆びてても あてになる人工物

 

 樹の左側に看板があります。

 ←のままに進みましょうDASH!

 

 正面に 、

 『因島フラワーセンター』 が、

 見えてきますお花

 

 その突き当たりを右へ矢印右

 少し通過しますと・・

 

 

 

 白滝山荘ペンション 看板

 

 

 (※ 車で8合目駐車場へ行く場合は この道ではありません)

 

 この坂道を登る

 

 と、

 また、突き当たり、

 右へと進み矢印右

 そこから上へ↑*

 

 

 

白滝山荘ペンション脇 を 通って 山へ sao☆ 

 

 私は、このペンションに立ち寄って、

 先にチェックインしているのですが、

 その話は次回記事で。。

 

 このまま、白滝山登山です!*

 

 

 白滝山 登山口

 

一応 駐車場があることを お伝えしておきます

 

 但しWCはナシ。

 如何にもありそうなんですが・・(笑)

 

 

 

山頂まで 徒歩25分  (17:18)

 

 あくまで参考に・・

 私は鈍足なので、こういう場合、

 プラス10分で考えますが・・

 

 

 

山門があらわれた!!*

 

 

 地蔵もあらわれた!!*

 

 しかも 計6体!!*!!*!!*

 

 六地蔵・・!!*

 

 私、今年に入って、

 『六地蔵』という言葉を知ったのですが・・

 めっちゃカッコよくないですか!?*

 

 ・・しかし、これを力説しても、

 いまのところ誰も共感してくれません。

 

 そもそも、

 六地蔵とは・・!?*

 

 人は死んだら、生前の行いによって、

 地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天界の、

 6種類どれかにいくと言われていますが・・

 

 それぞれの界に、

 導き救ってくれるお地蔵さんがいると言われ、

 その計6体の地蔵を・・

 

 六地蔵!!*!!*!!*

 

 ・・しかし、この話を、20代男子にしたところ、

 「かわいい顔して地獄を仕切るとは、

   なかなかエグイ地蔵ですね」

 ・・だそうでしたsei

 

 「いや、仕切ってるわけじゃないんだけどね・・」汗

 

 

 

我ら 六地蔵!!*

 

 どうでもいいかもですが、

 この画像の番号、DSC00600なんですよ。。

 もー、偶然なのが怖くて・・(笑)

 

 

 さて、六地蔵はこれくらいにして、

 実は、↑にも↓にも、

 無数の石像群がありまして・・

 

 いちいちいじってたら、大変なことになります・・

 

 

 

ので あくまで一部

 

 

だいぶ 西日が 傾いてきました

 

 

 後で、ペンションの方に聞いた話ですが、

 江戸時代くらいに、

 石工の人たちが山に登り、

 彫ったものだそうです。

 

 何故、石工たちが登ったか?*

 彫った像を山へ持ち上げるのは大変だから・・

 (だそうで)

 そりゃそうか・・

 

 

 

 

山頂付近の山門に とうちゃこーDASH! (17:36)

 

 

 何とか無事、日没前までに着きました。

 

 目安より、珍しく早目に着けたのは・・

 日没迄にと、焦っていたからでしょうね。

 

 ひと安心したのと・・

 私にはいいものを見つけたので、

 ちょっとここで・・

 

膝の羅漢像・・!*

 

 私、膝が悪いので・・

 これは見逃せません!!*

 

 

右膝を折って 激☆痛そーなお顔をされている像です

 

 私が痛いのは左膝ですが・・

 さすっておきました。

 

 すると、この翌日は、痛くなりませんでした!!*

 ひざ地蔵、すげぇ!* ※ 個人の感想です

 

 あと、こちらの像、

 特に膝専門ではなく、

 下半身外来だそうです。

 

 

 

 よう きたの

 

 ここは、この角度で見た画像なら、

 皆さんに 『通りがいい』 かな?*

 

 

 

白滝山 (しらたきさん)

 

 何かで見たことがある、

 因島の山だったんだー…

 的な、

 景色ではないでしょうか??*

 

 あ、と、三原市(忠海)にも、

 白滝山と同名の山がありますうさぎ。

 

 

 

 

 

 アンコールワットまで 行かずとも??* 笑顔

 

 実は私、アンコールワット、まだ、

 未踏なんですよね・・

 死ぬ迄には行きたい・・

 でも、行けなかったとしても、

 死後49日以内に行くと思います。(笑)

 

 

 

 

 

  因島大橋!*

 

 さっき、歩いて渡ってきた・・という、

 親しみがあるせいも、

 あるかと思いますが・・

 

 つい、人工物を目で追って、

 見つけ、安心してしまいます。

 

 こんなものは何もなかった頃の景色は、

 私には想像できません。。

 

 

 この日の 夕日太陽

 

 夕日が有名な場所ですが・・

 

 ご覧の通り、山があるので、

 (季節によってはズレるでしょうが)

 海に沈む夕日なんかは、

 見れなさそうです。

 

 私は、歩いて登山してきているので、

 たとえ海に沈む夕日が見れたとしても、

 それを見てから下山していては、

 真っ暗で危なくて、たまりませんため息

 

 程々のところで切り上げます。

 

 車で上がってこれるので、

 日没しばらく迄、見ていたい人は、

 その方がいいかと。。

 

 

 最後に 鐘をひと突き。。

 

 ・・と、思ったのですが、

 すぐ近くに、

 夕景撮影中の方がいらしたので、

 『コンッ』 とだけ、鳴らして、

 ボォオン・・の余韻を楽しみました^^

 

 

 

 何気に 急傾斜感

 

 銀のフォークを咥えたまま、

 駆け降りるスリル・・

 いくらもらえたら、やりますか??*

 …(汗)

 

 

この日 本当に最後の夕日太陽

 

 白滝山での夕日・・

 絶景が眺めたくて、

 白滝山の麓のペンションに、

 宿泊予約をしていたので、

 本当に・・・晴れて、よかった!!*

 

 特に、この前日は台風だったので・・

 

 ありがとう、本当によかった・・

 

 

 ⑥に、つづきます ☆

 次回の旅リンク→pk 【10】-⑥ 因島の夜と朝

 

 【歩いた年月日 2017年9月18日太陽

 

 

 では、来週木曜日0時に、お会いしましょう!*

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ナユミマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。