⭐️お知らせ1🌟

 

 

『思いを吐き出すのはなぜいいのか?

吐き出さないとどうなるのか? 』

 

という音声をプレゼントしてます!

プレゼント期間は17日まで。

公式LINEから「吐き出し音声」とひとこと送ってね。

 

で、実は3回目も続いてプレゼントにするので

ぜひに聞いておてね〜!

さらに深まった話をしてくよ✨

 

 

 

 

⭐️お知らせ2🌟

 

「不登校ママのおしゃべり会」

 

「私だけじゃないんだ〜」ってホッとしたり

人と共感し合えることで大きな安心に繋がります。

不登校への否定的な気持ちも緩和されます!

ぜひ、気軽に参加してね〜!

 

日程:8月22日(月)AM11時〜12時半

場所:zoom

人数:3名(残席1名)

料金:1500

内容:・不登校に関する学びやワーク、おしゃべり

申し込み:公式LINEから「おしゃべり会」とひとこと送ってね

 

 

 

 

⭐️お知らせ3🌟

 

講座申込みは終了しましたが

秋(9or10月)から、去年好評をいただいた

『アウトプット会』をやろうかな〜と考えています!

または1dayセミナー的なのもいいな。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

昨日は長期講座の1回目、

だったんですけどね。

「自分に自信を持った生き方がしたい」

って気持ちを話してくれた人がいました。

 

 

ということで。

今日は「自信」にちなんで

どうしたら子どもの「自信」に

繋がっていくのか・・・

 

そんなことを書いてみようと思います。

 

 

 

 

よくよく聞くんです。

 

「自信の持てる子になって欲しい!」って。

 

私もよく言ってました。

そりゃ〜思うよね!!親だもの。

 

 

 

じゃあどうしたらいいか?!

 

 

子どもの勇気をくじかないこと

 

子どもの自尊心をつぶさないこと

 

 

だと私は思っています。

 

 

 

 

アドラーを広めた野田俊作さんが

著書の中でこう言っています。

 

人間には3つの欲がある。

それは「色・欲・面子」。

<色>というのは色欲。つまり異性との関係の欲。

<欲>っていうのは金銭欲。つまりお金や物に対して。

<面子>っていうのは自尊心。

 

大人はこの3つがあるけど、

子どもと老人は<色><欲>がなくて<面子>だけ。

 

だからおじいさん、おばあさん、子どもっていうのは

決して体面をつぶしちゃいけないんです。

 

体面をつぶすと全てがつぶされちゃうんです。

 

だから!子どもの面子はつぶさない。

 

 

 

本当にその通りだと思いませんか?

 

 

 

じゃあこの子どものメンツを保つ、面子をつぶさない

というのはどうすることかというと

 

私はできるんだ

 

私は問題を自分で解決できるんだ

 

私は人の役に立てるんだ

 

僕は誰かに必要とされているんだ

 

僕は生きているんだ

 

僕には力があるんだ

 

 

こうしたことを自分で思える気持ちを

保てること。

 

 

 

 

じゃあ子どもがそうなれるために

面子をちゃーんと自分で保てるために

親はどうしたらいいか?

 

 

それは

子どもの能力を認めること

 

能力がない方にモノを言わないこと

 

親ができるのはそこだと思うんです。

 

 

 

 

とはいえ!!

 

残念ながら私たち、親自身が、

そう思えていなきゃ

子どもに心からそれを伝えるのって正直難しい。

 

 

貧乏マインドの人に

いっくらお金持ちになる方法を聞いたって

伝わってこないし説得力ないっつーかww

 

 

だから!!!

 

 

子どもにどう対応したら「自信」に繋がるのか・・・

っそれを考える前に

 

 

まずは、まずは、あなた自身に

「自信」を身につけてください!!

ってこと、声を大にしていっておきます。

子どもの前にまずはあなた!

 

 

(毎日暑いね・・・)

 

 

 

 

自信?!?!

そんなのあるわけないジャーン

そう簡単に自信持てとか言わないでよ💦

って思ってる?

思うよね?

 

 

わかるよ、わかる。

でもそこをいつまでも嘆いてても

ますます自信はつかないですから。

 

 

よかったらこの先も読んでください。

 

 

 

 

 

 

自信をつけるために

いい車に乗るとか、ブランド物身につけるとか

いい体になるとか、成績や評価を上げるとか

そんなことではなくて。

 

あなたが

 

私はできるんだ

 

私は問題を自分で解決できるんだ

 

私は人の役に立てるんだ

 

僕は誰かに必要とされているんだ

 

僕は生きているんだ

 

僕には力があるんだ

 

 

とあなた自身が心置きなく思える

親、人間になることだと思いませんか?

 

 

そう思える人になるためには

 

おしゃべりな自分

不真面目な自分

ナマケモノな自分

特技がない自分

ネガティブな自分

泣き虫な自分

時間にルーズな自分

とろい自分

ネクラな自分

 

とかとか一見良くないと思われがちなこれらの

あなたの要因も全て自分だし

そんなカッコ悪くてダサい自分も

認めてしまうこと。

 

 

ここが大事!!!

ここがするっと抜け落ちてたら

本物の自信には繋がっていきません。

 

 

だからここでもやっぱり

子どもよりもまずは自分!

ということなんです。

 

 

ってことで、冒頭に伝えた

「自分に自信を持った生き方がしたい」

って気持ちになってる講座メンバーのその視点は

大・正・解!!なのだ。(*川口持論)

 

 

 

 

 

 

で・・・

ごめん・・・

 

書いてたら話が「自信」についての話に熱くなって

どうしたら子どもの「自信」に繋がっていくのか・・・

ってところが詳しく書けてないから

それはまた次回に!!

 

 

 

 

公式LINEでは、募集の先行のお知らせや

子育て、人生のポイントとなる小話をお届けしています。

個別でのやりとりもここからできます。

気軽に登録してね〜!

(スタンプ一個押してくれるとやり取りができるようになります)