自民党は2日午前、党本部で前日に続き両院議員懇談会を開き、次期参院選の選挙公約(マニフェスト)について意見交換した。谷垣禎一総裁は、5月の連休明けに発表予定だった公約の一部を前倒しして公表する方針を示したうえで「長々と述べるのは選挙では得策ではない。『政権交代』に対抗できるキャッチフレーズはないか」と意見を求めた。

 出席議員からは「足して2で割る自民党の古い手法は通用しない。党の路線を明確に示すべきだ」と谷垣氏に指導力の発揮を求める意見や、「改革が後戻りするイメージは良くない」との声が上がった。

 個別の政策では、民主党との差別化を意識し、成長戦略の明確化や消費税の増税と社会保障目的税化、国会議員定数の削減、憲法改正などを公約にすべきだとの要望が相次いだ。

【関連記事】
自民党、舛添氏に参院選の選対本部長代理を要請へ
自民選対本部に若手登用を表明 谷垣氏「ねじれ起こす」 執行部刷新の声も根強く
民主支持の茨城県医師会長が初当選、日医会長選
政府、財政健全化法案で自民に秋波 「責任分散」 増税論議巻き込む
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 

足利事件再審 判決要旨(1)(産経新聞)
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向-内閣府調査(時事通信)
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走-警視庁(時事通信)
国松警察庁長官銃撃事件の時効成立(読売新聞)
障害者自立支援法、違憲訴訟で初の和解(読売新聞)