• 攻防一体となる両手の連携
  • フェイントに惑わされないコンパクトな動作、重心、制空圏の意識
  • 重みを利かせた粘りのあるファーストタッチからの軌道制御
  • 相手の自重や勢いをそのまま還せる安定したスタンスとバランス
  • 上半身のボディワーク   etc.

いろいろなフィーリングが併せて要求される技法ですが、
個人的には、すべて站椿と推手からの応用・派生と感じています。

基本と応用の間にあるブリッジについては、
演習中にも簡単に紹介していますが、
ご不明な点などございましたら、お気軽にお尋ねください。
練習中のご質問は、大歓迎です。ニコニコ

パート6につづきます。