皆様、こんにちは。
フラクタル心理カウンセラーのタイラーこずえです。

アメリカではもうそろそろ学校が始まる時期ですが、
日本では数週間前から夏休みが始まったばかりでしょうか。

聞くところによると、体温より高い気温の日もあるとか。
子どもたちが楽しく遊ぶ声、も、今年は少ないかもしれませんね。

さて、この「楽しい」という言葉。
楽しい、に合う写真を、と探していたらこちらに出会いました。

Kitten-fun

こちらからいただきました。

フラクタル心理学を学ぶと、度々出てくる「楽」という言葉。
「ラク」と「タノ(しい)」の2つのキーワード。
「ラク」な人生が「タノ」しい、と言った時、あなたは何を思いますか?
「ゴロゴロ人生(=ラク)」が「タノ」しい、と勘違いしていませんか?

写真の子猫ちゃん、「楽しい」をここから除いたら、決して「ゴロゴロ」はしてません。
一生懸命おもちゃをつかもうと、ジャンプジャンプ!していることでしょう。

同じ漢字で意味が違う?実はそれさえも私達の脳の勘違いかもしれません。

例えば、「楽しさ」で浮かぶキーワードといえば、「ワクワク」や「ドキドキ」。
新しい発見にワクワク、何かをやり遂げて満足、何かにチャレンジしてドキドキ。

これは子供でも大人でもしていますし、できることですよね。
楽しい人生をする、ってそんなに難しくないんです。

では、ラクな人生って?
ラクな人生と聞けば、「何もしない」「いつも与えられる」「ゴロゴロ」といった所でしょうか?

でもそんな人生、楽しくないですよね?

誰かに与えられないと「与えられない」
自分で何もしないから「何かしてもらわないといけない」
ゴロゴロばかりしてるから「何も手に入れられない」

こんな他人のご都合で過ぎていく人生、本当に「ラク」ですか?

自分で欲しいものが手に入り、自分でたどり着きたいところに行けるほうが
早くて「ラク」じゃないですか?

私は、フラクタル心理学を学び始めた時、
実はこの仕組みがよくわかっていなかったのです。
なぜなら、この「ラク」のコンセプトは、私の持っていたものだからです。
誰かに幸せにしてもらう、とか、誰かに仕事をもらうとか、してもらうことばっかり。

でも、私はちっとも探していた答えに出会えなかったし、
最高の家族に囲まれているのに、ちっとも幸せじゃなかった。

それよりも、なんだか不幸せばかり探していて、
自分にも他人にも「ほら見ろ、私はこんなに恵まれていないんだ」と言い続けていました。

こんな人生、ラクでも、楽しくも無いですよねーー!

自分の足で立って、目標へと進む。
そのほうが欲しいものはずっと早く手に入り、
目的地へもっと早くつくことができます。

誰に「申し訳ない」と思う必要もありません。
誰かが通り過ぎて連れて行ってくれるのを待つ必要もありません。
不必要な感情のゆらぎもありませんから、疲れも半減以下。

「ラク」して「楽しい」人生を送りたい人こそ、
自分で立って自分で動くのが、一番近道なんですよ!

「ラク」は、ゴロゴロでも、与えて~でもなく、
一番苦労が少なく、手に入れたいものが手に入る、ということなのです!

ゴロゴロしがちな暑い夏。
どうぞ、動くチャンスを見つけて、動いてみてください!
外が暑いなら、家の中で。夕方、朝方涼しい時に少し動く。

~だからできない思考は汗と流して、
~の時に~ができるな、思考をするのが、ラクや楽しいに道が人生に近づく一歩です!

くれぐれも熱中症にはお気をつけて、TPOに合った動きをしてくださいね!


フラクタル心理カウンセラー、アドバイザー
聴覚カウンセラー
タイラー こずえ