自己紹介です❤︎ | 自分の本質を深め「行きたい方向へ、なりたいものへ」

自分の本質を深め「行きたい方向へ、なりたいものへ」

本質がわかるよう、しっかりと自分をみていく。望む人生はそこから❤︎

諏訪 智(ちえ)

 

2020年8月撮影
 

フラクタル心理学協会 主任講師

・フラクタル心理学上級講師

保健師、看護師

 

 

1977年生まれ。父、母、3つ上の姉のいる4人家族の末子として生まれる。小さい頃から動物、本、草花、空が好きで一人で空に話しかけて遊んでいるような(アヤシイ)子だった。たくさんの本を与えてもらい、犬や猫達と一緒に育った幼少期。毎年小6までの夏休みは親から離れ1ヶ月間まるまる沖縄の親戚宅にて過ごす。遊び相手は従姉妹とヤギ。

 

 

大学進学時、心理学と医療で進路を迷った末、看護師・保健師の道へ進む。当時日本では「早期発見」が主流だったが、保健師になる授業で、まだ珍しかった【予防医学】の考えに触れ、いたく感動する。卒後すぐに予防医学の道へ進みたい気持ちはあったが、どこでも生きていける術を習得するためまず20代は看護師として基本的な技術を身につけ、30代に入る頃に予防医学の道へ進み、40代では予防医学を教えられるようになろうと決意。

 

 

卒業後、

都内大学病院にて消化器外科・VIP病棟などに勤務。

29歳で看護師を退職し、医療英語留学のためカナダへ。

 

 

帰国後、

32歳から保健師として、国の医療費抑制事業であるメタボ健診、メタボダイエット指導、健康管理業務、健診結果と医療費データ分析に携わる。こうしてようやく若い頃に夢見た予防医学の道に進に始める。

 

 

しかし保健師として数千人の健診データや医療費データ、さらに心と身体の相関関係をみていく中、単なる食事と運動指導などの理論では予防医学の効果は殆どなく、そのため医療費抑制も難しいということを痛感。

 


 

本物の予防医学とは、食事や運動などの習慣を「選んでいる脳」をそもそも変えなければ意味がないのではと考えるようになる。

 

 

その頃(2010年)フラクタル心理学を知る。単なる興味本位で受講したが、受講を進める中でフラクタル心理学が、今まで学んだ心理学とは比べものにならないほど

 

1:深く自分を知る方法であること

2:脳の思考回路を適切に変えられること

3:それによって人生はもちろんのこと

4:身体面も様々に改善・向上すること

 

を実感する。

 

 

特にフラクタル心理学マスターコースで扱う、深層意識の不具合を整えるカリキュラムが、自律神経・ホルモンバランス・免疫機能を司る大脳辺縁系の不具合を整え、かつ向上させることと同じだという自論に至り「これは究極の予防医学なのでは」と感じる。

 

 

保健師を離職し

2013年よりフラクタル心理学講師となり、

美・健康・望む人生をつくる方法を伝えている。 

 

 

 

 

看護師、保健師をしていた頃、『良くなったのは、あなたの身体に治す力があるからなんですよ。私達や薬はただその手伝いです。だから医師や看護師に感謝を伝えてくださるなら、ご自身の身体にもありがとうを感じてほしいと思います』と言っていました。

 

 

 

フラクタル心理学講師をしている現在も

伝えたいことは同じです。

 

 

 

望む人生や望む自分になる力が

皆さん自分の中にあります。

 

 

脳の中にあるもの(深層意識)を変えていけば必ずなりたい自分になっていけます。

 

 

ぜひ自分自身に目を向けて

自らの力を強く育ててくださいピンク薔薇

 

 

 

 

■フラクタル心理学の資格

*マスターコース入門、初級、中級、上級講師

*メディカルコース講師

*TAWフラクタル現象学概論講師

*カウンセラー1級

 

 

■プライベート

趣味:掃除、読書、運動、テトリス99、猫探し

好きな食べ物:アルコール全般、チーズ、鯛の刺身

苦手な食べ物:フォアグラ、肉の脂身、鳥皮

 

 

■出身地

埼玉県川口市

 

■出身校

・東京都立医療技術短期大学(現 東京都立大学)

   地域看護学専攻科

・Pacific Gateway International College Vancouver

・Vancouver Medical English Institute