ポイントストレッチ

テーマ:

みなさんこんにちは。 

Navigateトレーナー早田です。 

 

今回は、ズバリ、ストレッチのメリットをお話し致します。


[ストレッチはなんとなく良さそう、だけど何がいいのかよく分からない。]という方も多いのではないかと思います。 

 

ストレッチがもたらすメリットの1つめ

①【疲れ知らずの身体へ!】 

筋肉が硬くなって動きが悪くなった身体は、動かす度に必要以上のエネルギーを消費してしまいます。身体が硬い人と柔らかいひとでは、体の疲れにくさが全く違うのです!これはもったいないことですよね。ラクな体を手に入れて、疲れ知らずの身体になりたいものです。 

 

ストレッチがもたらすメリットの2つめ

②【動脈硬化の予防】

血管が硬くなることを動脈硬化といいます。そして、体が硬い人は、柔らかい人に比べて動脈硬化が進んでいるという研究データもあります1)ストレッチをすることで実は、筋肉だけでなく血管の柔軟性も高められます。なぜなら、血管は筋肉の中を通っており、筋肉を伸ばすことによって血管も一緒に伸ばせるからです。動脈硬化の予防の一環として、ストレッチで血管も身体もしなやかなさを養っていきましょう。 

1)https://www.physiology.org/doi/pdf/10.1152/ajpheart.00061.2009

 

 

ストレッチがもたらすメリットの3つめ

③【コリや痛みがなくなる】 

筋肉の柔軟性が低下しているということは、筋肉の長さが短くなっているという意味でもあります。筋肉が短くなるとその緊張度は増していきます。すると、血液の循環も悪くなり、コリや痛みの物質が蓄積していきます。ストレッチをすることでコリや痛みの根本原因である筋肉の緊張を解消することができます

 

いかがでしたでしょうか?

ここまでお読みいただいた方はきっと「じゃあどんなストレッチをしたらいいの?」と思ってくださるはずです。

そこで、今の時代、特におすすめしたい部位はです。

 

原因はもうおわかりいただけるかと思います。

そうです。スマホです。

スマホを持つ時の姿勢は首が前に垂れ下がり、首や肩の周りに悪影響を及ぼしています。

 

では、中でも2つ、特にオススメしたいストレッチをご紹介していきましょう。


1.僧帽筋

椅子に腰掛け、右手で椅子の縁をもち、左手を頭の横に
そのまま息を吐きながら左側に倒していきます。
肩周りがすっきりますよ♫
20秒×2セットを目安に

2.板状筋
同様に椅子に腰掛け両手を頭の後ろで組みます

おへそを覗き込むように頭を下に丸め込みます。
首の後ろに不快感を持ちやすい方にオススメです。
20秒×2セットを目安に


ストレッチを空き時間にちょっとずつ行い、痛みや不快感に悩まされることがない、ストレスフリーな身体に仕上げていきましょう。



それではまた
ciao ソウダ



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Navigateでは、パーソナルトレーニング、グループトレーニングの新規ご予約、ご体験を受け付けております。

◉パーソナルトレーニングをご希望の方はホームページのコンタクト欄、またはお電話(097-510-5270)にて受け付けております。

◉グループトレーニングをご希望の方は下記の日程(募集枠)をご確認の上、お電話097-510-5270または、ホームページ下段のCONTACTよりお問い合わせください。
ウェブ予約も出来ます♫
→空き状況、こちらから確認できます。


ご興味ある方は、まず初めに、体験レッスンをオススメします。
こちらも上記日程で随時開催しております。

Navigate ソウダ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー