さーん♪【第9話】やわ肌戦隊 Negiranger R (2)「奥様は葱」 | ロボットなおたん

ロボットなおたん

天然系美少女ロボット『なおたん』と『ぽん博士』『かえぽ助手』のゆるゆるな日常。
Negiccoがモデルの空想小説です。

なおたん「かえぽかえぽー!今年初めての「ねぎれんじゃ」だよー♪」

 

かえぽ助手「あら?今回からオープニング変わったのねえ。チョット大人っぽくなった?」

 

テレビ

 

影の声:某怪人との戦い。フィニッシュ技「午前0時のシンパシー」を決めるNegiranger。

 

某怪人「ぐわああああああ!!」

 

 どっかーーーーーん!!!

 

なおイエロー「よし!勝ったぁーーー!!」

 

かえピンク「3人寄ればー!?」

 

Negiranger「ネギの知恵だぜ!!

 

めぐブルー「今から帰ればヤノフェスのアーカイブ間に合うよ!」

 

なおイエロー「急いで帰らなきゃ!」

 

かえピンク「楽しみだねっ!」

 

影の声:それぞれのネギマシンに乗り込み、自宅に帰っていくNegiranger。その様子を木の影から覗いていた人(?)が居た。

 

テキトー怪人「フッフッフ。。よーし。帰っていったな!」

 

グータラ兵「グータラー!」

 

テキトー怪人「自宅に帰ったネギレンジャーならそんなに強くあるまい。そこを襲撃してやる!」

 

影の声:さらにその様子を別の木の影から見ていた3人の人物が姿を現す。

 

くまブラック「相変わらずヒキョーな男だな。テキトー怪人。自分は正々堂々と戦わないで影から覗いていたとはなあ!」

 

テキトー怪人「お前らだって影に隠れていたじゃねえか!!」

 

ゆっきーパープル「俺たちは裏方だからイイんだよ!」

 

テキトー怪人「じゃあなんで戦闘スーツ着ているんだよ!」

 

いしかわオレンジ「こ、これは。。チョット着てみたかったの♡」

 

テキトー怪人「そそ、そうですか、、似合ってますよ。。あ、いやいやこんなことしている場合では無い!俺たちが倒す相手はNegirangerの3人だ!、、サラバだっ!!」

 

くまブラック「あー!待て待て。バカだねえ。Negirangerはお家に帰ってからも強いんだよ!」

 

ゆっきーパープル「独身のお前なんかはイチコロだ」

 

テキトー怪人「なにぃ?、、どういう意味だっ!?」

 

いしかわオレンジ「Negirangerはお家に帰ると「ヒトヅマン」に変身するのよ!」

 

テキトー怪人「な!?、、なんだとーっ!?」

 

ゆっきーパープル「知らなかったのか?今月から正式に全員が既婚者だぞ。人妻だ。人妻!」

 

テキトー怪人「うおお、、いろんな意味で最強の響きを持つ単語だ。勝てる気がしねえ。。」

 

グータラ兵「グータラー。。」

 

影の声:ガックリと肩を落とし、スゴスゴと帰っていくテキトー怪人とグータラ兵のみなさんであった。

 

いしかわオレンジ「人妻ってすごい威力なんですねえ」

 

影の声:奥様戦隊となりさらにパワーアップしたNegirangerによって世界の平和は保たれた!。。次回「テキトー怪人の婚活」にレッツ!やわ肌!!

 

テレビ

 

なおたん「今回は大人の魅力たつぷりだったねー♪」

 

かえぽ助手「えーと、、どこが?」

 

 -END-

 

 

「Negicco」Kaede「先日、婚姻届を提出し受理されました」 周囲へ「感謝の気持ちでいっぱい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能