目からウロコの栄養学 続 | ~原点回帰~

~原点回帰~

いらない思考や思い込み、余計な執着を手放して 『原点回帰』 しませんか?


テーマ:

ほとんどの方が信じ込んでいる認識に『塩分の摂り過ぎは良くない』と言うのもあります。


結論から言って、それも間違いです!


摂りすぎると良くないのは、科学的に合成された『塩化ナトリウム』だったり、添加物を含んだ物だったり、鎌で煮詰めて高温で酵素やミネラルが破壊されてしまったものの事です。


海水を天日で干しただけの塩は、むしろ積極的に摂られる事をお勧めします。(ただし、どんなに体に良い物でも限度を超えると毒になりますよ)


人間の血液は、海水とほとんど同じ成分であって濃度が違うだけです。


そのため、大昔には『血液を抜いて、薄めた海水に入れ替えて様々な病気を治した』方もいらっしゃったと聞きます。


実際にうちの患者さんで、うちに来られる前は腎機能不全で入院されていた方がいらっしゃいます。


その方の腎機能は弱り果てていて、医者からは『残る手段は人工透析しかない』と言われました。


しかし、どうしても人工透析だけはしたくなかったらしくて、無理やり退院してうちに来られました。


医者からは『塩分は極力控えてください』と言われていたらしいですが、私は逆に毎日大量の塩水を飲むように勧めて、塩をいいのに変えてもらい、積極的に摂る様にしてもらいました。


そして、3カ月後の検診では腎機能が回復していた!と言って喜んで血液検査の紙を持ってきてくださりました。


それから約1年、今では『焼き肉屋で外食しても問題ない』とまで言われるくらいに正常値に戻っています。



現代人は、逆に『塩分不足』による疾患も増えている様に思います。


筋肉を動かすにも、神経伝達にも・・・体を機能させるには『ナトリウムイオン』が不可欠です。

そんな不可欠な物質を控えていれば、機能不全になるのも当然ですよね!


当院で、患者さんに勧めているのは『皇帝塩』という塩です。

色々と調べた結果、この皇帝塩が値段も安くて質もよさそうでした!

中国産ですが、信頼できると思いましたので(*^_^*)

(別に皇帝塩とは何の繋がりもないですし、宣伝費はいただいていませんよ(*^^)v)


たかが塩、されど塩・・・遥か昔は、『同量の金と交換された』ほどの価値のあるものだと言う事を思い出していただきたいです!

Akifumi Suzukiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ