特別性・・・

 

 

じゅんことひろきのACIM劇場 より

 

 

 

 

 

先日というか11月の学習者向けの勉強会は特別性についてやりました。

 

11月は、もう既に長く学ばれている方だったので、かなり密接に(笑)具体的に、一歩踏み込んだ内容で、シェアを交えてやってみました。

 

特別性に関しては、一度のセミナーで終わるような規模の内容ではありません。。。というようなことを(DVD学習『思考の逆転』の中で加藤さんが言っておられました...)

 

 

今回、私がシェアした内容は、

私が以前、自分にとってとても尊敬に値する人から、一時的に影響を受けたことがあったのですが、あることがきっかけで、とても苦手に感じてしまい、その時にその方を避けたことがあったのですが・・・

 

自分にとって大切な人

好感をもつ人

大好きな人・愛する人・家族

など、

 

自分にとって特別な関係には、

特別の憎悪がある訳ですが、

 

自分にとって特別なものとは、

分離を意味します。

 

 

 

※参考

愛の代替としての特別性(T24.I.)

 

 

 

そういう自分にとって良い影響を与えてくれる存在の人とギクシャクした経験は、皆さんはありますか?

 

私はそれまで、思い当たることがたくさんありました。

 

ですから、コースに出会って

赦しをコツコツしていく中で

テキストの中での特別性・兄弟についてのセクションでは、

やっぱり、そうだったのか~~~~~~~~~~~~~と。

もの凄く癒されることがありました。

 

自分に対して良い影響を与えてくれる相手に対して

最初は尊敬していたのですが、

 

それまでは、素晴らしい!

と思っていたのが

ある時から、相手を避けるようになったことがありました。

 

あれ?こういう人だったの?

信じられない。。。。

 

ですが、

(真の理由が私にはわからないでいました)

 

相手は英語圏の方だったので、

やりとりをしなければ、それっきりだったのですが・・・。

 

別のことで、赦しに取り組んでみることがあった時

何度もその人のことが浮かんできました。

 

これについての赦しについて話そうとした時に、

ちょうど勉強会に参加されたYさんが、

 

『テキストに、畏怖ってあって・・・』

 

と教えて下さって。

 

そこを後で探して

メール下さったので抜粋させていただきますね。

 

 

奇跡の念は啓示のみにとっておかれるべきである。

 

啓示に対してなら、それは完璧に正しくあてはまる。

 

奇跡に対してはふさわしくない。

 

なぜなら、畏怖の状態は崇拝的であり、より低い序列の者が自らの創造主の前に立つことを示唆しているからである。

 

あなたは完全無欠の被造物であり、完全無欠なるものを創造した創造主の臨在の前でのみ畏怖を経験すべきである。

 

したがって、奇跡とは、対等な者たちの間の愛のしるしである。

 

対等な者たちは互いに対して畏怖を感じるべきではない。

 

畏怖の念は対等でないことを示唆するからである。

 

・・・

 

※続きはこちらを

(T-1.Ⅱ.啓示、時間、奇跡 3:1-5)

 

この前の1もよくよく読んでみたら、

 

ただただ、圧巻。感無量です。

 

言葉もありません。でした。

 

God is です。

 

 

 

コースでは、ひとつになる つながる と言った表現をしている場合は、

上も下も右も左も、斜め...etc 等というものはなく

互いに対等な状態のことを言います。


 

互いに対等だということから

私は自分が自分の判断による見方で相手をみているな、と

気がついた時には

このコースの目的である、「心」に戻っていこうと、決めます。

 

どんな関係性においてもです。

 

そういうことに気がつく度に、

このコースでいうところの「真の心」に戻っていこうと決めます。

 

 

ですが、この時に、私たちが兄弟の何とつながっているか

という部分については、少しというか、かなり大きく誤解している部分がありました。

 

 

例えば、

コースでは兄弟の中に光を見るというような言葉や表現(象徴的な喩え)が出てきます。

 

それは文字通り、赦しをつうじて

相手の中に光をみるということでもありますが・・・

 

それは、兄弟の中にある〔心について〕信頼するという意味であって

決して、兄弟の自我とつながることではありません。

 

 

 

ワプニック先生の動画の解説に、このようにあります。。。

 

 

ワークブック・レッスン181では、

 

「私は、自分とひとつである兄弟たちを信頼する」

 

というのがありますが、

これは兄弟たちを信頼するの動画でもワプニック博士が引用解説されています。

 

コースを学ぶ人々の中で誤解されてきた箇所です。

とありました。

 

この動画の中では、

兄弟たちの何を信頼するのかというと

 

 

彼らが〔正しい心〕を持っているということについて信頼します。

 

これは、彼らの自我を信頼するということではありません。

 

 

テキスト第九章では、

 

あなたの兄弟の自我は常に間違っている。と、

述べています。

 

けれども、彼は神の子なので、

依然として正しい。

とも述べられています。

 

と。あります。

 

 

この、彼らの自我を信頼するということではありません

については、

別の方向から、解説されているQ&Aや動画もあります。

(これ以上、ご紹介すると、きりがないので終わりにしますが、)

 

わたしたちが兄弟の〔真の心〕を信頼しているのではなく

彼らの自我を信頼している

という時

 

このコースが教えていることは、

私たちがすること、は、

こうした自分で判断してしまったことに気がついて

聖霊に判断しなおしてもらう

ということです。

 

 

「聖霊はあなたが見ているすべてを解釈し直す」


 

 

こうした特別性、兄弟についての見方について

勉強会でシェアすることをつうじて

このコースの心に戻っていくことがありました。

 

 

今回、夏と秋と2回に渡り、勉強会に参加くださった

Yさんからの感想と、メッセージを掲載します。

 

 

 

 

じゅんこさん、

こんにちは。

.....

こちらこそ先日はありがとうございました!

何も考えず、奇跡講座のお話が出来て、

とっても楽しかったです(*^_^*)

 

そして、じゅんこさんのその後のお話も

聞かせてくださりありがとうございます。

 

奇跡講座の癒しはどこまでも優しく

どこまでも深いなぁ〜と…

メールを読みながらわたしの心にもあたたかいものが広がっていきました。

 

先日の勉強会でも、

このあたたかいものに胸が満たされていました。

 

ブログにあげてくださっていた紅葉の庭園のように、自然で穏やかであたたかな時間でした。

 

前回の7月の勉強会では、あの夏の日差しのように

わたし自身もなんだかじりじりと熱かった(笑)ような気がします

 

勉強会前後で、コースの学習熱もいつもより高くなりましたし。

 

あの時のわたしは先日お話したように、赦しの真っ最中だったので、それも必要なプロセスだったのだと思います。

 

その赦しの後に訪れた心の穏やかさ(奇跡)が今でも優しく心の中に広がっているような感覚がしています。

 

もちろん今も毎日様々な場面で気づきと赦しの実践の積み重ねですが、その穏やかさに支えられているような感覚というか、、この穏やかさはきっと神の愛なのだろうなと今書いていて思いました。

 

兄弟のテキスト、ありがとうございます。

 

じゅんこさんが言われた状況とてもよく分かります。

 

兄弟を自我と同一視している時は、本当にモヤモヤ〜とします。

 

そこにハッと気づける時と、まだまだ気づくのに時間がかかる時があります。(気づかないままの時もいっぱいあるのでしょうね…)

 

じゅんこさんのブログのワークブックの言葉

 

何度も読みました

(読んでるだけで心が澄んでいきます)

 

「聖霊はあなたが見ているすべてを解釈し直す」

 

そうしたら、解釈し直す機会を聖霊が与えてくれました^_^

わたしも嬉しくて嬉しくて…というようなことが、ありました。

速攻です(笑)

 

じゅんこさん、

わたしもありがとうございます(*^_^*)

 

本当にわたしたち(そしてすべての人たちは)ひとつながりですね(*^_^*)

 

 

あと、先日見つからなかった「畏怖」の記載についてですが、こちらでした。

 

 

畏怖の念は啓示のみにとっておかれるべきである。

 

啓示に対してなら、それは完璧に正しく当てはまる。

 

奇跡に対してはふさわしくない。

 

なぜなら、・・・

 

(テキスト第1章・Ⅱ・3)

 

 

長々となってしまいましたが、

またお話し出来る機会を楽しみにしています^_^

 

愛と感謝をこめて

Yさん

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

Amen

じゅんこ

 

 


 

 

 

コースには、もう一つの学び方がある!

 

  次回の受付スケジュール  
-----------------------------------------------------★

 

コース入門と真の赦しの実践!(個人学習)
【 ウェブ学習4ヶ月コース 】 初学者大歓迎!

2月生!受付中!虹

 

 

『奇跡講座』のリアル勉強会!in 豊島園 
【 各クラス毎の勉強会 】リクエスト受付中!虹

2019年より受付方法クラス毎の参加条件が新しくなりました。NEW

 

 

 

 

『 奇跡講座 』 学習者向け情報 本

『 奇跡講座 』 の 電子版がついに発売されました!!
 
クラッカーJACIMフォーラムが出来ました!ぜひ登録して参加ください。音譜
 

 『 奇跡講座 』 が上巻&下巻の2冊になりました!

『 奇跡講座 』上巻 (テキスト) JACIMBooks ビックリマーク

『 奇跡講座 』下巻(ワークブック&マニュアル)JACIMBooks ビックリマーク
 中央アート出版

 

『奇跡講座』とは?理論とその全体像を学んでいくには...

 

★『 原因についてのコース 』 ~奇跡講座の概論 DVD講義

(小冊子で更に深く!)

 

★『奇跡講座』の真の赦しの実践

思考の逆転 』~奇跡講座の赦しのプロセス DVD講義

小冊子で更に深く!

 

 

★『奇跡講座』が面白くなるコミック『この宇宙は夢なんだ』発売中!

 

 

 

  

 

『奇跡講座』の勉強会について

勉強会は個人学習がある程度、進んでいる方のみお受けしています。

 

勉強会は参加する方全員が↓条件↓に満たしている場合のみ開催となります。

 

勉強会に参加される方は中央アート出版の

『奇跡講座』のテキスト、ワークブック、マニュアルを自習し、ご準備ください。

特にテキストの読み込みは重要です。

そしてテキストを自力で読み進めていくようになってきたらば

出来るだけ早い段階でワークブックも自習しましょう。

(ですが!コースの学びはゆっくりコツコツ、時間をかけて行うことが最も理想的です。)
コースは独習が基本です!

まずは一人でじっくり取り組んでみることから!

 


 

★ ACIM学習者は「奇跡講座を学び実践する へ 

 

 

 

 

*******************************************************
【 問い合わせ先 】オフィス受付: メールと電話で受付中
ハーモニック内 / 電話:03-5947-4441呼出(月~金10-18時)
*******************************************************

 

奇跡講座 JACIM ア・コース・イン・ミラクルズ日本語学習支援サイト  JACIM別館