健康と医療ランキング

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキングバナーをクリックしてね

 

脚が右大腿付け根付近が痛くて県内の大きな総合病院で診断したら変形性股関節症で、右股関節の軟骨の摩耗が原因と診断

人工股関節置換術により人工股関節に交換

手術後病院で約一年間の歩行訓練のリハビリを続け、ようやくどうにか歩けるまでに回復したものの、右脚の痛みは何も変わらないという70代女性

病院で再検査するも交換している股関節は何も問題ありませんとの事で、それ以上診てくれないという

そんな馬鹿な?と思いますが、右脚が痛くてずっと我慢されているとの事で来院されました

 

右足付け根の痛みの原因は大腿直筋の萎縮でした

指で触れるだけで左大腿との違いは明らかに分かります

これだけ萎縮していると歩行時に痛みが出る筈です

萎縮はかなり酷いので十分に和らげる事は出来ませんでしたが、それでも表面付近は随分柔らかく変化しました

施術後歩いてもらうと・・・

『全く痛くありません、不思議です』との事

人工股関節の手術前の状態を診ていないので明らかな事は言えませんが、手術前の痛みが同じようなものだとすれば右足付け根の痛みは股関節軟骨の摩耗とは何も関係がなかったのかも知れません

 

『神の手』HPへ

長引く不調やカラダの痛みでお困りの方は是非ご相談下さい。

ご新規様は初回は無料です。