翌骨盤矯正を行った数時間後から

右股関節がずっと調子悪いです

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキング

 

骨盤矯正を行ったその日から右股関節が調子悪い状態がずっと続いているという。

 

※先ずはどのような状態なのかお話を聴いてみましょう。

 

 

一度調子が悪くなると歩くのも辛いくらいの痛みが続き、現在直立状態ではその付近に常時違和感があるという。

 

直立状態で膝を持ち上げて外側に開くと痛みが出ます。

 

仰向け状態で簡単に股関節を動かしてみると、問題のない左股関節の動きと比べ若干右股関節の開き方が悪くて、鼠径部の外側が突っ張る感じです。

 

しかし原因は突っ張っていると思われる大腿直筋の付け根付近だけではありませんでした。

 

大腿直筋の付け根の萎縮を修正して行くと、新たにその内部奥の方に残っている痛みが気になるようになりました。

 

その部分は骨盤の腸恥隆起の下側の骨の裏側という。

 

恐らく骨盤矯正をおこなった際に外部からの無理なチカラで矯正したために、本人にとっては今まで骨盤が歪んでいた状態が正常であったものが無理に矯正されて骨盤に関わっている大腿直筋の付け根やその奥の筋肉が無理に動かされたまま元に戻れなくなってしまっていると思われます。

 

その為に痛みがなくなるまでの施術はかなり時間が掛かってしまいました。

 

問題が残っている場所が腸恥隆起の裏側という事もあり、中々おこない難いトコロ。

 

それでも少しずつは痛みが和らいで行きました。

 

骨盤矯正後ずっと調子が悪かった右股関節がどう改善されたかは次回のブログで・・・

 

是非ご期待下さい。

 

どくしゃになってね…
 
ご訪問頂き有難う御座いました
各ブログランキングに参加しています。
パソコンのCtrlキーを押しながらクリックするとリンク先へ飛ばされませんので…
ポチッ、ポチッでOK!です
ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもポチッと頂けると更に嬉しいです。

 ダウン ダウン ダウン 


健康と医療ランキング

 

自然形体療法『神の手』HPへ