腕立て伏せを200回ずつ

2日続連続で行った後に肩が痛い・・

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

人気ブログランキング

 

腕立て伏せを200回ずつ2日連続で行った後に右肩がずっと痛いという中学男子。

 

※どのような症状なのか診てみましょう。

まず横から上に上げる動作で、最初から肩関節と肩甲骨が連動して動いて肩甲骨が引っ張られて付いて動いています。

 
そして右側の首の付け根も一緒に上がるために、右腕の可動を阻害してしまっています。
 
何も痛みのない左腕を上げた時の肩周辺の動きと異なるのは一目瞭然です。
 
この動きは俗にいう五十肩の動きと同じような動きで、明らかに腕の三角筋周辺の硬直が考えられますが、右腕を背中に廻した時の可動も左腕と比べると明らかに悪くて、腕立て伏せで痛めた以前から問題があったと思われます。
 
取り合えず様々な筋肉を硬直から解放して行きます。
 
一般の中高年の五十肩と異なり、硬している筋肉は見る見る解放されて行き、肩関節がスムーズに動くように変化して行きます。
 
そして可動域もかなり広がりました。
 
私自身はこれで痛みが消えたのではないかと思いますが、結果はどう改善出来たのでしょうか?
 
続きは明日のブログで・・・
 
どくしゃになってね…
 
ご訪問頂き有難う御座いました
各ブログランキングに参加しています。
パソコンのCtrlキーを押しながらクリックするとリンク先へ飛ばされませんので…
ポチッ、ポチッでOK!です
ダウン ダウン ダウン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらもポチッと頂けると更に嬉しいです。

 ダウン ダウン ダウン 


健康と医療ランキング