忘備録(長文です)

テーマ:

4~5年前に主人の左手中指付け根にポコッとこぶらしきもができました。

ある日突然に。

原因ははっきりわかりません。

心当たりがあるといえば腰を痛めたのをきっかけに

末端冷え性がひどくなったことくらい。

 

この時点で特に病院へは行かず健康診断の問診や

風邪などで内科へ行ったときにそれとなく医師には相談していたけど

痛みもなく血液検査でも問題は無く

健康診断の問診時に

 ・静脈瘤の可能性あり

 ・痛みが出たり急激に大きくなるようであれば病院へ行くように

とのことでした。

 

H30.5月末の金曜日に突然痛み出した。

翌土曜日に病院に行こうとするも何科??

隣の駅に菓子静脈瘤専門医があるので

行ってみるも下肢専門なので無理。

近くの医大病院に行くも救急対応で手がいっぱいで無理。

もう一つ先の駅の総合病院へ行き受付で

症状を言うとたまたま血管外科の先生がいらっしゃる日で

見てもらえることになりました。

その時点でレントゲン技師等不在な時間だったので

簡易エコーで見てもらうと静脈瘤ではなく動脈瘤かもしれない。

上肢静脈瘤自体まれなケースでその医師自体も初めて見たようだ。

指の手術は非常に難しく執刀できる医師も少ないが

改めて詳しくレントゲン等検査が必要とのこと。

 

仕事の都合などで詳しい検査は2週間後となった。

検査の結果、血管外科では対応できず整形外科の先生に

見てもらうようにと勧められ、週明けの月曜日に

医大の整形外科の先生が来る日時に予約を入れてもらった。

 

月曜日。

静脈瘤でもなく動脈瘤でもなく腫瘍だと判明。

腫瘍が血管や神経にどう触れているかなど開けてみないと

わからないとのこと。

翌週の木曜日に手術が決定。

 

そして手術の週の月曜日!

大阪北部地震発生。我が家は震度6弱。

余震の心配もあり手術を延期する話も

病院から来たのですがどうしても仕事の都合がつかず

予定通り手術を迎えました。

パチンコ玉くらいの大きさの腫瘍を摘出。

先生の予想よりも大きかったようです。

血管が枝分かれし、腫瘍に血が流れるようになっていたので

少し血管を切ったのと腫瘍が大きくなり神経に触って痛かったのではとのこと。

腫瘍の卵ちゃんも2つほどあったらしくレーザーで焼きましたとのことでした。

 

上肢静脈瘤はレアケースらしく私も主人も

かなり不安になりました。

参考になるかどうかわからないけれど

自分の忘備録として書いてみました。

今回担当していただいた医師は整形外科にいらっしゃる医師でしたが

専門は手の外科だったようです。