トンボ続出

テーマ:

昨日に続き、朝、甲山の湿原に行き、クロスジギンヤンマ、

シオカラトンボが確認できた。

ギンヤンマは、なかなか止まることも無いし、早いので

写真に収めるのは至難の業だ。
ホソミオツネントンボは数センチの距離で撮影できるが

ホソミイトトンボは、オツネンより敏感のようだ、

チャンスはあったがそんな時に限ってピントが合わなく

焦って逃がしてしまう。

  

ハラビロトンボ

 

西宮の植物を纏めているという方に出会った、

イグサの撮影をされていた、

この近辺の外来種の植物を教えていただいた、

写真の黄色い花も北アメリカの食虫植物だそうだ。
ブラックバスといい、いったい誰が何の為に。

  
タヌキモ

 

明日は朝から大阪に打ち合わせに行くので、

甲山通いはお預けです、天気も悪くなりそうですが。

AD

ハラビロトンボ

テーマ:

朝、甲山の湿原に行った、先日は結構な雨が降ったので

湿原もいい感じに潤い、トンボの羽化が見られた。
写真のハラビロトンボは、羽化に失敗したようで羽がくっついて

離れないようだ、かわいそうだが飛べないまま一生を終わること

になるだろう。抜け殻から離れていたので、一度落ちたのだろうか?


ちなみに、タイガースカラーはメスです。オスは紺色。

 

ハラビロトンボ1

 

湿原には多数のヤゴがいるのが見えるので

これからどんどん羽化が見られる。
天気のいい朝に、いい空気を吸うと仕事も捗り、充実した気になる。

これからも出来る限り、朝の写真撮影を続けて行きたいと思う

朝は、水玉キラキラの写真も撮り易いし。
 
トンボ羽化

サンショウウオの幼生

テーマ:

夕方に、甲山に散歩に出かけた、

湿地では、サンショウウオの幼体が多数みられた。
私は昨年までサンショウウオを家で孵して育てているが

ほとんどは共食いしてしまう、ここの狭い環境でもそうなる

であろう、今まで、毎年卵塊、幼生は毎年みているが、成体は

見たことが無い。
昨年孵った、成体?が今家に2匹残っているが、2匹のサイズは

違うし、そのサイズが天然ではどうなのか知りたいところである。
 

サンショウウオ幼生

 

木によく付いている貝殻のような抜け殻は、

イラガの仲間の繭であるが、中から出ているところは

見たことが無かった。
写真のものは、この繭を作った虫なのか?

それともお客さんなのか?
 

カイガラムシ