笑って乗り切る婚活塾 <エミとナナコの婚活日誌 第3話> | 笑って乗り切る婚活塾

笑って乗り切る婚活塾

奈良の結婚相談所カウンセラーによる、若い男女のための、素敵なパートナーを掴むコツ

<3>お見合いでも自然な会話を楽しむこと

 

ダイゴロー先生

どうした、エミちゃんはてなマーク 落ち込んでいるようだけど。今日のお見合いもうまくいかなかったのかな!?

 

エミ

あのー、もうちょっとデリカシーのある言い方をしてくれるとありがたいんですけど・・・むかっ

ええ、そうです。うまくいかなかったんですあせる

 

ダイゴロー先生

ま、婚活なんてそんなもんだ。

簡単に決まるぐらいだったらその前に結婚できてるんだろうからな。

で、どうだったんだ?

 

エミ

相手からお断りがありましたえーん

 

ダイゴロー先生

そうか、それは残念だったね。どういう相手だったのかなはてなマーク

 

エミ

今回も見た目はそこそこ良かったんです。

年は私の2つ上。

最初の挨拶の時も、元気よく笑顔で挨拶してくれて、感じの良い人だなあって思っていたんですよラブ

営業マンって言ってたけど、確かに話し上手だし、私の靴とか鞄とかさりげなく褒めてくれて、私も「もしかして運命の出会い恋の矢」なんて勝手に思い込んでいたんだけどね。

 

ダイゴロー先生

そこまで印象良かったのに何でダメだったの!?

 

エミ

カレのプロフィールの趣味の欄に「野球観戦」って書いてあったのを思い出して

「野球観るの好きなんですね。どこのファンですか?」って聞いたんですよ。そしたら「阪神ファンです」って言ったのよ!

 

ダイゴロー先生

もしかして阪神ファンがダメだったの??

 

エミ

私、生まれてからずーっと巨人ファンラブラブ

巨人一筋で28年間生きてきました!!

でも、私は別に相手が巨人以外の球団を応援しても別に許せるんです。

だって自由ですからね。

 

ダイゴロー先生

それはそうだよね。だったら何で?

 

エミ

でもね、カレがその後に言った言葉が原因なんです。

「アンチ巨人なんですよ」、だって。ひどいでしょ。プンプン

別に嫌いな球団なんか聞いていないんだから、「どこどこの球団が好き」っていうだけで良いじゃないですか。

それを「アンチ巨人ファンです」ってあえて言ったんですよ。

明らかに性格ひねくれていますよねムカムカ

 

ダイゴロー先生

ひねくれてるってねえ・・・。好みの問題だから別に良いんじゃないの??

 

エミ

小学校の時、同級生にタケヒロっていう、ひねくれている男の子がいて、そいつがアンチ巨人ファンだったんですよ。ものすごく嫌なやつでね。私が巨人ファンだっていうだけで、いじめてきたんですよプンプン

 

それから何年かして、付き合った彼もアンチ巨人ファンだった。普段は仲良かったのに、野球の話になるといつも喧嘩していたんです。

 

そんなことがあったから、「アンチ巨人ファンです」って言われた瞬間、その二人のことを思い出しちゃって。そしたら目の前のお見合いしているカレのことが、その男と重なってきたんです。

 

ダイゴロー先生

昔、付き合ってた彼とダブっちゃったのか・・・タラー

 

エミ

だったらまだ良かったんですが、なぜか小学校の時にいじめられていたタケヒロと重なって・・・。雰囲気が似ていたんですよ。もう、そっくり。

 

だから、私の頭の中はもう大変です!!

以下、私の頭の中ですもやもや

『もしかしてタケヒロじゃないよね・・・????

あ、この人の名前、タケシさんか。名前も似てるけど違うんだよね。

でも、似てる・・・。あの時のタケヒロが20歳年取ったら、こんな感じになるよな。

この人、偽名使ってないよね・・・。そんなことないか。意味ないもんね。

ああ、本当にタケヒロに見えてきた・・・滝汗

って感じでした。

 

ダイゴロー

・・・大変だったねタラー

 

エミ

大変だったっていうのもおかしいけど、そんな感じで、後半何を話したか覚えていないんです。おそらく会話は盛り上がっていなかったんでしょうね。

案の定Noの回答が来たって訳なんですえーん

 

ダイゴロー先生

なるほどね。それはそれは、お疲れさまでした。

 

エミ

ホント、疲れただけですよ汗

 

ダイゴロー先生

まあそうだろうね。

今回のお見合いは、カレ・・・タケシさんだっけね、タケシさんが先に断ってきたけど、エミちゃんはどうしようと考えていたのかなはてなマーク

 

エミ

そこなんですよね。カレ自身のことはものすごく良いなって思っていた。こんな人と結婚できたら幸せになるなあってイメージが出来ていたんですよ。アンチ巨人ファンっていうのは気になるけど。

でも、自分をいじめていたタケヒロに似てるって考えただけで取り乱すぐらいになったことを考えると『自分とは合わない人なのかなあ』とも思っていたんです。

だから、今回は『相手の返事を待ってから決めていこう、私の取り乱していた様子を見ていてもOKという人だったら、きっと大丈夫だ』って考えていたんです!!

 

ダイゴロー先生

そうか、そうしたらタケシさんに断られったってわけだね。

でもタケシさん年齢が2つ上なんでしょ。普通に考えれば同級生とは違うよね。

 

エミ

そう、何であんな感じになっちゃったか自分でもわからないんですよ。

期待以上に良い人だった。今回は上手くいきそうだ!運命の出会いだって思っていたけど、アンチ巨人ファンって言葉で、過去の嫌な経験を思い出してしまって・・・。ショボーン

多分、せっかく良い人と出会えたんで、前に付き合っていた彼と同じ失敗したくないって気持ちが強く出てしまったかも知れないです。

 

それで前の彼氏だけでなく、タケヒロのことを思い出しちゃって。ショボーン

そしたら「似てるなあ・・・」って思ってから、頭が真っ白になっちゃったんですガーン

 

ダイゴロー先生

そうだったんだね。

せっかく、野球観戦という共感できそうな話題があったのに、かえって変なことになっちゃったんだな。

話を聞く限り、初めのうちは相手の感じの良さに圧倒されていた感じがするけど、会話は楽しめていたのかな!?

 

エミ

うーん、会話を楽しんでいたのかなあ?

どちらかと言うと舞い上がってしまった気がするな。

 

ダイゴロー先生

そうだろうね。完全に相手に引き込まれていった感じだね。お見合いは短い時間に、交際したい相手かどうかを判断していかないといけない。

そして同時に会話を楽しみながら、相性が良い人かどうかも見極めていく必要がある。

舞い上がる気持ちも分かるんだけど、それだと相性が良いかどうかわからない。

楽しみながら会話をすることで、お互いの相性がわかるし、次につながりやすくなるんだ!!

 

エミ

そうかあ、もうちょっと会話を楽しんで、自分らしさを出すべきだったのね。

会話を自然に楽しめれば、あんな風に舞い上がることもなかったかもしれなかったかも。

 

ダイゴロー先生

そうだね。自然な会話の流れを意識することが大切なんだよ。普段お友だちと話すような自然な会話ができればベストだよね。お見合いって緊張するので難しい場合もあるけど、まずは意識することから始めてみてのが良いね!!

 

<解説>

お見合いの場ってドキドキします。

特にプロフィールで「この人いいなあ」と思った人だと、会う前から期待が膨らんできます。ドキドキ

そして実際に会ってみて期待以上の人だったとすると、更にドキドキが増しますラブラブラブラブラブラブ

 

そのこと自体は悪いことではありませんし、直しづらいことでしょう。

でも、そういった状況でも自然な会話の流れを意識することです。

緊張してしまってうまく話せないとなると、相性が良いかどうか判断しづらくなり、お見合いの次のステージに進みづらくなります。

難しく考える必要はありません。会話を楽しんでみる、それを意識してみてください。