ひとり鍋を楽しむ | ひまし油湿布・オイルマッサージ療法・栄養療法・カウンセリング|40代からのインナービューティ
新型コロナウイルスに関する情報について

ひまし油湿布・オイルマッサージ療法・栄養療法・カウンセリング|40代からのインナービューティ

薬に頼りたくないナチュラル志向の女性のためのひまし油湿布や食事療法、栄養療法、神経系も調整するオイルマッサージ、心地よく体をゆるめるボディワーク、今世での自分を活かす為のカウンセリングなどをとりいれた女性専門ナチュラルケアセラピールーム♡

忙しくがんばる女子のみなさま、こんにちは☆

インナービューティーアドバイザーの石河里絵子です。

 

私は季節に関係なく、冬でもローフードを果物やサラダで食べるのですが、寒~い日はもちろんあったかい食べ物もいただきたくなります。

身体が欲っするものを摂るのも大切なので、蒸し野菜や鍋などにして温野菜をいただきます。

 

お正月にはお雑煮も楽しみましたが、その時に購入したお餅の残りを

ひとり鍋を作った時に使ったりもしています。

 

お餅は食べ過ぎないように注意したい食べ物ですが、美味しくてつい食べ過ぎてしまいますよね。

でも、こういったしゃぶしゃぶ用として販売されている薄~いお餅にすると、食べ過ぎを回避することができます。

 

私は、昨年出張で出雲にご縁を頂いてから島根の製品を選ぶ機会が自然と増えて、去年と今年はこの有機の玄米餅を購入していましたが、白米のお餅以上に美味しいですよ。

 

 

にんじんや大根、セリ、或いはかぶ、こんにゃくなどの野菜の鍋に、ご飯を頂くのではなく、玄米餅を入れて頂いたりするのですが、いつものサラダの時同様、食材の種類を多くし過ぎないようにし、できるだけ消化に負担をかけ過ぎないようにしています。

季節の野菜を選んだり、その時その時好きな食材で楽しめば良いと思いますが、あまり胃腸に負担をかけ過ぎない種類と量にしたいですね。

 

前回の記事で保存食について触れましたが、お餅も保存食になります。

ただ、できれば有機栽培の玄米など、栄養が少しでもあるものがより良いかと思います。

 

こちらのお餅「いずも美人」では、丸餅や通常の切り餅など種類がいろいろあるようですが、ダイエットなどにも気を配っている忙しい女子には、写真のような薄型お餅がちょうど良いのでは☆

 

これなら、トースターで焼かなくても、お鍋がある程度煮込まれた後、最後にそのままお餅を投入してしばらく置いておけば、ちょうど良い感じで食べられます。

あっという間にできる、簡単ベジ食ですね。

 

コロナ対策としてもひとり鍋はちょうど良い食べ方となるかと思います。

家族がいても、一人ずつ小さめの土鍋でひとり鍋にして楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 ------------------------------------------------ 

Shin 身Shin 食Shoku 3Sからのアプローチ 

Inner Beauty Labo Natural Feeling 

http://naturalfeeling.jp