古川コーチ 「言われること」と「見えていること」のギャップ | 京都・奈良│形を教えないテニスコーチのプライベートレッスン│関西・近畿

京都・奈良│形を教えないテニスコーチのプライベートレッスン│関西・近畿

身体本来の構造に合った動かし方で
プレーすることにより、

皆様の持つ本来のパフォーマンスを引き出す
レッスンをするテニスコーチのブログです。


テーマ:
PC表示でご覧になられるのをオススメします。
【設定方法】
 
【定員】6名
【参加費】平日¥2,000、土日祝・ナイター¥2,500
金曜日 19:30~21:10
→5月11日、25日
 
【定員】8
【参加費】¥3,240(連続受講¥5,400)
けいはんなプラザテニスコート
現在日程調整
【定員】8名
【参加費】¥8,000
けいはんなプラザテニスコート
日程調整中

 

【4/29~5/6空き状況】 どこでも出張いたします

5/13(日) ○12時~21時

5/14(月) ◯9時~12時

5/15(火) △ご予約に関しては要問合せ

5/16(水) ◯9時~12時
5/17(木) ◯9時~12時、18時~21時
5/18(金) ◯9時~12時、18時~21時

5/19(土) ×終日ご予約不可

5/20(日) ○9時~17時

 

こんにちは。

 

形を教えないテニスコーチの古川真澄です。

 

お陰様でGWも忙しくさせていただくことができました。

皆様いつもありがとうございます。

 

最近いらっしゃるお客様に多い悩みが

「アドバイスされる打ち方とコーチが実際にやっている打ち方が違う…」

→コーチの言っていることとやっていることが違う、ということです。

 

『横向きを作って、ラケットを引いて止まって打ちましょう』

テニススクールでよくあるアドバイスですが、
(僕は【お習い事フォーム】と呼んでいます。)

この動画を見る限り、そんなことはありません。

正確に言うと、そういうときもあるし、そうでないときもある、ということです。

 

いろいろな理由があるのですが、

自分の動きを理解していない方は

お習い事フォームのように教えられることが多いように思います。

 

お習い事フォームは大昔、ウッドラケット時代の名残です。

 

プレースタイルもラケットも進化した今、

このような打ち方は球出しでは可能ですが、

実践で可能かと言うと、そうではありません。

 

いまのフォームを言葉で端的にいうなら

「身体を捻って追いかけて戻す」

 

これだけだと思っています。

 

これを基本に、

「どの角度からお伝えすればより理解が深まるのか」

を課題に日々レッスンに向き合っています。

 

一般的な教え方はしていませんが、

かといって突拍子もないことを言ってもないと思います(笑)

 

少しでも皆様の悩みが少なくなるよう、

尽力できれば…

 

ブログランキングに参加してみました。

よろしければ1クリックお願いいたします。


テニスランキング

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あなたの動きを変えるプライベートレッスン
2時間12,000円~(コート代込)

※出張…片道30キロまで交通費無料(別途コート代)

形を教えないテニスコーチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス