ゆったリッチな毎日をつくる

ファイナンシャル・アドアイザー

福井あゆみです。




セミナーのときや

ファイナンシャルアドバイスを

継続されているお客さまから

たまに聞かれる質問です。

 

------------------------

 

「(お金の知識をつけるために)

おすすめの本はありますか?」

 

 ------------------------



今までは、こう答えていました。

 

 

「本屋さんに行って、お金関係のコーナーで

自分が読みやすそうなものを一冊えらび、

 

(図解入り、カラー、文字数が少ない

などは自分のお好みで)

 

その本の中で、興味のあった分野を

もう一冊、読みすすめてみてください^^」

 


 

これからは、



「まず、この一冊をどうぞ!」



とオススメしたい本が、こちら。

タイトルを見ると、

一瞬「え?」と思う方もいるかもしれません。


 


「働きたくないけどお金は欲しい」

著者:遠藤 洋氏

 

 

 

 

読む前は、



投資を前面に押し出して

それをすすめていく内容かな?

と思っていたのですが、



タイトルに反して

(著者の遠藤さん、すみません;)

中身は、とても充実していました!

いい意味で、裏切られましたよ。




「働く」とはどうゆうことなのか?

働かないでお金を得られるのか?

貯金がどうして日本を衰えさせるのか?

仮想通貨がどうして億り人をうみだすのか?

お金もちの方程式とは?



…etc




世の中の仕組み、お金の仕組みが

ぎゅっとつまった内容。


  

理論的なことが、分かりやすいことばと

やわらかい表現で書かれているので

読みやすいのですよね。




資産形成の図式には、

大きくうなずきました!



資産形成=(労働所得+不労所得)−支出+資産×○○○






数字に弱くって。

と言っている金融初心者にも、




投信もしてるし、株もしてる。

知識はある程度あるわ!

という人にも、オススメな一冊です




そして、日本では学ぶことのない

「金融」の分野を知るために

若い世代の人にも、

手に取ってほしいです^^