しつこい怒りはどうしてくるのか?【他者優先】【自己優先】というお話 | 赤ちゃんの声の通訳ベビーボイス®で親子の絆作りのヒント

赤ちゃんの声の通訳ベビーボイス®で親子の絆作りのヒント

子どもの泣き声や困った癖をどうしたらいいかわからない。一般的なアドバイスでは限界!と感じるお母さんへ。赤ちゃんの気持ちや本音を聞いてみませんか?本当の原因や理由や対処法も分かるので、子育てが確実に楽になります。

子育てが楽になる♪親子のお悩み解決のお手伝い!井上未也です。


「しつこい怒りはどうしてくるのか?」【他者優先】【自己優先】というお話です。

20150320

【他者優先】【自己優先】という言葉を比べた時に、勘違いする人も多いと思います。

私もその一人でした。






今回は「どうして怒りがこみあげてくるのか?」その解消法は?その考え方についてシェアです。




怒りがわくときの例

・自分の思うとおりにいかない

・人から制御(邪魔)されている感覚になってしまう

・やりたいことに集中できない




相手に怒りがわいてしまう方は

「そんなことを思ってはいけない」

「自分が我慢すればいいこと」

自分がどんな思いになっていても、自分の思いを殺して(否定して)・・・

人の願い、人が過ごしやすいように、相手に合わせていることが多い。



自分に制限をかけている(思ってはいけない、やってはいけないと暗示をかけている)ので、自分と同じようにできない人に怒りがわく。






その時に心の中で、

自分が何を感じたのかを受け止めない状態で、自分の何を感じたのかという思いを感じること(努力)をしないで・・・

実際の行動では、相手がやりたいと思うことに合わせる(自分の考えを味あう努力をしない)。





そういう行動を【他者優先】という。


【他者優先】とは、自分の感情、自分の考えを、自分で否定しているというもの。

【自己優先】ではないということ。







【他者優先】の方は、こんなことを相手に言ったり、悪く思うことになる。

・自分の思うとおりにいかないのは相手のせいだ

・相手になんだか操られているような感覚になってしまう

・やりたいことに集中できないのは相手のせいのように感じる


これは、相手の気持ち優先、相手の考えを優先していて、自分がいない状態だから。










では、【自己優先】とはなにか?






「そういうふうに思ってもいいこと(思ってしまっても仕方ないことと自覚する)」

「自分はそうしたくないと思ってもいい(したくないと思う気持ちになってもいい・我慢しなくてもいいと思っていい)という思う選択ができること」


自分がどんな思いになろうとも、自分の思いを認めて(肯定して)あげる。

自分の願い、自分が過ごしやすいように、自分に合わせる。



自分の思いを認めているので、相手に制限をかけなくて済むので、相手が同じようにできなくても怒りはわかない。(ということが起きる)








ただ、注意する点はこちら!



「やりたくない」を一旦そういう気持ちを認めたあと、今、大人の自分、現状の自分に聞きます。

「その気持ちはわかった。では、そのあと自分はどうしたいだろうか?」
ということを考える。

その時、実際に全てをストップするとか、辞めてしまうという事はできないなと思うはず。





ですから、ゆっくりでいい。

今まで長い年月をかけて、自分の思いを否定し続けていたのですから、その分の年月をかけるつもりで、少しずつ、自分のペースで不要な思いを手放していけばいいということです。











【他者優先】から【自己優先】に変わってくると

◎自分の今の気持ちを認める。

◎自分に寄り添う。

◎自分の今の感情を味わう。

ということができるようになる。


すると、その後に、

●他に良い方法はないか?

●今本当に必要なことはなにか?

●今後本当にしたいことはなにか?

が、みえてくるようになる。















【他者優先】=相手の価値観に合わせる

【自己優先】=自分の価値観を認める

自分の価値を認める【自己優先】は、決してわがままではありません。



【自己優先】にすることは、自分の思いを大切にし、自分の思いを認めることは、相手への怒りが減る。

今の自分をみつければ、相手に本当はどうしていけば、お互いにとって良い環境で過ごせるかの提示ができるようになる。





結果的に、人間関係がよいバランスになり、スムーズに変化していくというもの・・・です(^_^)v


















※このブログ記事の紹介・シェアなどは
許可なく行っていただいて大丈夫です。
その際にはリンクなど貼っていただけると嬉しいです。


<井上未也 プロフィール>

ナチュラルハッピーセラピー 代表/ベビーボイス®(赤ちゃんの声の通訳)開発者/ハートボイスセラピー(心の声の通訳)開発者/親子カウンセラー

2児の姉妹の母・アトピー・アレルギーっ子育児を経験し過去育児ノイローゼに。その大変さから、子育ては一人ではなく、たくさんの人との関わりが必要と気づく。現在は相談者「1040組」を超える子育てカウンセラー・セラピストとして、虐待を未然に防ぐ場所作りを広げる活動を行っている

井上未也プロフィール



<今までに体験されたお客様のお住まいの地域>

埼玉県・さいたま市・さいたま市南区・戸田市・川口市・蕨市・新座市・三郷市・東京都北区・足立区・豊島区・文京区・池袋・赤羽・板橋区・大山
千葉県千葉市・千葉市稲毛区・千葉市花見川区・飯倉市・八千代市・習志野市・新千葉・都賀・蘇我・新検見川
神奈川県・横浜市・栃木県・鳥取県・愛知県・愛媛県・宮城県・石川県