妊娠したら死にたくなった 16話

 
 漫画「妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜」16巻が先行配信されました。
 
 
 飛び降り自殺をしようとしたところ、夫からの電話で思いとどまることができたちなつさんですが。
 
 戻りたくなかった精神科閉鎖病棟に戻され、拘束されてしまいます。
 
 病棟では、人として扱われない日常が描かれています。
 
 病院によっても違うのかもしれませんが、看護師さんの対応がリアルに描かれています。
 
 
 漫画「妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜」は、作者 橘ちなつさんの実体験を描かれた漫画です。
 
 まんが王国で先行配信中です。
 
 
  1巻が無料で読めるので試してみてくださいね。
 
  
 
 私も、病弱教育巡回訪問指導員をしていたとき、精神科に訪問していたので、いろんなことをみてきました。
 
 知られていないことが、漫画で読めるというのはいいことだなあた思います。
 
 入院していた子たちは、途中で逃げました。
 
 今から思うと、逃げる方が正常なのかもしれません。
 
 ある医大の精神科では、精神科医が育たないと教授が話されていました。
 
 ある意味、精神的に正常ではやっていけないのかもしれません。
 
 
 誰の身にも起こるかもしれないことです。
 
 まじめな人ほど、いい人ほど。
 
 まじめに治療するから、どんどん薬に依存してしまいます。
 
 
 小児がんの子どもたちをみてきて、まじめに言われたとおりに治療していた子は、残念ながら亡くなっているんですよね。
 
 薬を捨てたり、担当医の言うことをきいていない子の方が寛解しています。
 
 あの当時は、私もわかっていなかったけど、理にかなっているんですよね。
 
 薬を捨てたり、薬を炭酸で飲んだり、毎日のように、ハンバーガーを食べているのを見て、
 
理解できないと思っていたけど。
 
 精神科病棟もこわいけど、小児科病棟もこわいこといっぱい見ました。
 
 授業中、主治医がやってきて、治療の承認のサインを、何の説明もなく、
 
子どもに「ここにサインして」と名前を書かせている。
 
 新しい治療や新しい薬、何の説明もなく、ゾッとしたのを覚えています。
 
 医師とのカンファレンスで、治療についてきくことも多かったですが、
 
こわいなあと思うことばかりでした。
 
 病院によっても違うので、病院選びも大事だなあと思いますね。
 
 精神病の場合、基準がないので、病院をかえると、医師によって診断が違うそうです。
 
 いくつかの病院で診断を受けてみた方がいいのかもしれません。
 
 
 漫画「妊娠したら死にたくなった」は、このあと、他の病院にうつられるのか?
 
続きが気になります。
 

 

  サイト内で「妊娠したら死にたくなった」と検索してください。

 

  すぐに読めますよ。

 

  第1話が無料で読めますよ。

 

  試してみてください。

 

 女性だけだけでなく、男性の読者もいます。

 

 夫の立場で、妊娠について考える人もいます。

 

関連記事