橋下徹さんが、テレビで治水行政について話されていました。

 

 初めて聞いたのですが、衝撃的な話でした。

 

 今回、多くの河川で越水、決壊しています。

 

 長野県の千曲川で、なぜ決壊したのか?検証されていました。

 

 堤防が決壊したのは、川幅が1km以上ある地点です。

 

 少し下流にいくと、川幅が200mぐらいなので、水が流れずに水がたまってしまって決壊したのではないかとみられているそうです。

 

 急に川幅が5分の1以下になれば、大雨になれば決壊してしまいます。

 

 それは、わざとしているということです。

 

 市街地の水害を防ぐために、越水や決壊するようにしているそうです。

 

 

 

 橋下さんといえば、元大阪府知事、元大阪市長。

 

 大阪で水害が起これば、都市機能の麻痺、経済的に大きな損害になります。

 

 大阪を流れる淀川を氾濫しないようにするために、どこが犠牲になるか?

 

 滋賀県だそうです。

 

 大阪で大雨が降れば、滋賀県も影響があるんですね。

 

 大阪では淀川ですが、京都では宇治川、滋賀県は瀬田川です。

 

 滋賀県内に降った雨は、琵琶湖に流れます。

 

 琵琶湖の水は、瀬田川から出ていくだけです。

 

 瀬田川の洗い堰で、水量が調節されているのですが、

 

橋下さんの話では、大阪のために瀬田川の洗い堰でせき止めるそうです。

 

 

 琵琶湖の水がいっぱいになれば、滋賀県内のすべての川の水が流れなくなって、氾濫するということ。

 

 琵琶湖周辺には、住宅もあります。

 

 とくに、堤防があるわけではありません。

 

 考えると、恐ろしいです。

 

 私の家も、琵琶湖から5kmぐらいのところですから、影響がないとは言えません。

 

 

 川の整備がすすめられていますが、市街地を守るために、氾濫しやすいところをつくっているというのは知りませんでした。

 

 市街地の上流で氾濫させたり、ダムを守るためにダムの下流で氾濫させるというのが、治水行政だそうです。

 

 

 そういうことを知って住んでいないと、災害時に避難できないから、情報開示が必要だと話されていました。

 

 宇治市で、水害が何度かあったような記憶があるんですが、大阪に入る前に氾濫しているのでしょうか?

 

 淀川は、桂川、宇治川、木津川が合流してます。

 

 京都の桂川もそうだと話されていました。

 

 奈良県から大阪へ流れている川もそうだと。

 

 

 今まで、上流の雨を気にしていたけど、大阪まで影響しているとは思いませんでした。

 

 たまたまテレビをつけたら話されていたのですが、大事な情報だと思いました。

 

 

 

 大変な大雨だったのに、東京では多摩川の氾濫があっただけで、都市部の治水はすごいなあと思っていたのですが、そういうこともあったんですね。

 

 地下にも貯水できるように工事がすすんでいるので、機能しているのですね。

 

 

 これで、東京とは大丈夫と思っていると、もっと大きな災害になるのかもしれません。

 

 明日、また雨が降るみたいなので、少しの雨でも大きな災害が起こるかもしれないので、警戒心は必要だと思います。

 

 

 

 

 

 なちゅらるばらんすHPへ

 

 

追記

 
 台風19号で、箱根は記録的な大雨でした。
 
 48時間で、1,000ミリを超えました。
 
 台風がくる2日前から、芦ノ湖では、水の放流を開始したそうです。
 
 それでも、想定以上の降雨で芦ノ湖はあふれたそうです。
 
 
 ダムの緊急放流がされました。
 
 西日本豪雨の教訓で、事前に放流するように決められていたそうですが、事前に放流していたところはなく、深夜の緊急放流になったそうです。
 
 緊急放流で、被害はなかったそうですが、西日本豪雨と違い、台風は予報がでているので、ちゃんとやってほしいですよね。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日の台風がウソのように、今日は台風一過の晴天です!

 

 

 台風15号のときも思いましたが、大きな災害が起きているだろうに、静かすぎると思いました。

 

 今回は、NHKも台風関連の番組をしていましたが、ずっと同じような情報だけでした。

 

 静かすぎて不気味だなあと感じました。

 

 

 朝になって、いろんな被害の状況が報道されるようになりました。

 

 朝になって、朝日テレビのサンデーLIVE!を見ていました。

 

 他の番組は通常通りで、台風関連の番組はなかったので。

 

 アナウンサーの方は、切迫した感じで被害状況を報道されていました。

 

 でも、東山紀之さんは何も話さず、能面をかぶっているかのような無表情で立っているだけで、違和感がありました。

 

 昨夜の報道番組を見ても、今朝の番組を見ていても、少し台風関連のニュースが多いぐらいで、あんまりやらないんだなあと思って見ていました。

 

 台風19号が来る前の報道は、千葉県が大変だ!というものばかりで、風対策中心に報道されていました。

 

 千葉県は、台風15号の教訓も生かして、万全の対策をされていたようです。

 

 避難者もすくなかったので、避難所までバスを出したり、声をかけ合って避難をすすめているようすも報道されていました。

 

 

 台風19号は、風のことも言われていましたが、大雨で多くの河川が氾濫するかもしれないとも言われていました。

 

 朝から、救助のようすをみていると、あれだけ川が氾濫すると言っていたのに、避難している人が少ないことに驚きました。

 

 被災した千葉県に、また台風!という報道ばかりだったので、千葉県だけが危ないかのようなかんじだったのかもしれません。

 

 警戒して対策をしていると、減災になったりします。

 

 台風の進路も少しズレましたし、勢力も少し言われていたよりも衰えています。

 

 台風15号のときは、コンパクトということで、そんなに警戒もされていませんでした。

 

 上陸前に、勢力が増しました。

 

 

 

 台風一過で晴天になりましたが、油断大敵です。

 

 最近では、大雨のあと晴れているのに土砂崩れが起こることもあります。

 

 西日本豪雨のときも、晴れているのに川が氾濫したということもありました。

 

 ホッとしたときに、災害が起こることもあるので注意が必要ですね。

 

 

 

 

 

 朝の報道番組では、コンクリートにも税金を、ダム建設を・・・とも言ってる人もいました。

 

 増税で、不平不満がたまると、自然災害も増えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕方予定されていたダム緊急放流が、22時からになったそうです。

 

 神奈川県相模原市の城山ダム。

 

 西日本豪雨のときもそうでしたが、深夜のダム放流はこわいですよね。

 

 西日本豪雨と違って、台風で、大雨予報もでていたので、台風が来る前に放流することできなかったのかなあと思ってしまいます。

 

 夜になって、関東のどの川も氾濫危険水位と言われているのに、いちばん川の水位が高いときに放流しなくても・・・と思ってしまいます。

 

 はやくから予報がでているのに、いちばん危険なときに放流しなくてもいいのにと思ってしまいます。

 

 台風がやってきたタイミングで、放流しなくてもいいのにと思ってしまいます。

 

 被害がないことを祈ります!

 

 

 

 

 台風19号は、暴風域が大きいと言われていました。

 

 暴風域の端にギリギリ入った感じでしたが、長かったです。

 

 ようやく抜けたけど、吹き返しの風がすごいです。

 

 暴風域に入っているときより、ひどいかもしれません。

 

 いつもと違って北風なので、ちょっとこわいです。

 

 

 

 千葉県は、台風に加えて、竜巻や地震もあったそうです。

 

 地盤がゆるんでいるときに、地震というのもこわいですね。

 

 地震のあとに、大雨。

 

 

 

 

追記

 
 午後10時からダム緊急放流と言われていたのに、30分はやく始まったそうです。
 
 1時間前には連絡すると言いながら、結局、30分前で。
 
 滋賀県も、けっこうダムがあるので、そういうのはきちんとしてほしいなあと思います。
 
 

 

 台風19号が、日本列島に接近中です。

 

 台風15号と違い、大型です。

 

 台風15号の教訓を生かし、千葉県では万全の対策がとられているそうです。

 

 暴風域が大きいので、長時間暴風が吹き荒れるそうです。

 

 関西でも、台風の進路からはずれましたが、暴風域に入りそうです。

 

 去年の台風21号に匹敵するかそれ以上だということなので、風対策は必要です。

 

 玄関の扉が割れそうだったのを思い出します。

 

 台風の進行方向の右側の方が、風も強くなるということなので、台風21号のときほどではないのかもしれませんが。

 

 油断大敵です!

 

 台風15号では、風による被害が大きかったので風対策中心に報道されています。

 

 今回は、風だけでなく、大雨、高潮、高波も被害が大きそうですね。

 

 狩野川台風に匹敵するぐらいの被害がでるかもしれないそうです。

 

 狩野川といえば、天城山から沼津市へ流れている川ですね。

 

 伊豆半島や富士山周辺で家を探しているのですが、柿田川周辺でも探していたことがあります。

 

 地元の不動産会社の方の話では、柿田川はきれいだと有名だけど、柿田川が流れる狩野川の水はきたないよって言ってたので記憶にあります。

 

 そんなに大きな川ではなかったと思うのですが、大きな被害がでたことがあったのですね。

 

 

 

 台風15号の被害で、千葉県ばかり報道されていますが、横浜市の高波の被害も大きかったそうです。

 

 今回は、大潮と重なるので、東京湾で大きな高潮、高波の被害がでるかも?とも言われています。

 

 それに加えて、大雨の予報もでています。

 

 千葉県では、万全の対策をとっていると言われているみたいですが、万全と思っていたら、想定外のところで被害がでるかもしれません。

 

 ずいぶん森田知事も批判されていたので、力を入れているようですが、挽回できるといいですね。

 

 

 

 台風15号でわかったことは、電話や携帯の連絡手段がたたれると、SOSを発することができません。

 

 SOSがなければ、何もなかったかのようになるのだなあということです。

 

 内閣改造の時期もあって、報道が内閣改造のことばかりでした。

 

 こんな被害が小さい台風だったかな?と思っていたら、数日経ってから被害がわかってきました。

 

 災害時は、通信手段がたたれることが多いです。

 

 当たり前だと思っている、通信手段や電気のありがたさがわかります。

 

 停電になると、水道も止まってしまったり、生活に大きな影響を与えるんだなあと思います。

 

 

 

 警戒していると、思ったより被害が少なくなることが多いです。

 

 千葉県ばかり報道されていますが、東京都など他の都道府県の対応は報道されていません。

 

 水に弱い東京都は、どんな対策がされているのでしょうか?

 

 災害は、急所をついてやってきます。

 

 

 

 同じような状況でも、流れてきた流木で、浸水をまぬがれた家もあります。

 

 自分自身の”気”をよくすることも、災害にあわないための対策です。

 

 不平や不満ばかりだと、災難が起こりやすいです。

 

 なくすためにはどうすればいいのか?

 

 不安、恐怖、心配事を吐き出すことです。

 

 台風対策も、安心を得るための1つです。

 

 

 

 

 

  なちゅらるばらんすHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜

 
 妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜17話が配信されました。
 
 作者 橘ちなつさんの実体験をもとに書かれたお話です。
 
 第17話では、
 
  精神科隔離病棟を退院したのですが、精神科隔離病棟に戻りたくないし、
 
 家族に迷惑をかけたくなくて自殺を決意します。
 
  近くのマンションから飛び降りようとしたとき、夫の電話で自殺をやめます。
 
  でも、精神科隔離病棟に再入院したちなつさん。
 
  再入院すると、再び体を拘束されます。
 
  看護師さんを呼んでも来てもらえず、人間として扱ってもらえません。
 
  医師に確認すると言って、来てくれなかった看護師さんに理由をたずねると、
 
 おおかみ少年だからと言われます。
 
 
  精神科隔離病棟での様子がリアルに描かれています。
 
 
 妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜は、まんが王国で読むことができます。
 
 
  サイト内で「妊娠したら死にたくなった」と検索してください。
 
  すぐに読めますよ。
 
  分冊版 1話が無料で読めます。
 
  まだの人は、試してみてください。
 
 
 
 

関連記事

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 10月1日から、保育料無償化がはじまります。

 

 このタイミングで、保育料を値上げするところがでてきているそうです。

 

 保育料無償化で、事務手続きなど大変になるからという理由があるそうです。

 

 それぐらいで変わるのか?って思ったりもしますが、けっこう大変なのかもしれません。

 

 高等学校の授業料無償化がありました。

 

 当時、新しく導入されたときは、ギリギリの決定で資料作成などの準備が大変だったのを思い出します。

 

 事務員さんもそうですが、当時、総務部で新入生のオリエンテーションを担当していたので、バタバタだったのを覚えています。

 

 世帯所得によって、無償化されたときは、

 

 申請の時期(4月〜6月)だけ事務員さんが1人増えてました。

 

 事務員さんの1人、新たに雇うわけですから、その分、人件費がかかるのも確かです。

 

 公立の高校だったので、そういうのは税金だったわけですが。

 

 高校ほど児童がいないから、いいのかもしれませんが、ギリギリの人数で経営されているところも多いと思うので、

 

ちょっとした事務作業かもしれませんが、大変なのもわかります。

 

 2020年4月からは、大学でも親の所得によって無償化がはじまります。

 

 所得によってということなので、手続きをする事務の方の負担は大きそうです。

 

 

 高校の無償化のときもそうでしたが、授業料がかからないからとりあえず高校に行くように言われて通う子たち。

 

 学校現場は、大変でした。

 

 導入直後、滋賀県では、留年しても県が授業料を保証したので、留年を繰り返す子たちが増え、辞めることもなく、学校に遊びにくる子も多くて1クラス45人学級もふつうになってしまったり。

 

 45人学級って、机がギリギリはいって、スペースもないし、教師も生徒も大変です。

 

 夏のクーラーのない教室の45人って、勉強できる環境ではないです。

 

 生徒に話を聞くと、高校進学するつもりはなかったけど、中学校の先生に、授業料がいらないんだからとりあえず進学するように言われて来たと言っていました。

 

 

 保育園等でも、これから保育園に通わせるつもりがなかった家庭でも、無償化で増えるのではないかと言われています。

 

 大学では、近年、進級できない生徒が増えて、大変だと言われています。

 

 来年度から、ますます大変かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 10月1日から、消費税の増税、水道の民営化、保育料の無償化など、いろんなことが変わります。

 

 テレビでは、韓国のことばかりやっていて、日本のことにはあまり触れずにきていたと思います。

 

 知らない間に、いろんなことがこっそり変わっていたりしますね。

 

 

 

 

 

 

 なちゅらるばらんすHP

 

 

 

 

追記

 
 政府のすすめるキャッシュレス化。
 
 9ヶ月間のポイント還元ですすめる方針です。
 
 消費税を還元することで、キャッシュレス社会にすること。
 
 助成金があるとはいえ、中小企業がシステムを導入すること。
 
 キャッシュレスによって、国が国民のお金の流れを把握できると言われています。
 
 今日から始まった消費税分のポイント還元。
 
 大企業は、キャッシュレス化は進んでいます。
 
 中小企業は、今回のポイント還元で設備投資をしています。
 
 期限内にシステム導入、申請をしているにも関わらず、お役所仕事が間に合わず、参加できていないお店も多数あるそうです。
 
 1週間前までは、間に合うと言われていたのに、2日ぐらい前にメールで間に合いませんでしたというお知らせがあっただけだそうです。
 
 投資だけさせて、いつから始められるかもわからない店舗もあるそうです。
 
 各店舗が、設備投資をすることが目的だから、そこは大事ではないのかもしれませんが、
 
準備が整わないまま、新制度が始まりました。
 
 システムの不具合も多いようです。
 
 朝から、テレビでは、ポイント還元がお得だと、おまつり騒ぎのような感じです。
 
 本当に還元されているのか、チェックも必要ですね。
 
 コンビニでは、レシートでわかりますが、それ以外は、レシートとカードの明細と比べないとわからないです。
 
 レシートも、レジの入力が間違っていれば、違った税率になってしまうこともありますから、これからいろいろとでてきそうです。
 
 
 

 

 

 

 

 増税直前になり、テレビでも買いだめの必要性や様子が報道されています。

 

 昨日、夜のスーパーに行くと、食料品もあまりありませんdした。

 

 食料品は、増税じゃないけど、お客さんが多かったのかもしれません。

 

 今日は、いつもよりはやく閉店すると書いていました。

 

 ネット通販の場合は、今日中に出荷できないとだめなので、即日発送してくれないとダメですよね。

 

 お店によっては、混乱を避けるためか、月末の出荷を取りやめているところもありますね。

 

 

 生活用品を大量に買っている人の様子が報道されていました。

 

 大家族だと、買いだめも必要かと思いますが、本当にお得なのかなあ?と思ってしまいます。

 

 値段は、お得感がないので、増税後の方がお徳なんじゃないかと思ってしまいます。

 

 増税後の方がお得なものも多いようです。

 

 でも、そういうものはあまり報道されていません。

 

 お店でも、増税されるものばかり表示しているので、消費者心理としては、ついつい買ってしまうのかもしれません。

 

 吉野家は、明日から10%割引をするそうですね。

 

 かけこみ需要が終われば、増税後のお得情報が流れるんでしょうね。

 

 

 私も、以前は、とりあえず使うかもしれないし買っておこう!という感じだったので、いろんなストックが多かったです。

 

 100均でも、必要なもの意外、興味がなくなりました。

 

 

 10月から値上がりするものも、多いみたいですね。

 

 火災保険なども、値上がりですね。

 

 風水害、地震が増え、保険料も上がっていきます。

 

 保険は、統計でできていると聞いたことがあります。

 

 車の保険も、事故の確率の多い車は、年々、保険料が上がり続けているそうです。

 

 車の事故のニュースを見ていると、ある車種が多かったりしますよね。

 

 総数も多いから、確率としてはどうなのかわかりませんが。

 

 

 

 

 10月から景気は、落ち込みそうですね。

 

 景気が悪くなると、また災害も増えますね。

 

 

 

 

 

 

  なちゅらるばらんすHPへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日、大阪の伊丹空港で、朝から大混乱。

 

 国土交通省のマニュアル通りの対応で、大混乱。

 

 マニュアル通りにしていれば大丈夫なのでしょうか?

 

 折りたたみ式ナイフを持ち込んだ男性がいるということで、発生から2時間半以上経ってからマニュアル通りに再検査を開始したそうです。

 

 6時50分頃に搭乗ゲートに向かった男性、2時間半以上経ってから、手荷物検査の再検査が始まったそうです。

 

 7時30分発の飛行機のチケットを持っていたそうですが、その飛行機は何のチェックもないまま、通常通りに出発。

 

 9時30分頃から、手荷物検査の再検査が始まったそうです。

 

 どう考えても、もういないのでは?と思うことですが、マニュアル通りに行われたそうです。

 

 もし、犯罪を起こそうとしている人だったら、事件が起きてしまっているんですよね。

 

 

 マニュアルも大事ですが、臨機応変さも必要なのではないでしょうか?

 

 運行が再開されたのは、13時過ぎだそうです。

 

 国土交通省の指示通りに動いたのでは?とも言われています。

 

 ラグビーのワールドカップ中で、警備強化中の出来事。

 

 これから、オリンピックもあり、こういうことが起こるのかもしれませんね。

 

 今回のことで、大難が起る前の小難で対応すれば、難なくいくのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 なちゅらるばらんすHPへ

 

 

 

追記

 
 ナイフを返した検査員の方のことも言われていますが、間違ったことでも堂々と言われるとそうなのかな?って思ってしまうものです。
 
 おどおどしていると、正しいことをしていても反論されたり。
 
 どちらも悪気があったわけではないかもしれません。
 
 小さなことが大事件になってしまったのですが、大事なことは、今回のことをどう生かせるか?が大事なんだと思います。
 
 テロなどの大難の前に、小難のうちにどう対応するかです。
 
 本来なら定刻通りに出発できなかった飛行機が定刻通りに出発し、関係のない飛行機が遅延や欠航に。
 
 たまたまなのかもしれませんが、スムーズにいく人といかない人の差はあります。
 
 
 自分の””って大事です。
 
 JRの人身事故等の遅延は多いです。
 
 私は、自分の””を変えてから、遅延にあまり巻き込まれなくなりました。
 
 たまたま運転取りやめの最後の列車に乗ることも多くて、巻き込まれませんでした。
 
 私の乗る駅で、折り返し運転になったり。
 
 運転再開の情報を聞いてから駅に向かったら、ちょうど列車がきて乗れたり。
 
 その列車のあと何時間も列車が来なくて、私だけ出勤できてるってこともありました。
 
 ””を変えるって難しそうですが、そうでもありません。
 
 自分の中にある不安、恐怖、心配事を吐き出すことです。
 
 弱音を吐くこと。
 
 すると、堂々がつくれます。
 
 迷いなく、堂々と行動するとうまくいきます。
 
 
 運が悪いとあきらめるのか、運も味方にするのか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 消費税増税まであと6日。

 

 テレビでは、増税前の買いだめが報道されています。

 

 なかには、インタビューで増税されない食料品を買っているという人も。

 

 なんとなく、今のうちに買っておかないと損するって思ってしまいますが。

 

 私は、なんとなく買う気にならないので、何も買っていません。

 

 結局、無駄にすることも多いですよね。

 

 食料品以外、あまり買うこともないので今のうちに・・・と思えないです。

 

 増税前に買う人が多いので、10月から消費する人が少なくなるのではないでしょうか?

 

 2%分といっても、数十円、数百円。

 

 高くても数千円というところでしょうか?

 

 増税前にお得に見せて、ぜんぜんお得でないものも多いと思います。

 

 少しセールされるだけでも、増税分の2%より下がるものも多いです。

 

 増税後、ポイント還元があるので、今より安く買えるものも多いです。

 

 6月までのポイント還元に向けて、新規会員を募集して、ポイント還元する企業も多くなるでしょう。

 

 

 

 最近、スーパーに行くと、生活用品が増税前ということで、入り口やレジ前に陳列されています。

 

 ネット通販でも、増税前のセールと言われています。

 

 通販の場合、申し込んだ日ではなく、出荷日が10月1日以降だと10%になるそうです。

 

 子どものランドセルを早めに予約している人も多いそうですが、受取日が10月1日以降だと10%。

 

 旅券や定期券、回数券等は、9月中に買えば8%。

 

 ものによって、違うので確認が必要ですね。

 

 ポイント還元で、今の8%より安くなる場合もあるので、あせって買う方が高かったり。

 

 

 経産省のHPを見ても、まだまだ準備中という感じで、準備が間に合わずに突入って感じもします。

 

 

 なんとなくではありますが、今は買い時ではない感じがするので、私は何も準備していません。

 

 不景気のどんよりしたで、すべてにおいて購買意欲がないですね。

 

 10月から、もっとが落ちていくのでしょうね。

 

 が落ちていくと、また災害も増えますね。

 

 

 

 

 

   なちゅらるばらんすHPへ

 

 

 

追記

 私は、増税分ぐらいのポイントがたまるようにしています。

 

 例えば、楽天やyahoo!などの通販サイトで購入する前に、ハピタスのサイトから通販サイトへ。

 

 同じようなサイトはいろいろありますが、1ポイント=1円でお得です。

 

 楽天などの通販サイトのポイントをもらえて、ハピタスのポイントも。

 

 二重でもらえるので、お得です。

 

 旅行を申し込むときは、1%分でも大きいです。

 

 電子書籍もよく購入しますが、コミックシーモアだと5%分だったり、還元率が高いところもあります。

 

 通販サイトの多さでもハピタスかな?と思います。

 

 たまったポイントは、いろんな電子マネーに交換できるので、ショッピングに使うことができます。

 

 ポイントもたまれば、けっこう大きいです。

 

 ポイントに有効期限がないので、無駄がないです。

 

 (12ヶ月間、ログインがないと、失効します)

 

 他のサイトだと、有効期限があってポイントがなくなっていくことも多いので。

 

 ハピタスはこちら>>

 

 

 消費税ポイント還元のためのカードの申し込みなど、数千円以上のポイントがもらえたりするので、ふつうに申し込むよりお得な場合もありますよ。

 

 ちょっとしたおこずかいになる場合も。

 

 

 

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス