南太平洋のトンガの近くで火山が大規模噴火して、日本にも津波が…⁉︎


噴火が直接の原因ではなく、噴火によって気圧の変化で津波が発生しているようです。


 予測が難しいようです。




 気象庁も想定外のことで、混乱しているそうです。


 気象予報は、統計によるものなので予測できないことも最近、多いですよね。


 どういうメカニズムなのかは、これからのようです。


 ちょうど大潮の時期なので、朝にかけて注意報が警報にかわるかもしれないそうです。


 気圧が上がったのに、潮位が上がった理由もわからないということです。






 深夜にいきなり津波警報となり、実際にあちこちに津波が到達しているようです。


 過去100年にないことは、予測が難しいですね。




 テレビでは、NHKだけでなく、各社津波情報をしています。


 フジテレビは、開始が遅かったですが、日本テレビだけ通常の番組をしていますね。





 最近、火山の噴火が多いですね。


 日本では、富士山や桜島など、大噴火するという情報も多いです。


 東日本大震災後、富士山が噴火しかけてヤバかったという情報もでてきています。


 そのときは出ない情報も、時間が経てばでてきますね。


 コロナばかりに気がいってると、いろんな災害が起こるかもしれませんね。










 昨日から大雪警報がでているけれど…⁉︎


 ほとんど降っていなくて、いいお天気です!


 線状降水帯のようなかんじなのでしょうか?


 雪だとよくわかりますね。


 少し北に行けば大雪のようです。


 滋賀県彦根市は、24時間の降雪量が観測史上最多の68㎝だそうです。


 鳥取から滋賀、三重から名古屋方面へ雪雲が動いていて、同じところで降り続いているようです。


 

 今回の大雪から、高速道路の計画閉鎖も行われているそうです。


 鉄道の計画運休も普通になってきました。


 高速道路の計画閉鎖も普通になっていくのかもしれませんね。


 滋賀県では、今回は北部に降る雪のようです。


 南雪のときもたまにあって、私の住んでいるところは中間ぐらいなので、どちらも微妙な感じです!


 野洲川、愛知川で天気が変わりやすいので川を超えるとびっくりなときがよくあります。


 スキー場には、恵の雪なのでしょうか?


 今年は雪が多そうな感じがしますが、スキー場のオープンは少ないそうです。


 滋賀県内のスキー場は、まだ2ヶ所だけです。


 まだまだ雪が続くようです。


 

 長浜市より北は、雪に対応していますが、彦根市、米原市で雪が多いと道路は動かなくなりますね。



 JRや近江鉄道も運転を見合わせます。


 JRは、昨夜の米原行の電車が、彦根市内の駅に止まったまま、動いていないようです。


 午前7時時点で足止めの7本の電車のうち、2本が彦根駅と河瀬駅に止まっているそうです。

 

 


 高速道路も通行止めになっています。

 






 彦根市は滋賀県の急所?


 滋賀県に大雪警報はでていますが、北部以外はまったく降っていない感じです。


 とくに、彦根市は平年の約36倍の積雪で、交通が麻痺しています。


 試運転の近江鉄道が、踏切で立ち往生して、さらに道路が動かなくなったり、まさか彦根でこんなことが起こるなんて…と、まるで人ごとと思って今まで立ち往生のニュースを見ていた人も多いのではないでしょうか?


 滋賀県には彦根発祥の平和堂があります。


 平和堂の配送センターは、多賀町にあって彦根と同じくトラックが出られずに、滋賀県内の平和堂に食料品が運べない状況になって、スーパーは品薄状態だそうです。


道路も国道8号線が福井県敦賀市から竜王町まで止まってしまって、高速も鉄道も止まって…


滋賀県の道路事情はあまりよくないので…バイパスもできてきていますが、災害には弱いですね。


ふだんの雪でも、彦根市内は立ち往生が多いのに…⁉︎





 ある健康食品の営業電話がかかってきました。


 マニュアル通りに話されているのだと思います。

 私の返答は普通じゃないので、ときどき止まってしまいます。

 健康食品に限らず、化粧品などの場合もそうです。

 この年齢なら、この悩みというマニュアルが通用しません。

 最後は、これでどうだ!って話されたのが、

「子どもさんやお孫さんのためにも、いつまでも元気に」って。



 年齢的にはそうかもしれませんが、子どもも孫もいない人にこれを言うと腹を立てたり、傷つく人もいるのではないでしょうか?



 営業電話は、自分のペースを崩さずにどれだけ話せるか?


 質問させたり、ペースを崩さずに契約させるかです。


 ベテランの方だったのかもしれませんが…


 面倒くさいので、何も言わずにことわりましたが。


 ふつうだと思ってることがふつうでない世の中です。


 こんなしょうもない電話で傷つく人もいて、その自己否定心が自殺や事件につながることもあります。


 イライラして話してなかったので、ベテランで成果もあげてる人だったのかもしれません。


 引くのも早かったので、いろいろとわかっている人なんだとは思いました。


 女性の場合、イライラして電話してくる人も多いので、たとえ電話でもそのイライラをもろに感じてしまうので迷惑な話なのですが…



 いい営業マンは、相手の話を聞いて、最後に一言だけ言って契約をとります。


 


 コロナ禍でいろいろ電話がかかってきますが、最近、効果のあることわり方を見つけたのですが


「めんどくさい」


って言うと、


そうですか〜と言って終了することが多いです。



 思いが残ったまま電話を切ると、体の痛みだけ残るので困るのですが、さっと自分から切り捨ててくれると何も残らないので、見捨てくれるのはどうすればいいか?試しています。










 大阪府でオミクロン株市中感染か⁉︎


というニュースに続いて


 京都府でオミクロン株市中感染か⁉︎


というニュースも。


 大阪府の場合は、寝屋川市の小学校教員の感染が確認されたということで、児童の検査もされているようです。


 冬休みに入るので、学校にとっては安心かもしれません。


 でも、塾にとっては冬休みがいちばん稼げるときです‼︎


 ますます、オンライン化しそうですね。



 大阪、京都で市中感染なら、通勤、通学圏内の滋賀県や奈良県も感染者がでるかもしれませんね。



 やっぱりこの時期にこういうニュースがきたか!って感じです。


 クリスマスを前に…という感じですね。


 クリスマス🎄忘年会、新年会、年末年始の休暇…経済が動くときに、オミクロン株の感染拡大⁉︎


 オミクロン株は、感染力は強いけれど、重症化や死亡者は少ないということです。


 先日来られた相談者の方が、「テレビでデルタ株は、ただの風邪って言ってた。どういうこと?」って話されてました。


 コロナウィルスはこわくないけど、また経済がストップするのがこわいですね。


 世界中が、オミクロン株の感染拡大でいろんなものがストップすると、日本の工場は稼働できなくなるかもしれませんね。


 年があければ、中国の春節やオリンピック‼︎


 また、自粛で動けない日々になるのでしょうか?



 コロナウィルスだけでなく、クリスマス寒波と年末年始も寒波がやってくるようです。


 先週末も寒波で、人の動きをとめますね。


 







 コロナ禍になって、変化したことがあるって話を聞きました。


 コロナ禍になる前は、近所のお葬式が多いと話されてました。


 香典5,000円が決まっていて、派手にならないように香典返しはペットボトルのお茶1本と決まっていると、飲まないからと1本5,000円のお茶をよくいただきました。



 コロナ禍になって、みんな病院に行かないからか?高齢者が死ななくなった⁉︎


 お葬式が家族葬になったからではなく、死なないと話されてました。


 みんな病院に行かなくなったし、薬も飲まなくなった…と。


 たしかに、統計でも2020年の死者が激減しています。

 海外でも、医師がストライキを起こすと病気で亡くなる人が激減したという話もあります。


 

 私が病院で訪問指導をしていたとき、待合室できいた会話は、


「最近、◯◯さん見ないね!体が悪いのかなあ?」


元気だから病院で診察を受ける⁉︎


おかしな会話だなぁと思いながら聞いてました。


高齢者が無償で診察を受けられた頃ですが。


いまは、コロナがコワイから病院に行かなくなったら健康になったということでしょうか?


 コロナ禍になって、閉院する病院も増えています。



 無駄に病院に行って、寿命を縮めていたということでしょうか?



 2021年は、心筋梗塞や心筋炎が激増だそうです。


 とくに、若い世代が多いようです。






 




 大阪市で、火災が発生しました。


 雑居ビルの火災で、4階にある心療内科で火災が起きました。



 火は30分ぐらいで消火できたそうですが、被害に遭われた方が多く、雑居ビルの火災のこわさがわかります。


 燃えた面積も全焼ではなく、いちぶが燃えたようです。





 入り口付近で、放火されたのでは?と報道されています。



 心療内科クリニックは、予約制で静かな雰囲気というイメージがあります。



 クリニックに通われている方の話では、いつも待合室はすごい人でごったがえしていたということです。


 人が30人以上いて、逃げ場がない場所での放火殺人。


 火をつけたと思われる男性が、犠牲者の中にいるのか、逃げたのかはわかっていないそうです。


 逃げたのなら大阪駅も近いので、次の犯行を犯さないか?というおそれもあるそうです。




 クリニックの院長の父は、コロナ禍で失業保険の申請のために診断書を求めての来院者が多くて困っているという話を聞いたと話しているそうです。


 出火時は、集会が行われていて、職場復帰を目指す若者が多く参加していたのでは?とも言われています。





 失業と心療内科とどう関係するの?


って思う人も多いかもしれません。





 私が、引きこもりの子どもたちの訪問指導をしていたとき、驚いたことがあります。



 とくに、母子家庭が多かったのですが、母親が働いてなくて、みんな大量の薬を服用していました。



 心療内科に通い、診断書をもらって障害者の認定をもらい、生活保護を受けていました。



 なんかよくわからないけど、どんどん薬が増えていってわけがわからないって話していました。



 薬を服用すればするほど、不安は大きくなります。


 私が訪問するようになって、薬が欲しくならないから飲まなくなったという話もよく聞きました。


 でも、引きこもりや不登校が解決してはダメだったんです!


 スクールカウンセラーから、心療内科に行くように説得するのがあなたの仕事だから余計なことをしなくていいと言われてました。


 それなのに、解決したので仕事をなくしました。


 現場の先生は喜んでくれましたが、トラブルを抱えた子が減ると予算がもらえなくなるからというので、仕事をもらえませんでした。


 おかしな世の中ではありますが、製薬会社が儲かる仕組みなんだなぁということがわかりました。


 数年前に、医師たちから聞いた話と合わせてみても納得するものでした。


 関わっていたお母さんたちも、また不安いっぱいになって薬を飲むんだろうな…と。





 でも、違法か、合法か?ってだけで、麻薬中毒者とかわらないです。



 一度手を出すと、やめるのは大変だと言われています。



 大人だけでなく、子どもたちも発達障がいと診断されれば、薬の服用で感情をコントロールされている子も多いです。


 高校生ぐらいになると、今までの薬が効かなくて、薬をかえて副作用に苦しむ子も多いです。


 そして、薬を飲み忘れると凶暴になってしまうことも…




 生活保護を受けるために、診断書をもらい、薬物中毒にされてしまうんですね。



 以前、精神科医がダメになるとわかっていても、大きな検査、手術のない精神科は、薬を処方しないと経営破綻してしまうしくみの中では、薬をたくさん処方するしかないと言っていました。




 コロナ禍で、心療内科の受診の予約がとりにくくなっているという話を聞いたことがあります。




 仕事で精神的な苦痛を伴って病んだと診断書を求める人も増えているのでしょう。



 どんな人が犯人かはわかりませんが、すぐに予約がとれずの逆恨みかどうかはわかりませんが…



 


 滋賀県では、オーバードーズの女子高生が亡くなる事件が起きました。



 手軽にもらえる抗不安薬を大量摂取したり、する人が増えているそうです。



 麻薬中毒者とかわらないですね。



 亡くなった女子高生は、万引きすることもあったようで、後日謝りに来て、薬でらりってたと話していたそうです。



 薬が手軽に手に入るようになり、薬物依存者も増えているのかもしれません。



 心療内科の予約がとりずらいのは、火災のあったクリニックだけではありません。



 全国的に起こっていることです。



 失業保険申請のために通う人も多いですが、子どもたちも心療内科へ通うように、国が全力で支援中です。



 もしも、コロナの感染拡大中なら、火災で被害に遭われた方を病院に搬送出来なかったので、感染が落ち着いているときだったのがよかったとも話されてました。



 事件の報道が増えればふえるほど、模倣犯が増えるかもしれません。
















 子どもの頃から心療内科に通う子たちが、成人しています。



 ある意味、日本人が人体実験されているような状況だとも言われています。



 どうなるのか、誰もわからない薬を服用し続けるとどうなるのか?



 20年近くなって、いろいろでてくるのではないでしょうか?


 

 薬の服用、農薬の使用量の多い日本人。



 どうなるのでしょう?







 








 最近、大きな事故のニュースが増えています。

 どうしてでしょうか?



 不景気も大きな理由の1つではないでしょうか?

 運転しながら、いろいろと悩んでいる人も多いと思います。

 注意が散漫としているのもあります。


 悩みが多いと、視野が狭くなって、見えてるようで見えてないことも多いです。


 信号を見落としたり、ボーとしたり…


 普通じゃないと思って、注意した方がいいですね。


 押しボタン式の信号で、青になったから横断歩道を渡った親子が車にひかれてなくなる事故も大きく報道されていました。

 信号無視する車も多いので、ふだんから注意して渡っているという人がインタビューに答えていました。


 信号待ちしてたら、車が突っ込んで来た!という事故も多いです。


 もしかしたら…⁉︎

 と思って行動するくらいでちょうどかもしれませんね。


 青信号だから安全ということはないです。


 先日、歩道を歩いていたら、車が交差点にやってきました。

 小さな道から大通りに出る車です。


 こっちを見ていたから止まるんだろうなって思ったのですが…

 運転していたのは、中年男性。

 でも「こいつ、行くな」って思いながら、少しスピードを落としながら、じーと見てたんですが、止まることなくそのまま大通りに行ってしまいました。


 こっちみてるから大丈夫って思ってたら、ひかれてしまいますね。

 見えてるって思っていても、見てないことはよくあることです。


 バスを待っていたら、目の前で交通事故。

 そのあと、バスに乗り、電車に乗り、勤務先まで歩いている途中、信号待ちをしていたら目の前でまた、事故。

 バス待ち、信号待ちのとき、道路から離れるようにしていますが、それでもドキッとする場面でした。

 注意散漫だったなと、反省したのを思い出します。


 
 その日は、たまたま13日の金曜日でした。

 3つ目は?

 って思ってたら、学校で大きな事件が起こってました。

 
 私とは関係ないところで起こってたので、月曜日に知ったのですが…

 

 不思議なもので、意識している人のところには災難はやってこないんですね。


 
 お店に車がつっこむ事故も多いですね。

 先日、滋賀県彦根市でもありました。

 高齢者によるものだと大きく報道されるのでしょいが、20代男性の誤操作だということで小さなニュースでした。

 若い方の事故も多いですが、大きく報道されるのは高齢者の事故ばかりです。


 そんな報道ばかり見ているまじめな高齢者ほど、不安に思って運転するから事故を起こしたりします。

 傲慢な高齢者の事故も多いですが。


 

 最近、多重事故が多いですね。

 少しの判断の遅れが後続車に影響して大きな事故につながることも。


 交通事故だけでなく、工事現場や工場での事故も多いですね。


 事件や事故のニュースばかりです。


 巻き込まれないためには、自分自身の頭をスッキリさせることです。











 今晩から大雪予報で警戒が呼びかけられています。


 雨から大雪になるようです。


 

 先日、アメリカでは竜巻が起こりましたが、日本でも寒波のあとは、寒気とフィリピン近くの台風からの暖気で、竜巻などが起こってもおかしくないそうです。 
 


 近年の雪は、ドカ雪か、降らないか?と極端です。


 北陸地方は、車の立ち往生が起こるかもしれないそうです。


 雪の線状降水帯ができるかもしれないそうです。


 

 今日は、まだ雪が降っていないけれど、朝から北陸道は多重事故で通行止めです。


 上下線ともに事故で通行止めになっています。


 雪の降らないうちに、移動したい人も多いのではないでしょうか?


 30台ぐらいの多重事故のようです。


 福井県は、高速道路が通行止めになると、国道8号線に集中します。


 付近の道路は、冬季閉鎖しているところもあります。


 国道8号線も、ずいぶんよくなり、岐阜県へのバイパスもできてきていますが、大雪になるとどこにも逃げられないかもしれませんね。



 近年のドカ雪での立ち往生で、チェーン装着しないと走れない道も増えてきています。



 福井県から愛知県にかけて、線状降水帯ができるかも?という予報もでています。


 毎回、微妙だなぁと思いながら、今回は降るかなぁ?


 近くで大雪が降ってるけど、近年、あまり雪☃️が降っていません。


 そろそろ始まるスキー場にとっては、恵の雪❄️ですが、来週は雨☔️予報です。


 去年も、今頃 大雪でした。


 前倒しでオープンしたスキー場もありましたが、例年通りにオープンしたスキー場は雪がありませんでしたね。


 滋賀県ではやいスキー場は、明日からオープンです。


 でも、大雪だとスキー場までの道がヤバそうです!


 

 北陸自動車道は通行止めになっているので、大雪になるから近づくな‼︎ってことかもしれません。


 

 運送業の方は、雪が降る前にって思っているところに…


   悪いイメージをしながら走っている人も多いかもしれないので、イメージ通りになってしまうのかもしれませんね。



 

 









 2021年12月3日、富士五湖震源の震度5弱の地震が起こりました!


 そして、それから3時間弱で、紀伊水道を震源に震度5弱の地震が…



 全く違う場所で、大きな地震が起こりました。


 

 そして、それから日本各地で地震が起こっています。



 紀伊水道の震度5弱の地震から約27時間後の12月4日からトカラ列島で80回以上の地震が…



 トカラの法則もあるので、どうなるのでしょうか?



 トカラの法則は、トカラ列島で地震が増えると、大きな地震が起こるというものです。



 また、紀伊水道を震源の地震は少ないそうです。


 それでも、最近、紀伊水道を震源とした地震は多いような気もします。


 震度5弱は、観測史上初だそうです。


 南海トラフ地震が起こるのでは?とも言われています。


 気象庁は、否定していますが、専門家の中には備えが必要という人もいます。





 そして、富士五湖を震源の大きな地震ということで、富士山が噴火するのでは?


 とも言われています。


 気象庁は、噴火はないと言っています。


 噴火の予兆があったとしても言えないかもしれませんが…



 ドラマ「日本沈没」の影響もあって、大きな地震が2度起きたことで、SNSでは「日本沈没」や「スロースリップ」が話題になっています。



 専門家も、紀伊水道を震源の大きな地震でスロースリップが起こったかも?という人もいます。



 備えが大事ですね。



 日本だけでなく、世界でも大きな地震や噴火が増えていますね。



 









 12月6日以降、伊豆大島近海を震源とする地震も増えてきました!




 地震以降、災害グッズや寝袋などが売れているそうです。












 むちうちの後遺症に悩む人は多いです。


 私も一度、信号待ちをしていたらトラックに追突されてむちうちになったことがあります。


 公務中の事故だから、病院に行くように言われて病院に行きました。


 夕方からやっている外科病院を探して、たまたま行った病院。


 そこで言われたことは、3日間、トイレと食事以外は寝るようにと言われました。


 それを守らずに動いたら、あの人みたいになるぞっていまれました。


 若い男性でしたが、むちうちの後遺症で通院中ということです。


 もともと近くの済◯会病院で治療していたけれど、治らないからこの病院に来たと話されてました。



 むちうちにいちばん悪いのは、頭の重さが首に負担をかけることだそうです。


 3日間安静にしたあとも、ちょっと恥ずかしいけれど首にコルセットをして生活しました。


 ここまでしないといけないのかな?


 と思いながら、首に負担をかけず、治療した結果、後遺症にもならずにすみました。



 同乗していた同僚は、他の病院で受診して、どんどん症状が悪化していきました。



 これが最初に言われたことか…と思いました。


 同僚にも教えたけど、やらなかったですね!



 たまたま行った病院ですが、外科も内科もやっていたので何度かお世話になりました。



 毒舌のおじいちゃん先生でしたが、むだな治療がなくてよかったです。



 泥酔して、足の指をぶつけて骨折しかけたり…


 自然治癒で治りました。


 風邪で熱が出たときも、薬で治すより栄養のあるものを食べるようにと教えてくれました。



 病院の儲けよりも、患者のために体に悪い薬はあまり処方しませんでした。


 病院で働いていたときなので、インフルエンザやいろんなウィルスの中で働くリスクを相談したら、ウィルスだらけの中だから体が強くなっていいんだと話してくれました。


 そんなこと言ったら、医者は病気になり続けると言われました。



 たしかに、その後、学校に勤めたときの方がインフルエンザにかかりました。


 病院に勤めた10年間は、一度もインフルエンザになりませんでした。



 癌治療でも、私が行っていた病院のDoctorは、無菌すぎると、患者が菌に弱くなるからアメリカ式で完全な無菌で隔離せず、メンタル優先の治療だと話していました。




 病院に依存している両親から離れて暮らすようになって出会った医師は、薬を処方しない医師ばかりでした。



 実家のかかりつけ医は、薬で儲けている大量の薬を処方する医師でした。


 母も私も皮膚が弱いので、皮膚科にも通っていましたが、母はステロイド治療をしてました。


 私が見つけた皮膚科は、ステロイドを処方することもできるけど、薬でない方法の方がいいと教えてくれました。


 母にも入浴剤を使って、改善する方法を提案し、入浴剤を変えただけで症状はなくなりましたが、父が違う入浴剤が好きだからとやめたら症状が戻り、結局はステロイド治療がいいと病院に通っています。







 除菌ばかりのコロナ禍、菌に弱い体になってしまうのでは?とも思います。



 






 交通事故で、学んだことはもう1つ。


 警察の対応です。


 事故後、パトカーではなくバイクに乗ってやってきた警察官。


 広告の裏みたいな紙にメモしてました。


 事故後の手続きに警察署にいくと、そんな事故ね記録はないと手続きしてくれませんでした。


 県教委に勤めていて、事故後の手続きを早くと室長に言われたので、警察でのやり取りを話すとこっちから処理ができないからと急かしてみると言われました。


 すると、すぐに携帯に「通知不可能」の着信が…


 「手続きするから、すぐに来てください」と言われました。


 警察官の態度もぜんぜん違いました!


 室長は、ちょっと怒っといたと言ってました。




 その後も、交番に被害届を出したとき、警察官は同じようにメモしてました。


 後日行くと、そんなの知らないと言われました。


 どうでもいい紙にメモしてる時って、処理しないのかな?と思ったりしました。


 そのときは、財布をすられたのですが、警察は何もしてくれなかったので、犯人にめぼしをつけて自分で取り返しました😅




 同じ頃、職場の同僚は、教員採用試験に遅れそうだから交番に行って試験会場の大学までパトカー🚓で送ってもらったと話していました!



 タクシーかわりに、パトカー使えるって…⁉︎


   年輩の先生が、「お前らちゃんとお礼に行けよ」って言ったら、「いいの、使えるものは使えば」って言ってました😥






 

 最近の警察はどうなのかわかりませんが…