髪のダメージは表面から、ダメージのケアは毛髪内部から
良い言葉です。
今日はその意味をご説明します。

毛髪の損傷は、外部環境からの刺激や施術などによる物理的・科学的刺激によって毛髪の外部から内部へと及びます。逆に、ダメージを受けた毛髪のケア、補修は毛髪内部を整えることから始めます。毛髪内部を整えない限りいくら表面を整えてもその効果は薄いもになります。

 

 

ブログ画像
ダメージの進行は 外部からの刺激を受ける→ 髪の表面(キューティクル)が剥がれる→ 中の栄養分がダメージを受ける→ 栄養分が外に流れる→ 毛髪内部が空っぽの状態になる
という感じです。

ダメージのケアはこの逆です。中からトリートメントをして最後に表面なのです。これは自宅では難しいのでちゃんとケアをされたい方はサロンにいらしてください。
その髪質に合ったトリートメントをご提案致します。