両親の深刻な話し合いに高1長男が助け船 | 未来には、もっとすてきなことが待っている

未来には、もっとすてきなことが待っている

夏子の不調と仲良く生きるためのノート
 

 

 

こんにちは。

 

寒くなってきて、ちょっとメンタルが下降線をたどっています。

 

じつは最近、他ブログのほうでの自己紹介をリニューアルしようと思って、

 

こんなの作ったんです。ダウン

 

 

 

 

「人生グラフ」といって、年齢ごとに自分の人生を採点して、折れ線グラフにしたものです。

 

右矢印詳しい記事はこちらメモ人生グラフをつくって人生を振り返った

 

就職のための自己分析のときに作った方もおられるかもしれませんね。

 

グラフの谷底に当たる、10~15歳くらいの出来事を思い出してしまって、正直えぐられました。

 

メンタル不調の時に、イジメの記憶とか、振り返るのやめときましょう。

 

大変危険です。

 

ちょっと考えればわかることですよねあせる

 

 

それもあって、わたしは涙が止まらなくなってしまい、夫に相談。

 

わたしのうつ病の相談、夫は嫌だろうなあと思います。

 

「こっちまで辛くなる」と言われたことがあります。

 

それはそうですよね、こんな感情のたれ流し状態の人と接するの、仕事ならともかくも嫌だろうなあと思います。

 

 

 

 

でも、カウンセリングや病院以外で相談に乗ってくれる人がいないので、もうそこしかないんですよね。

 

なるべくほかに目を向けて、家族に迷惑かけないようにと思っているんですが、もう我慢もパンパンになってしまいまして・・・。

 

昨夜はYouTubeに集中?して気分転換しようと、むかし好きだった懐かしい曲のミュージック・ビデオを見たり、

 

歌うま中学生や高校生の動画見たりしてたんですが。

 

感動してしまって、悪影響だったんですかね。

 

 

ともかくも、居間で、今の状態の説明や今後のこととか相談というより話を聞いてもらっていました。

 

アドバイスは追い詰められるので止めてほしいと注文まで付けてショボーン

 

わたしが涙ながらに話しているときに、日曜日なので遅く起きてきたおにいちゃんがいつものようにのんびりとした感じで居間にやってきました。

 

スマホをいじっていたのですが、両親の空気がおかしいのはもちろん分かっていたでしょうね。

 

わたしは、夫に分かってほしくて必死ですし、たぶん夫はほぼほぼ分かっていません。

 

お互いに理解しようとはしているのですが、立場がちがうこともあって、どこかかみ合ってないのです。

 

すこし不穏な雰囲気。

 

 

 

 

 

おにいちゃんには、「調子が悪くてここ最近死んでる」と、わかったようなわからないような説明をしてあったので、病気のなやみだろうなあと察しはついたのでしょうね。

 

超無口なおにいちゃんが急に会話に入ってきて

 

「お母さん、ペットでも飼ってみたら、犬とか、猫とか、ハムスター🐹とか」

 

と提案。

 

 

突飛な提案だったのではてなマークはてなマークはてなマークでした。

 

気分転換にはペットがいいとのことです。それに、犬を飼えば、散歩にもいくので健康にいいとのこと。

 

会話の流れが180度変わり、

 

「うちはメダカぐらしか飼えへんわうお座という方向に。

 

犬猫は近所迷惑の問題もあるし、ハムスターは電気コードをかじるし・・。

 

それに、おにいちゃん猫アレルギーなんじゃ。

 

 

ついでにおにいちゃん自分の文芸部の活動のことまでめずらしく話し出して、めったに話してくれないのでここぞとばかりに質問していたら、気分がかわってました。ビーグルしっぽビーグルからだビーグルあたま

 

 

わたしの15歳のときとはちがう。

 

あたりまえです。

 

でも、自分のこどもが自分と全く違う人生を自分の足で歩み、充実した15歳を送っていると思うと、ただただ感謝です。

 

わたしの15歳はちょっと酷かったんですけれど、それを乗り越えて2人の子供と会えたんですから、よくがんばったんですよね、きっと虹

 

 

夫婦の話の腰をおってくれて、助かりました。

 

ハッキリ言って、無益なんですよね。先のことをああだこうだ言っても、未来がどうなるかなんてだれにもわからない

 

でも不安になってしまうのです。

 

 

 

 

 

そういえば、昨夜聞いた曲「手紙」も15歳だったな。

 

あのころのわたしに手紙を送るなら。

 

なんでしょうねえ。

 

「そんなに絶望しなくても大丈夫、とにかく生きてればそれだけでいい、もうちょっと楽しめ」

 

かな。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 

https://somme-somme.com/2019/11/14/gurafu/