一度でも鑑定を受けた方やこれから鑑定で質問や依頼がある方は、以下
まで、よろしくお願い致します。



京アニ放火犯の青葉真司の出生時刻を推測修正した。
出生時刻はおそらく21時34分〜21時42分と思われる。
その理由を書く。



中国占星術四柱推命での分析

先ず、八字の観点から分析する。

時 日 月 年
     戊 丁 戊
     寅 巳 午

上記八字から、大まかに選択肢は以下の二つに絞られる。

内格の身旺
喜神 木・金・水
調候 癸
忌神 火・土
月支は忌神

外格の従旺格
喜神 火・土・金
忌神 木・水
月支は喜神

厳密に言えば化火格もあるが、従旺格と喜忌は大して変わらないので、同じ区分で見ている。

青葉の過去の経歴を見ると、

2009年 己丑
郵便局で勤務開始
 
2012年 壬辰
コンビニ強盗で逮捕

2019年 己亥
京アニ放火で逮捕

逮捕された二回とも水が強い年だった。

また、逮捕された時の大運は、
庚申 2005〜2015年
辛酉 2015〜2025年
で金の強い大運であり、月支とは巳申合水、巳酉合金であり、金水が喜神とは考えられない。
巳は火と土から成るから、月支のそれが弱くなると運が良くなる内格は有り得ない。
だから、青葉真司は四柱推命の観点からは外格の従旺格か化火格であるのは間違いない。
出生時刻特定の手掛かりである。



インド占星術からの観点

インド占星術から見ると、D1で金星が定座で、ラーフが乙女座にある。
だから、暴力を示す6Lの金星で狂信のラーフが思想の5Hにあり、5Lの水星が12Hにある牡牛座ラグナかとも思った。
しかし、それでは四柱推命の観点で寅刻や卯刻になり、甲寅や乙卯の時柱は内格で考えられない。

すると、射手座ラグナの線が急浮上する。
射手座ラグナだと、仕事・公共サービスの6Hに公共機関や公共施設等を示す太陽が来る。
金星と太陽は9-11の富を示すダナヨーガを形成している。
だから、彼の収入は公共機関・公共施設絡みのものばかりで、埼玉県職員や郵便局員の仕事での収入、生活保護での収入はこれらが示していたわけである。
これらは射手座ラグナでないとスムーズに説明がつかない。
また、思想を示す5Lの火星が8Hで減衰し、思想上
の問題を起こすと考えられる。

マハダシャー火星期
青葉真司は、2012年6月20日0時20分にコンビニ強盗をして逮捕されている。
ダシャーは火星ーラーフー金星期だが、ラーフは逮捕の12H、金星は強盗の6Hをトランジットしていた。
火星はラグナから12Lで8H、月から12H、おまけに減衰している。
また、出所しても施設に入っていたのが、このマハダシャー火星期だった。
火星はラグナ・月から見てヨーガカラカではあるが、減衰している。

ラーフ期
青葉真司は、ラーフ期に逮捕されている。
すなわち、コンビニ強盗事件の火星ーラーフ期と今回のラーフーラーフ期である。
ラーフは10Hに在住し、10Hの凶星は悪名を轟かせる配置である。
ラーフからみて、1Lの水星は8Hにある。
ただ、D1のみでは何故ラーフ期にこのような事件を起こしたか不明である。
そこで、D9を見ると、おそらく蟹座ラグナだと思われる。
何故なら、蟹座ラグナだと、減衰する土星とラーフが10Hにきて、そこに火星がアスペクトし、より悪名を轟かせる配置になるからである。

また、D9を蟹座ラグナとすると仕事を示すD10が納得いく。
D10は魚座ラグナとなるが、8H天秤座に惑星集中し、仕事の挫折や転職回数が増えることを示すからだ。
6Hに土星とラーフがあることもそれを示す。
郵便局に勤務し始めた2009年は月一金星期だが、D10では月から見て金星はラージャヨガカラカでパンチャマハープルシャ・マラヴィアヨガを形成している。
火星は8Hに在住しているが、マハダシャー火星期は逮捕等で仕事面では挫折している。
事件時はラーフ期だが、ラーフは暴力の6Hに土星と共に在住している。

事件時はラーフーラーフー水星期だが、ラーフはラグナから見て世紀の犯罪者としてのデヴューを示す7H、月から見て悪名を轟かす11Hをトランジットしていた。
水星はラグナから見て犯罪や拘束の8H、月から見て逮捕の12Hをトランジットしていた。
ADのラーフからみて、PADの水星は犯罪・行き詰まり・挫折の8Hに在住している。



マーズリターン
トランジットの火星が出生図に期間したマーズリターンの時に事件が起きた。
山口真帆の事件では、山口の出生図の木星にトランジットの木星がリターンしたジュピターリターンの時に起きた事件だったが、リターンは大きな出来事を示すこともある。
青葉真司の火星
蟹座21度37分
事件時の火星
蟹座16度50分
だが、5度以内にあった。
暴力や放火や事件を示す火星のリターンなので、このような大惨事につながったのである。
また、火星はD1では減衰しているが、D9では高揚している。
D9で10Lで7Hで同じ凶星の土星と星座交換して高揚している火星だからこそ、このような事件につながったと思われる。



亥刻と判明

インド占星術で射手座ラグナと判明したので、四柱推命では亥刻と決定した。

時 日 月 年
癸 戊 丁 戊
亥 寅 巳 午

巳には蔵干に戊が含まれるので日干はかなり強くなる。
また、癸は戊と干合し、火に化す。
従旺格の上記命式の破神は亥と寅となる。
ちなみに今年に何故事件を起こしたかと言うと、喜神の月支巳に冲するのは亥であり、今年は亥年で特に厳しいからである。



また、紫微斗数で見れば、生年四化が住居を示す田宅宮と仕事を示す官禄宮になく、それとは対象的に外出を示す遷移宮にはある。

彼が住居や仕事を転々としていて安定してなかった経歴に合致する。
官禄宮には凶星の地劫しかなく、生年化忌が、対宮から冲している。
仕事運が厳しいことを示している。



それと前回の記事に悪質な書き込みがありましたが、あのような書き込みがあった場合、今後はアクセス禁止処分に致します。

亡くなられた京都アニメーションの従業員の方々に哀悼の意を表します。