謹賀新年!島田商業高校でのプレゼン能力アップ講座 | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!

さていよいよ2020年!

東京五輪で賑わうニッポン!

トコナツが関わる様々なプロジェクトも続々とスタートする。

今年も楽しくいこう!

 

先週、島田市緑茶化計画を推進する島田市の縁で

島田商業高校商業科の3年生約45人を対象に

「プレゼンテーション能力アップ講座」を行った。

 

スタートで、ああだこうだとスクリーンで説明してみたけれどやっぱり全然響かない。苦笑

シティプロモーション「島田市緑茶化計画」プロデューサーと紹介されたところで、彼らには全く魅力的ではない。

早々に説明を切り上げ実践に移る。

プレゼンの技術はあるけれど、大事なことはプレゼンするコンテンツをどう作るかだ。

素材を出し、宿題としてお願いした「引き出し」と掛け合わせ、突拍子もないコンテンツのアイデアを生み出す。

この段階になるとやっぱり盛り上がる。

僕も彼らと同様に考え、その場でアイデアを生み出す。

目の前で、即興で、突飛なアイデアを生めば、彼らの見る目も変わる。

そうなると理論はより入りやすくなる。

久々に瞬発脳を使い大いに疲れたけれど、それは僕自身の脳の筋トレにもなる。

脳みその柔らかい彼らは、

ヒントを与えるとどんどんと発想を飛躍させることができる。

 

高校生たちと僕らプロと何が違うかと言えば、

その「引き出し」の独特さと新鮮さにある。

お金をかけて(食事したり旅行をしたりして)情報を入れられない分、

彼らはスマホや様々なメディア、口コミ、日々の学校生活の中から最新の情報を仕入れ、加工して新しい情報を作る。

 

110分という限られた時間だったけれど僕自身とても楽しい時間になった。

僕が彼らから多くの刺激をもらったように、

もうすぐで卒業していく彼らが何かを感じてくれたら嬉しい。

 

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/

★トコナツ歩兵団公式FB https://www.facebook.com/tokonatsh/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中


夏空ブランコ/著・渡部祐