緑茶と農産物のフードパーク「KADODE OOIGAWA」、いよいよ工事着工! | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!

2019年10月、起工式を経ていよいよ緑茶と農産物のフードパーク「KADODE OOIGAWA」が2020年秋の開業に向けて工事に入った。

 

4年前、島田市、JA大井川、大井川鐵道、NEXCO中日本の4社MTGの調整にトコナツが加わり、島田金谷IC周辺・賑わい交流拠点事業の基本構想を開始。

皆の想いをかき集めて創造した構想段階において、KADODE OOIGAWAへと続く島田金谷IC周辺・賑わい交流拠点事業は、あくまでケーススタディでしかなかった。

その後数百回繰り返され今も日々重ねられているMTGと検証を経て、このプロジェクトは実現可能なものへと変化していき、現在へと至る。

 

様々なプロジェクトを進めているし見聞きしている中で改めて感じるのは、このプロジェクトの特異性である。

まずもって島田市、JA大井川、大井川鐵道、NEXCO中日本という4社連携であることだ。

行政主導や1社による挑戦ではない。それぞれがそれぞれの得意点を武器に、できる範囲でプロジェクトに参加している。

牽引役も当初のNEXCO中日本から島田市へ、やがて運営主体であるJA大井川へと移り変わり、運営会社設立の段階で大井川鐵道も出資してくれた。この4社が語る想い「地域の農業と観光」が始まりから今に至るまでの基軸である。

そして交通の結節点でもある。

国道473号線、新東名の島田金谷IC、大井川鐵道が交差している。大井川を遡れば川根や寸又峡、南アルプスという観光資源に辿り着き、近くには国道1号線、東名、東海道線、富士山静岡空港がある。加えて大井川鐵道は検討に検討を重ねてくれて新駅を設置することにもなった。(当面SLは停まらない)

 

OPENまで1年を切り、ハードは大詰めの段階、ソフトの企画開発も日々進んでいる。

この1年でどこまで追い込むことができるか、僕ら自身も楽しみにしている今日この頃である。

 

 

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/

★トコナツ歩兵団公式FB https://www.facebook.com/tokonatsh/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中


夏空ブランコ/著・渡部祐介