島田市・大井川農業協同組合・大井川鐵道(株)・中日本高速道路(株)による包括連携協定が締結! | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

先月のこととなるが、2018年6月29日に新東高速道路島田金谷インターチェンジ周辺の整備計画「賑わい交流拠点」について、島田市・大井川農業協同組合・大井川鐵道(株)・中日本高速道路(株)の4者による包括連携協定が締結された。

 

 

トコナツが初めて4者協議に参加したのは今から約3年前の2015年の夏のこと。

僕らが参加する以前から話し合いは行われいたようだが、それぞれがそれぞれの立場を主張するため、議論は平行線を辿っており、まとまることは非常に難しい状況であった。

 

僕らが提案したのは4者による「この地域における未来」を描いてみるということ。

自らの会社の未来だけでなく「他者との共存による未来」を描いてみるということ。

自らの会社の未来だけでなく「地域との共存による未来」を描いてみるということ。

 

それらをデザインワークショップのような形式で進めて夢を語ってもらい、夢の重なりを確認し合ってきた。

結果、仲違いしていた4者は翌年に基本構想を発表した。

 

僕らの役割はそこで終わるだろうと思っていたが、4者の支持も頂いて基本計画を策定し、実施計画・基本設計を経て4者包括協定締結へと至っている。

4者包括協定なんて何を今更と言われるかもしれないが、基本構想以降も紆余曲折があった。

具体的な目標を見つけていない包括連携協定ならば簡単であったかもしれない。

ただ「賑わい交流拠点」は多くの方の夢を含んで実現へと動いている具体的な計画である。

尚更、4者ともに包括連携協定が結びづらかったと言えるのかもしれない。

そして締結に至る。

 

まだまだ実現するにはいくつもの壁を越えなければいけない。

一つ一つ課題を乗り越えながら、多くの人の夢を含んだ「賑わい交流拠点」が実現し、成功し、この地域に明るい未来を灯せる

ようになっていければいいと思う。

 

少しだけ感慨に浸った1日であった。

 

 

 

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/

★トコナツ歩兵団公式FB https://www.facebook.com/tokonatsh/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中


夏空ブランコ/著・渡部祐介

団長/プロデューサー/プランナー/小説家 渡部祐介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス