パシフィックコンサルタンツの仕事をPOPに簡潔に伝える「リクルート用リーフレット」完成! | 団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

団長ブログ「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」

元アトラクションプランナーにして、観光プロデューサー。そして現在は企画プロデュース集団「トコナツ歩兵団」を率いて様々なプロジェクトを仕掛ける団長/プロデューサー/プランナー/小説家・渡部祐介が、「ニッポンを、セカイを、オモシロく!」する!


テーマ:

春一番が吹き荒れた関東地方。

年度末のため、次々とプロジェクトが解禁中。

 

そんな中、規模は大きくないけれど、昨年から進めてきた

建設コンサルタント大手・パシフィックコンサルタンツ株式会社(通称パシコン)との仕事が完成!

 

2018年リクルート用リーフレット(かつ普通の会社紹介にも使えるリーフレット!)

 

パシコンは一般には認知度は高くないものの、東名高速、羽田空港、中部国際空港、

アクアラインなどなど数多くのインフラを手がけている。

 

一昨年の「印旗沼ヒーローカード付き ちばエコニンジン」プロジェクト

http://tokonatsu.net/works/1148/

以来2度目となる今回は、

パシコンの仕事をもっと分かりやすくPOPに伝えてほしいという依頼。

リーフレットは、何より手に取ってもらわなきゃ、関心を持ってもらわなきゃ、全く意味をなさない。

 

まず僕のパシコンの印象は品格がありながら、自由闊達で挑戦をする社風。そして誰しも熱量が極めて高いということ!

 

これまで制作してきたリーフレットはいずれも全体像を伝えるものが多かったので、

より具体的なプロジェクトを通じて、より具体的に、パシコンを外部の人に知ってほしいと思った。

 

パシコンよりオススメされたプロジェクトは建設中の天龍峡大橋(長野県飯田市)。

これを設計した常務取締役 徳川 和彦さんへのインタビューを通じて、

インフラを設計することの壮大さときめ細かさ、面白さと苦労を、簡潔に伝えることを中身では試みている。

 

それにしても感じたのが徳川さんの橋梁設計への、

天龍峡大橋への、関わったスタッフたちへの愛である。

 

 

その昔、僕が大好きだった永瀬正敏さんを起用したテレビCMサントリーカクテルバーの名コピー「愛だろ、愛っ。」を思い出してしまうほどの愛。

 

僕らが手がけるプロジェクトはいっても数十億のレベル。

国が絡んだ土木設計となると桁が2つとか、3つとか違ってくる。

苦労は計り知れない。

でも徳川さんの話からは苦労よりも、挑戦とか楽しさという感情が伝わってくる。

 

そしてやっぱりプロジェクトには「ココ」っていうポイントが必ずあって、

そのポイントについての話でインタビューは大いに盛り上がった。

リーフレットにはもちろん全文掲載できず、その点は残念である。

 

 

社内では将軍と影で言われているとか、面白いエピソードも取り上げさせてもらった。

 

 

終わってみて改めて、これをシリーズ化できるととても面白いものができる気がしてならない。

 

そしていつかトコナツも、国のインフラをPOPに設計してみたいと思う今日この頃である。

 

 

人気ブログランキングへ

★トコナツ歩兵団公式HP http://www.tokonatsu.net/


★団長インタビュー
(前半)http://www.oricon.co.jp/news/2043715/full/
(後半)http://www.oricon.co.jp/news/2043924/full/

 

★少女と少年のひと夏のキセキの物語

トコナツ歩兵団団長・渡部祐介

初小説「夏空ブランコ」amazonにて発売中
夏空ブランコ/著・渡部祐介

団長/プロデューサー/プランナー/小説家 渡部祐介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス