無脳児と診断されるまで。

テーマ:
まさか自分がと思っていました。

今入院中のベッドです。
中期中絶の前処置を2回終えました。正直、痛いです。処置中が痛いと勘違いしてましたが、処置中も、その後も普通に痛い。

中期中絶の痛みを知る方法も少なく、誰かの為になればと思いブログを書き始めようと思います。




私には1歳過ぎの娘がおり、少し早いかなと思いながらも授かった命。2歳差というのに憧れもあり、かなり嬉しかったです。

安定期もすぎ、1人目よりも確実に早く大きくなっていたお腹。
仕事の制服も早々にサイズアウトし、そろそろマタニティのものを用意しないとなと思っていました。妊婦だった季節のタイミングも違う為、前回のマタニティ服が使えず、今回少しずつ揃えながら、新生児のお世話を楽しみにしてました。


仕事をしている私。(いわゆるワーキングママ)検診はその週の土曜日だったのですが、なんとなく疲れもあり、仕事も落ち着いたタイミングだったので、平日に有給を取り、検診へ行きました。

楽しみだったエコー。
そろそろ性別は分かるかな?男の子でも女の子でも楽しみだなと診察前の看護師さんに話してました。
エコーで、前の子の時にはあまり見たことのない角度で映し出されましたが、あまり気にもしてませんでした。

正直、なんか鶏ガラみたい…と思ってました。
先生が、週数の確認を2度してきました。
でも、たくさんの診察をしている方だから忘れたのかな?位に思ってました。

エコーが終わり、性別は分かりませんでしたねーと言われながら。

『あんまり気にしないで欲しいんだけど、少し頭が小さい事が気になります。』と。

エコーなのでよくある事だし、経過を1週間後にみたいと言われましたパー…この時はまだ、また仕事を来週休まないといけないのか。ま、正直に話して、お休みをもらうことにしました。

姉にすぐ、こんな事があったんだけどー!と連絡をしたところ、1週間後って遅くない?もう少し早めに知りたくない?と言われ、気にしつつも翌日仕事をしていました。

周りの出産経験者にも色々聞きましたが、そんな事無かったよーと言われて、だんだん気になってしまい、少し調子が悪くなってしまったので、翌日に違う病院を受診を決めました。

検診から2日後。
家から最寄りの産婦人科。人気があるのですが、自然派を推しているイメージがあり、敬遠していましたが、新しい所なので、エコーなどもとてもきれいなものでした。


なんだか、物静かな先生だなと思いながら、こういう方なんだな。と思いながら、大した話もせず、エコーをしていただきました。

一言。
『奇形があります。頭に』と。

まだ、私、全く理解していません。
内診で詳しくみます。との事なので、ドキドキしながら、内診。

無言…
『詳しくは診察室でお話しします。』と。

そこから先。
診断書を書いてもらいながら、絵で無脳症、無頭蓋症の疑いと言われて、涙があふれてあふれて。

なんで泣いているのか分からなかったのですが、翌日すぐに大学病院で検査をして欲しいとの事で、予約の段取りなどをしていただきました。

その間の待ち時間。
旦那にLINEで連絡。
仕事中で、レスポンスは少なかったですが、体調を気遣ってもらい、翌日の病院は付いてきてくれるとの事で、ありがたかったです。

大学病院でも診察は変わらず、元に通っていた病院に診断書を持って、受診。

17週に入っていた為、翌週月曜日から入院し、中絶手術を行いますとの事でした。

当日、3年目の結婚記念日でした。

ここまでで。1週間。
週末は、何事も無く、普通の妊婦として生活しました。お酒が大好きな私。3周年で予約していたディナーに家族3人で行きました。
もう関係無いんだし、飲んでもいいんじゃ無い?と旦那からも言われましたが、まだお腹に赤ちゃんがいる事もあり、あと数日の命。少しでも楽に過ごさせてあげたいと思い、飲みませんでした。

そして本日朝一番から入院し、朝1と昼の処置を終えました。
正直痛いです。
まだ胎動も感じます。

宣告されてから、インターネットや周りから仕方がない、この選択は間違いでは無いと話を受けました。

ある程度、気持ちに整理が付いて来て、本日は泣かずに過ごせています。
きっと明日、出産を終えた後、また心境が変わっているかもしれません。

ただ前向きに前向きに。
強い母にパワーアップしなければいけないので、頑張ります。